「PS90HC」カテゴリーアーカイブ

PS90HCにショートスコープ(SURE HIT 1624IR HIDE7 CQB)を載せてみた

サバゲで一番便利だと思うのはPS90HCだったりします。

軽い、弾道が次世代並みにいい、スプリング強化してるけどリポ使用でサイクルはハイサイクルのまま。
マガジン以外は完璧とも思えます。
(見た目は個人の好みがあると思うので除いてます)

そんなP90ですが、ずっとドットサイト運用をしておりました。
が、ノーベルアームズ SURE HIT 1624IR HIDE7 CQBを購入したことで、P90にショートスコープを載せてみることに。

ノーベルアームズ SURE HIT 1624IR HIDE7 CQB

マウントは同じノーベルアームズのローマウントを使用。
P90はレイル自体が少し高い位置にあるので、ローマウントで十分な高さになります。

ノーベルアームズ マウントリング ダブルナットマウント ロー

普通に取り付けてみました。
スコープの重さが530gあるので、若干重量増となりました・・・
(それでもM4なんかよりは全然軽いです)

P90 + SURE HIT 1624IR HIDE7 CQB

しかし、右側のレイルに付けているフリーダムアートのスペアマグホルダーに干渉し、スペアマガジンが取り出せません。
スコープをもう少し後ろにずらせば抜くことは出来ますが、少々気を使いますしアイレリーフの問題もあります。

P90 + SURE HIT 1624IR HIDE7 CQB

そこで手元にあったフラッシュライト用のレイル付きマウントを使って、レイルを少し右に持って行ってみました。

P90 + SURE HIT 1624IR HIDE7 CQB

干渉はしなくなりましたが、隙間が広すぎてかっこ悪いし、右側の視界も犠牲になってしまいます。
左側の視界が遮られるのが嫌なので、右側にこだわってましたが、これなら左に移動した方がいいかも・・・

P90 + SURE HIT 1624IR HIDE7 CQB

ということで、スコープのマウントから付け直して、左側にスペアマグホルダーを移動させました。
(スコープのローマウントのネジ部分が干渉するので、ローマウントも反対向きにする必要があります)

P90 + SURE HIT 1624IR HIDE7 CQB

左に移動させたことで干渉もなくなり、普通にスペアマガジンを取り出すことが出来ます。
心配だった視界の遮りも思ったほどではなく、この配置で問題ないですね。

P90 + SURE HIT 1624IR HIDE7 CQB

ということでP90のショートスコープバージョンの完成です。

SURE HIT 1624IR HIDE7 CQBは完全等倍の優れたショートスコープでお勧めの一品です。

P90シリーズ用 スペアマグホルダーe 取り付け

PS90HC(P90シリーズ全般)は、サバゲツールとしては非常に優秀ですが
唯一と言える問題はマガジンにあります。

ノーマルのマガジンを使えば問題なしですが、弾数の関係で
予備マガジンを携帯する必要があります。
が、マガジンの形状が特殊なので、使用できるマガジンポーチが限定されます。

私はP90用のマガジンポーチをプレキャリに取り付けていますが
PS90HCが活躍するのは、体が疲れた中盤以降のゲーム。
なのでプレキャリを脱いでゲームがしたいのです!(笑)
(LBT-6094にしてから更に重量アップで超重たいです)

そうなると多弾マグを使うしかないのですが、多弾マグがこれまた鬼門です。
マルイ純正のバイオ弾0.25gを使用しても、時々弾詰まりを起こします。
ここぞと言う時に弾詰まりが起きる絶望感ときたら・・・

ということで、私はスプリング式の170連マグを使用することにしています。
バリバリ打ちまくらなきゃ、ハイサイといえど短いゲーム時間で
170発撃ち切る事はあまりないですが、やはり残弾を気にしながら撃っています。
あと1つ170連マグを予備マグとして持つことが出来れば、こんなに安心なことはありません。

そこでマグポーチを使わずに、予備マガジンを装備出来るアイテムを購入!

フリーダム・アート P90シリーズ用 スペアマグホルダーe
P90シリーズ用 スペアマグホルダーe 取り付け1

取り付け方法も同封されているので、特に取り付けに困ることはないと思います。
但し、P90以外(PS90HCやP90TR)は少し注意点があります。
(これも説明に記載されています)

レイルへの取り付け部分が2箇所あるのですが、P90以外はレイルが短いため
片側の取り付け部分しか利用できません。
P90のように2箇所で取り付けた状態だと、ホルダーのバンドがレイルとホルダーの間を通るため
バンド部分が脱落することはほぼないと思いますが、P90以外の機種の場合
片側しか取り付けておらず、バンド部分の後ろ側にレイルはありません。
ですので、予備マガジンを抜き取るためにバンドを外すと、バンドがポロリと落ちてしまいます。

上記のような理由から、取り付け説明にもP90以外は両面テープでバンドを固定してください
と書いてあります。

P90シリーズ用 スペアマグホルダーe 取り付け2

で、実際にサバゲで使用した感想ですが、全く問題ありませんでした!
バンドの両面テープを最後まで綺麗に止めると、グローブでは少し外し難くなるので
上の写真のように、側面だけしっかり止めて、残りはベロンと下に垂らしておくとやり易いです。
側面がしっかり止められていれば、固定能力は十分にあります。
(思いっきり開幕スタートダッシュしても全くずれませんでした)

PS90HCをFET仕様からFET+SBD仕様に変更

既にFET仕様となっているPS90HCですが、FETの破損防止に
ショットキーバリアダイオード(SBD)を追加します。

SBDは次世代SOPMODのスイッチ接点保護でSOPMODに入れたのと同じ
日本インター製ショットキーバリアダイオード 31DQ10(100V 3A)
お値段は1個150円(チップ式の安いSBDだと1個20円とかで売られてます)

接続方法も全く同じでモーターのプラスとマイナスに繋ぐだけ。
(極性を間違えるとSBDが故障するので注意)

SBD追加1

SBD追加2

P90系のメカボ周りには隙間が沢山あって、ヒューズ+FET+SBDまで入れても
余裕で収まるのは非常に楽ですね。

SBD追加3

ちなみに既にFETでスイッチ接点の保護は行われているので
SBDを追加してもスイッチ接点保護の観点からは何も変わりません。
SBD追加は、あくまでもFETの保護です。

P90(PS90HC)のマガジン

P90にはノーマル68連マガジンが、PS90HCには300連多弾マガジンがそれぞれ付属しています。

以前から300連マガジンの給弾不良があったのは知っていましたが
PS90発売時に改良型として販売されたので、ある程度良くなっているのかと思っていました。

が、実際にゲームで使用してみると、あまりにも酷い弾詰まりが発生!
弾の種類によっても変わるみたいですが、マルイ含め数種類を試したものの
程度の差はあれ、弾詰まりを起こすことに変わりはありません。
(フルオートで弾切れまで撃ち続けるという撃ち方はしてません)

そこで以下のサイトを参考にP90の300連マグを改造して見ました。
http://tomoshiyo.com/airgun/airgun013.htm

KitBoyから出ている改造マグとノーマルとの違いなど、非常に詳しく書かれていて参考になります。

実際に何度も調整しながら改造してみましたが、一定のとこまでは良くなったものの
完全な弾詰まり解消にまでは及ばず、最終的にはある程度のところで諦めました。

(構造上、完全な弾詰まり解消は無理なんじゃないかという気がしました)

ゲーム中の弾詰まりは致命的なので、弾数は減ってしまいますが
弾詰まりのないMAG製 P90用170連マガジンを購入しました。

スプリング式で170発も弾を入れるので、最後の方はかなり固くなりますが
それでも最後までBBローダーで弾を入れることは出来ました。

スプリング式なのでジャラジャラ音はしませんが、そもそも300連マグもゼンマイ+スプリングなので
P90のマガジンでジャラジャラ音がするものはありません。

下の2枚の写真は、それぞれ上から「マルイ68連」「マルイ300連」「MAG製170連」となります。
P90マガジン1

P90マガジン2

マルイの68連はダミーカートが透けて見えるので非常にリアルです。
300連と170連は、弾を入れていない状態では、一緒のような見た目ですが
弾を入れると中の弾が透けて見えるので、全くの別物なのが簡単に分かります。

個人的には、MAG製170連が一番のお勧めです。

PS90HC(P90)サイズ比較

上から
マルイ MP7A1(ストック4段階の最短)
マルイ PS90HC(マルイ プロサイレンサーショート装備)
Umarex G36CV(Vストック最短)

(写真が見辛くてすみません・・・)
PS90HC(P90)サイズ比較

並べてみるとPS90HC(P90)の短さが分かります。
サイレンサーじゃなくハイダーなら、MP7と殆ど同じサイズですね。
(構えた感じも明らかにカービンサイズの銃よりコンパクトです)

ただMP7はストックを完全格納、G36CVはストックを折りたたみ出来ます。
(実際に折りたたんだまま使うことは、殆どないとは思いますが)

P90のサイレンサー

個人的にP90にはサイレンサーが似合うと思ってます。
(マルイもサイレンサー付きのP90TR出してるくらいですし)

とりあえず家にあったAD Classic製のサイレンサーを取り付けていたのですが長い!
PS90はインドアとかCQBで活躍しそうなので、出来れば短い方が良い。

他者のブログなどで、色々とショートサイレンサーを調べては見たものの
直径30mmとかの細いものじゃなければ、性能はそれ程変わらない感じがしました。

安いし弾道の乱れもないみたいなので、マルイのショートタイプを買うことに決定。
(純正だけど見た目も意外と悪くない)

東京マルイ プロサイレンサー(ショートタイプ)

AD Classicサイレンサーとマルイプロサイレンサー(ショートタイプ)の長さ比較。
ほぼ倍近い差がありますね。

サイレンサー比較

長いのも見た目は好きです。

AD Classic サイレンサー KNIGHTS 刻印

P90は短いのも結構似合う気がします。

東京マルイ プロサイレンサー(ショートタイプ)