「モバイルPC」カテゴリーアーカイブ

MacBook Air (Early 2014)のSSDを換装する

古いMacBook AirのSSD換装を行いました。
既に6年前のモデルなのであまりお金を掛けても仕方ありませんが、ストレージの容量アップのためにSSDを換装しました。
(ついでに速度も上がればラッキー程度です)

MacBook AirのSSDは端子の形状が特殊なので、通常のNVMe SSDを購入しても換装できません。
通常のNVMe SSDを使えるようにするアダプターも売られているのですが、不安定なものがあったり、別々に注文するのも面倒だと思い、最初からMacBook Air換装用として売られているSSDを購入することにしました。

トランセンド JetDrive 850

MacBook Airの裏ブタを外すトルクスドライバーなどもセットになった製品です。
もちろん端子もMacBook専用!

英語ですがマニュアルも入ってます。
付属のトルクスレンチで裏ブタのネジを外します。

ネジは全部同じ長さではないので、外した場所の長さを覚えておくといいです。
(写真を撮っておくのが手っ取り早いです)

ネジを外すとすぐに裏ブタを取り外すことができます。

SSD自体のネジも付属のドライバーで外せます。
(裏ブタを外した方とは別のドライバーを使います)

交換するJetDrive 850のSSDは奥までしっかりと差し込んでください。
奥までしっかりと差し込まないとネジが刺さりません。

SSDを交換したら裏ブタを戻してネジを締めれば換装自体は終了です。
但し、このネジはネジ止め材使わないと緩みそうなネジに見えます。
Appleもネジ止め材を塗布して締めてました。
ネジ止め材は高くないですし色んなものに使えるので、1本買っておくと便利です。

私はネジ止めの強度に合わせて3種類を使い分けていますが、タミヤのものは比較的緩めに固まるので、再度外す可能性がある場所に向いています。

SSDの換装が終わったらmacOSの再インストールです。
再インストールする前にSSDの内容を消去します。

ディスクユーティリティでドライブを選んでMAC OS拡張(ジャーナリング)を選択して削除します。
※後で出てきますが、ここで私はミスをしていました。

消去したらmacOSユーティリティに戻ってmacOSを再インストールを選択します。

インストール先のドライブを選んで…

あれ、なんかエラー出ました!

ディスクがGUIDパーティションテーブル方式でなければだめだそうです。
(これが先に書いたミスのことです)

ということで再度ディスクユーティリティに戻ります。

左上のメニューからすべてのデバイスを表示を選択します。

するとJetDriveのディスク自体が選択可能になるのでTS~と書いてあるディスクを選択してから「消去」をクリックします。

これで消去の内容に「方式」が現れるのでGUIDパーティションマップを選択してから初期化を行います。

macOSの再インストールに戻ってからドライブを選択すれば無事にmacOSの再インストールが始まりました。

OSの設定が完了してシステム情報を見ると、無事にNVMe接続でSSDが認識されてました。

換装前と換装後のSSDの速度を計ってみました。

換装前

換装後

SSDの速度は換装前の約2倍となっていますが、体感的にはそれほど速くなった感じはしません。
元々CPUもメモリも最近のPCに比べると貧弱なので、SSDだけ速度が上がってもあまりレスポンスはよくならないのでしょう。
元々付いていたSSDも当時としてはそれほど劇遅というわけでもないので、レスポンスアップを求めての換装であればそこまでお勧めはしません。
(それでも全く変わらないわけではないので、恩恵ゼロというわけでもありません)

換装前に比べるとSSDの容量は一気に増えたので、ストレージの容量アップとしての目的は果たせたかと思います。

OneMix3 Pro 日本語キーボードのキー配列について

少し前にOneMix3 Pro 日本語キーボード版に買い替えたわけですが、キー割り当てで1点だけ致命的な個所がありました。
それはFn+Shift+カーソルキー(左右)に音量のアップ・ダウンが割り当てられていることです。
下の写真のキー配列の右下部分を見てみてください。

他のキーを何も押さずにカーソルキー(左右)を押すと当然ながら左右にカーソルが動きます。
そしてFn+カーソルキー(左)を押すとHomeキーが、Fn+カーソルキー(右)を押すとEndキーが押されたことになります。

通常、エディターなどでカーソルの位置からHomeやEndの位置までを選択状態にしたい場合、Shift+HomeキーShift+Endキーを押します。

でもOneMix3 Pro 日本語キーボードのキー配列だと音量のアップ・ダウンになるという、キーボードをメインで使う人にとっては致命的な欠点があります。
このキー配列を考えた人は、恐らくプログラムのソースコードを書いたり、大量の文書を扱わない人なのだと思います。
(もしくは何でもマウスでやっちゃうキーボードをあまり重要視していない人でしょうか)

これが使えないのはあまりにも不便なので、最初はChange Keyというアプリを使用してキー配列の変更をしようと思いました。

が、Change Keyはあくまでもキーコードを変更するためのツールなので、音量アップ・ダウンのキーコードを単体のキーコードであるHomeキーやEndキーにすることはできても、Shift+HomeキーShift+Endキーという複数のキーを押した状態にすることはできません。
(この場合のキーコードは、ShiftのキーコードとHomeのキーコードの2つが押されたことにする必要があります)

できればChange Keyで対応したかったのですが、できないものは仕方がないので、常駐アプリで万能型のAutoHotkeyを使用することにしました。

AutoHotkeyは複数のキーの組み合わせやマクロなどのスクリプトを書くこともできますので、大抵のことはできてしまいますが、その分敷居は少し高めで且つアプリを常駐させる必要があります。
今回は2つのキーマップを変更するだけなので、スクリプト自体は2行で済みました。

Volume_Down::+Home
Volume_Up::+End

1行目がボリュームダウンキーが押されたらShift+Homeキーを押されたことにします。
2行目はボリュームアップキーが押されたらShift+Endキーを押されたことにします。

あとは、このスクリプトファイルをAutoHotkeyのツールを使ってEXEファイルに変換します。
変換したEXEファイルをWindows起動時に自動で実行するように、スタートアップにでも入れておけば完了です。

これで無事にFn+Shift+カーソルキー(左右)でカーソル位置からHome位置やEnd位置までを選択状態にすることができるようになりました。

今後発売する機種では、このキー配列にはならないことを願っています。

OneMix3 Proの充電について

OneMix3 ProをPD(Power Delivery)で充電する場合、以下の電圧に対応しているようです。
5V / 9V / 12V

一方でPDの12VはPD 1.0の規格でしか正式対応しておらず、現在主流の2.0や3.0の規格では対応していません。
但し12Vを出力できるモバイルバッテリーも存在するので、可能であれば12Vが出力可能なモバイルバッテリーを使用することで効率よく急速充電が可能となります。

手持ちのモバイルバッテリーで試してみたところ、どれも12Vでの充電が可能でした。
参考までに充電できたモバイルバッテリーを載せておきます。

RAVPower RP-PB058 26800mAh

裏の出力一覧には12Vが書かれてませんが、しっかりと12Vでの充電が可能でした。

RAVPower製品はほかの機器も使ってますが、作りもしっかりしているものが多いのでお勧めです。

続いてOmars 10000mAh 30Wです。

こちらは以下のように書かれていて、問題なく12Vの出力に対応しています。
USB-C出力:DC 5V3A / 9V3A / 12V2.5A / 15V2A / 20V1.5A(PD 30W)

最後は上で紹介したOmarsの45W版です。
Omars 20000mAh 45W

これも12Vに対応していて問題なく充電可能です。
USB-C出力/入力:DC5V3A / 9V3A / 12V3A / 15V3A / 20V2.25A(PD 45W)

本当はOneMix 3 Proが15Vに対応してくれればいいのですが、残念ながら12Vまでしか対応していませんので、PD規格の機器をOneMix 3 Pro用に購入される場合は、12Vに対応しているかを調べてから購入する必要があります。

One-Netbook OneMix3 Proのケース

OneMix3 Proには純正のケースもあるのですが、はっきり言ってあまり好きではないので、以前記事でも紹介したOneMix 2Sで使っていたケースを引き継いで使用することにしました。
OneMix 2Sのケース

7インチのOneMix 2S用に購入したケースなので、8.4インチのOneMix3 Proが入るか少し不安でしたが、問題なく入りました。
但し、7インチでは入っていたポケット部分に収納することはできませんでした。

スタイラスペンや他のアクセサリも収納できるので便利です。
私はRavPowerの61W PD充電器や充電ケーブル、小型のマウスとMiniHDMIケーブル、スタイラスペンを一緒に入れて持ち運んでいます。

One-Netbook OneMix3 Pro

あまりにもファン音がうるさいCHUWI Minibookに見切りをつけて、現在UMPCでは唯一のIntel®第10世代Core™プロセッサーを搭載したOneMix3 Proを手にすることになりました。

とうとうUMPCも4コア/8スレッドの時代に突入です。

8.4インチという小ささながらCore™ i5-10210Yプロセッサーを積んでいて、メモリ16GB、SSDも512GBとその辺の廉価ノートPCよりも遥かに高性能です。
メインで使用しているノートPCはHPのSpectre13ですが、性能的には結構いい勝負だと思います。

OneMix3 Pro
第10世代インテル® Core™ i5-10210Yプロセッサー
Windows 10 Home 64bit搭載
8.4インチIPSディスプレイ・2K Retina解像度2560×1600
16GBメモリ
512GB PCIe SSDストレージ
日本語配列バックライトキーボード
360°回転ディスプレイ
指紋認証センサー
4096段階タッチペン(Surfaceペン)対応
国内1年間サポート

前回購入したUMPCであるCHUWIのMiniBookが初期不良で、中国へ送り返したりと手間暇が掛った上に、修理から返って来るまでに1か月半を要したことから、今回は日本の代理店であるテックワン販売のものを購入しました。
テックワン販売のものはAmazonでも取り扱っており、初期不良の場合はテックワンを通す必要すらなく、Amazonの保証で簡単に返品できるのもAmazon利用の利点です。
幸いにも今回は初期不良に当たりませんでしたが、この安心感は多少の出費増でも価値があると思います。
(Amazonでのキャッシュレス5%還元やAmazonポイントアップ対象期間だったため、GeekBuyingなどとの実質差額は1万円程度でした)

そして注文した日の翌日には届くというスピーディーさもたまりません!
(運送会社の皆様いつもありがとうございます)

早速開封してみると、OneMix3Proの箱の上に更にテックワン専用の段ボールで梱包されていました。
(更にAmazonの箱に入ってくるので三重の梱包です)

中身はシンプルで本体、充電器、充電ケーブル、マニュアルと保証書です。

本体はブラックで非常にかっこいいですが、使ってると手の皮脂などの汚れが目立ちます。

キーボードは日本語キーボードです。
但し、日本語キーボードといえど、配列は通常の日本語キーボードではありませんので、当然ながら慣れは必要です。
キーボードのタッチも非常によく、GPD PocketやMiniBookよりも好みです。

箱から出してRAVPowerの61W PD充電器で充電しながらセットアップを行いました。
61Wの出力にもかかわらず、非常に小型の充電器でお勧めです。

充電は基本的に12Vで行われるようです。

最大で30W前後で充電されているのを確認しました。
起動して使用しながらでも十分に充電されていきます。

ちなみに負荷が掛かった状態になると、それなりに本体が熱くなりますし、ファンも音を立てて回転し始めますが、MAXで回転しても個人的には耐えられるレベルでした。
感覚的に言うとMiniBookの半分くらいの音量でしょうか。
負荷が掛かっていない状態であればほぼ無音ですし、ファンを一時的に止めるためのキーも用意されています。
(長時間止めないでくださいって書かれてましたが…)

4コア/8スレッドなので処理もノートPCとしてはサクサク動く部類に入ります。
また各部の作りも非常にしっかりしていて安心感があります。
お値段はそこそこしますが、非常に満足度の高いUMPCだと思います。

最後に2点ほど不満点を言わせてもらうと、TPM非対応ということとWIFIモジュールが古いことでしょうか。

TPMはBitLockerなどを使用する場合に必要となります。
なくてもBitLocker自体は動くのですが、毎回パスワードを入力する必要があるのでちょっと面倒です。

使われているWIFIモジュールはIntel Dual Band Wireless-AC 3165が載っています。
技適の関係もあると思いますが、ちょっと古いモジュールなのでWIFI6にもWPA3にも対応していません。
しかもスロット式のモジュールではなく基盤にハンダ付けされているようなので、最新のWIFIモジュールに差し替えることもできません。
この辺りはこれからのモデルで改善されることを期待します。

CHUWI MiniBookについて

Indogogoで購入したCHUWIのMiniBookですが、予定よりも大幅に遅れて昨年到着。
クラウドファンディングなので多少の遅れは仕方ないかと思っていましたが、届いたものは初期不良品でした…
バッテリーが充電されないどころか「使用不可」の状態でCHUWIに送り返すことに。

それから1カ月半ほどでやっと修理から返ってきました。
返ってきたMiniBookは裏の封印は破られたまま。
新品の時と同じように梱包して送ったのに、ビニールの袋や液晶とキーボードの間のシートなどもなし。
なんか中古を買った気分です…

それでもしっかり使えればいいかと、Windowsのアップデートなどを行ってセットアップをしました。
MiniBookは負荷が掛かるとファンの音が爆音で鳴り響きます。
GPD Pocket2などもそれなりにファン音が大きくなりますが、それよりも更に大きいファン音に我慢がならず、unlocked biosを導入することにしました。
また封印も破れてることですし、カバーを開けて熱伝導シートでボディへ熱を逃がす処理も行いました。
(こちらは写真撮り忘れました)

unlocked biosは既に公式フォーラムのリンクのものもなくなり、少し探さないと見つかりませんでした。

unlocked biosを入れて早速温度関連の設定をいじってみました。
「Advanced」-「Thermal Configuration」-「Platform Thermal Configuration」に設定がありました。


ActivepointをDisabledにしたりFanSpeedを変更したりしてみましたが、Windows上でOCCTというツールを使い負荷を掛けると、同じタイミングでファンが高速に回転しました。

この設定でファンの回転を変えるのは無理なようです。

次にTDPをいじってみました。
「Advanced」-「Power & Performance」-「CPU Power Management Control」-「Config TDP Configurations」に設定がありました。



「Power Limit 1」「Power Limit 2」を下げるとCPUに共有される電力が減り温度が上がらなくなります。
もちろんトータルのクロックも上がらなくなります。
TDPを一気に半分くらいにしてみました。

CPUのクロックが上がらなくなり、そのため温度も上がらなくなりました。
負荷を掛け続けてもファンが最大で回ることはなくなりました。
が、折角高性能のCPU搭載モデルを購入した意味がないですね…

次にTDPを2/3くらいまでにしてみました。
2/3だと5分ほど負荷を掛け続けてるとファンはMAXになりました。
やはりMAXだと非常にうるさい…

「Cusom Setting Down」「Custom Setting Up」なども触ってみましたが、効果はありませんでした。

個人的にこのファンの騒音には耐えられそうもなく、TDP下げて使うくらいなら要らないなと思い手放すことにしました。
散々な結果になったMiniBookを手放したあと、11月に発売されたOne-Netbook社のOneMix3 Proをポチるのでした。
しかも今回は初期不良交換も可能な国内版をポチりました。
副業でも大いに活躍してもらうために奮発してOneMix3 Proを購入しました!
ノートPCの中でメインに使っているのはHP Spectre13(Core i7モデル)ですが、小型のUMPCでもSpectre13と同じ4コア8スレッドが動く時代がやってきました。
届いて使ってみるのが楽しみです。