「PS4/PS3」カテゴリーアーカイブ

XIM APEXとXIM LINK

PS4やXBOXでマウスコンバーターを使用していて、PCゲームもやっている人はどれくらいいるでしょうか。
両方やってる人の多くは、PC用とコンバーター用の2つに高価なゲーミングマウスを用意されていることでしょう。
もちろん私もそうでした。

XIM APEX発売でVENOM X4からXIM APEXに乗り換えたため、ナビゲーションコントローラーやロジクールG903を一緒に買い揃えました。
XIM APEXだけでもそれなりの出費ですが、他にキーボード(ナビコンなどでも可)、ゲーミングマウスまで揃えるとなると躊躇される人も多いかと思います。
私は既に揃えてしまったわけで、今更どうこうと考えていなかったのですが、PCのマウスの方が買い替え時期となってしまい、折角購入したG903がPCで使えれば…と思いました。
PCでも使おうと思うと毎回繋ぎ変えることになり面倒ですし、やはりPCはPC用でマウスを購入するしかないかと思ってました。

そんな時、XIMのコミュニティ(フォーラム)を見ていたらXIM LINK(シムリンク)のフォーラムが目に入りました。

ん、PCに接続したキーボードとマウスを指定のケーブルを通してXIM APEXが認識する?
接続図
xim_link_wiring
これならPCにキーボードとマウスを接続しておけば、XIM APEX側にはPS4のコントローラー以外は何も接続しなくて良さそう!
(机にキーボードとマウスを2個ずつ置けない環境の人にもお勧めです)

詳しく読み進めると、特定のケーブルとPC側にXIM LINKというアプリは必要らしいです。

ケーブルは以下が対応しているとのこと。

- Belkin win 7 version “F5U279”
- Belkin win 8 version “F4U060”, may also be called as “F4U060CW”
- Pluggable Transfer Cable “USB-EASY-TRAN”

↓公式としては未確認だがユーザーから使用できたと報告があったもの
- Belkin win vista version “F5U258”

AmazonにBelkin Easy Transfer Cable for Windows 8がありましたが、本当に動くか分からないのに新品を買うのをためらい、海外から中古を取り寄せてみました。
(海外購入は2週間程度時間が掛かりますし、色々と面倒なので少しお値段はしますがAmazonがお勧め)
私が購入したのは公式に認められている型番F5U279のものです。
対応がWindows7となっていますが、現時点で最新のWindows10 Pro 1803でもドライバのインストールなしで自動認識しました。

Belkin Easy Transfer Cable(F5U279)
Belkin Easy Files Transfer

ラップでくるまれ更にプチプチで保護され中国から届きましたが、臭いが凄かったのでアルコール除菌しました…
それなりに傷もありましたが、機能としては問題なく動きました。
Belkin Easy Files Transfer

最初に上げた図とはちょっと違う繋ぎ方も試してみました。
予めナビゲーションコントローラーをXIM APEXにワイヤレス認識させた状態で、更にXIM APEXにマウスも繋いだままBelkinのケーブルを接続してみました。

Belkin Easy Files Transfer

先にも書きましたが、XIM LINKというアプリを入れないとXIM APEXにPCのキーボードとマウスの情報を送信できません。
githubにアプリが公開されているのでDLしてインストールしてください。
XIM-Link/Official Releases
これを書いている時点での最新はXIM Link 1.2 Setup.msiなのでDLしてインストールします。

インストールして実行すると以下の画面が表示されます。
XIM LINK
色々とありますが、これはマクロを作ったりする場合に使う部分ですので、マクロを使用しないのであれば何も触る必要はありません。
アプリを起動してキーボードの「Pause Break」ボタンを押せば2の部分がDEACTIVEからACTIVEに変わります。
ACTIVEになるとキーボートとマウスの操作はPC上には反映されず、XIM APEXの方でキーボードとマウスが動くようになります。

今回試した接続方法では、ナビゲーションコントローラー・XIM APEXに繋いだマウス・PCのキーボード・PCのマウスと全てXIM APEX上で認識して動きました。
XIM LINKがちゃんと認識されている場合は、iPhoneアプリの機器アイコンのところにXIM LINKのアイコンが表示されます。

解除する場合は再度キーボードの「Pause Break」ボタンを押せば、PCのみでキーボードとマウスが使えるようになります。

ちなみにXIM LINKのフォーラムでは、以下のスクリプトは投稿すると削除対象だそうです。
アンチリコイルのスクリプト
ラピッドファイアのスクリプト
ファーミングボットのスクリプト

私はスクリプトを使うことは恐らくないですし、公式でもこれらのスクリプトは公開されませんので、どうしてもスクリプトで制御したい場合は、ご自身で学んで書く必要があると思います。
プログラムを経験したことがあれば難しくはないと思いますが、少し特殊な書き方なので慣れは必要かと思います。

と、ここまで書いておいてあれですが、XIM LINKを使うことでデメリットも当然あります。
私としては気になりませんでしたが、1-2ms(1000分の1~2秒)の遅延が発生するようです。
また、当然ながらPS4やXBOXしかやらない場合でもPCの電源を入れる必要があります。
PS4やXBOXを操作しながらPCでブラウジングというのもできません。
(Breakキーで高速で切り替えればできなくもない?)

これらのデメリットをメリットが上回っていると感じる方は、1度試してみる価値はあると思います。

XIM APEX(マウスコンバーター)の設定

今までVenom-X4というマウスコンバーターを利用していましたが、スマホをiPhoneに変更したため、iOS用のアプリがないVenom-X4を売却してXIM APEXに買い替えました。
「XIM APEX」は有名なコンバーターである「XIM 4」の後継機種です。

同時にマウスはロジクールのG903を購入。
基本的にコンシューマー機ではキーボードはあまり利用しないので、PS3用のナビゲーションコントローラーを購入。
やはり全部揃えるとそれなりの出費となります。
(PC用のゲーミングマウスやメカニカルキーボードはもちろん持ってますが、それらはあくまでもPC用なので別途購入)

XIM APEX
XIM APEX

Venom-X4やXIM 4より断然小さくなっており、USBに直接指すタイプになりました。
(機器接続用にUSBハブが付属してます)
遅延などもXIM 4より小さくなっており、細かい部分で性能が上がっています。
このあたりの説明は色々なところに書かれているので省略します。

設定についても細かい内容は詳しいサイトに任せるとして、今回はXIMの公式フォーラムに書かれていた設定を取り上げます。
今回取り上げる設定はFirmware 20180402にて新たに追加された項目です。
※画像は公式フォーラムの画像を拝借していますので、基本的に英語版となっています。

まずはレスポンスレートがちゃんと設定されているか確認してください。
※マウス自体のレートが1000Hzに対応していて、且つ1000Hzに設定されている前提です。
レスポンスレート

尚、このレスポンスレート設定を行った後は一旦XIM APEXをUSBから抜いて電源を落とし、再度USBに繋ぐ動作(簡単にいえば再起動です)を行ってください。
ここで再起動を行わずに設定を続行すると、後に動作に支障が出てしまうというバグがあるようです。

そしてここから先が追加された項目です。
AIM設定

上の写真のHip内のAimの詳細設定ボタンを押します。
すると追加された項目「Synchronize」が表示されます。

シンクロ設定

この設定はゲームのフレームレートをセットすることで、処理がフレームレートに最適化されたシンクロをするようになるそうです。
英語版ではDefault、Common、Slow、Offとなっていますが、日本語版では規定、一般、スロー、消すになっています。
公式フォーラムでの説明では、消す(Off)は使用しないようにと書かれています。
またフレームレートが分からない場合は規定(Default)にしろとも書かれています。

60fps (CoD, Battlefield, Halo, Overwatchなど)のゲームの場合は一般(Common)を選択してください。
30fps (Destinyなど)のゲームの場合はスロー(Slow)を選択してください。

その後でsensitivityを60fpsの場合は2で割った数値、30fpsの場合は4で割った数値にしてください。
(説明の画面だと7.50を2で割って3.75になってます)

これでフレームレートとレスポンスレートのシンクロが最適化されるとのことです。
が、私は正直違いが分かりませんでした(笑)

次に「Smoothing」の設定です。
これも追加された項目です。
Smoothing設定

マウスを動かしてないのに微妙に動くとか、いわゆる「ジッタ」が起こる場合に収まるまで数字を大きくして行くといいようです。
但しこれは補正が掛かるということなので、数字を大きくすればマウスの操作に対してリニアに反応しないということです。
ジッタが起きるなど、必要な場合だけ設定すればいいかと思います。

フレームレートのシンクロやジッタの補正などについては、以下のサイトの中の説明が分かりやすいです。
SteelSeries ExactRate(新)の説明にフレームレートとのシンクロ、SteelSeries ExactAim(新)の説明にジッタの補正がそれぞれ書かれてます。
SteelSeriesの偉い人,Kim Rom氏に聞く新型マウス「Xai」「Kinzu」

Venom-X4(マウスコンバーター)について

マウスコンバーターというものがあること自体、知らない人も多いかと思います。

PS3、PS4、Xbox、Nintendo Switch、などなど、家庭用ゲーム機は基本的にゲームパッドでプレイします。
それに比べPC版のゲームではキーボードとマウスを使ってゲームをプレイします。
(もちろんPC版でもゲームパッドを使用してのプレイも可能なものが殆どです)

ではPCと同じように家庭用ゲーム機でマウスやキーボードは使用できないのか?
答えは「基本的にはできない」となります。
PS3やPS4ではマウスを認識しますし、一部のゲームでは認識したマウスを使用してゲームができるものがあります。
しかし、ほとんどのゲームではマウスでの操作をサポートしていません。

但し方法がないかと言えばないわけではありません。
それがマウスコンバーターです。

ゲーム機とマウスやキーボードの間に機器を入れることで、マウスやキーボードの入力をゲームパッドの動きに変換してくれます。
あくまでもゲームパッドの動きへ変換するだけなので、マウスやキーボードでやれるる範囲はゲームパッドでやれる範囲です。
ゲームパッドで移動できる以上の速さにはなりませんし、ゲームパッドで押せるボタンの種類を上回る割り当てをすることもできません。

PSの世界でゲームコンバーターと言えば「XIM」が一番有名かと思います。
XIM4はコンバーターのみで別途マウスやキーボードを必要とします。
全部揃えるとなるとそれなりの出費になります。

そこで目を付けたのが「Venom-X4」でした。

Venom-X4
Venom-X4

上の写真を見てわかる通り、ロジクールのG502に似たゲーミングマウス、PSのナビゲーションコントローラーに似たワンドが付属しており、他に何も揃えなくても遊べます。
作り自体は多少チープですが、このマウスの操作性は割と良かったですし、ワンドも使い勝手がよかったです。
但し設定がPCもしくはAndroid端末からのみなので、今年に入ってiPhoneに変更したため手放すことになりました。
Android利用者であれば個人的にはお勧めです。

そして手放すことになったのになぜこの記事を書いているかというと、ファームウェアのバージョンアップで動かなくなった時に、情報があまりに少なくて困ったことがあったので、同じように困った人へ情報を残すために書いています。

2018年8月現在 最新のファームウェアはVer 5.0.3 (2018-7-19) となっています。
私の環境ではVer 4.3.0以上にバージョンを上げると操作ができなくなるという現象に遭遇していました。
ですので、Ver 4.1.3 (2017-11-19)以下で使用していました。

色々と調べた結果、なぜ最新のファームウェアで動かないかの原因が判明しました。

使用しているのはPS4 ProでコントローラーがCUH-ZCT2Jという2世代目のコントローラーでした。
薄型になったPS4もこのコントローラーが付属していますし、別途コントローラーを購入した場合も最近のはCUH-ZCT2Jになっています。

このCUH-ZCT2JとPS4の最新ファームウェアの組み合わせで起こる現象でした。

コントローラー設定

設定 → 周辺機器 → コントローラー → 通信方法に移動して
「Bluetoothを使う」ではなく「USBケーブルを使う」に変更する必要がありました。

Ver 4.1.3まではこの設定を行わなくても動いていたのですが、CUH-ZCT2に正式対応したVer 4.3.0 (2018-1-24)からはダメなようです。

この設定はUSBケーブルでPS4とコントローラーが繋がっている場合に、コントローラーとPS4の通信をどちらでやるかの設定です。
(画面の説明に書いてある通りです)
なので、この項目が「Bluetoothを使う」になっていると、コンバーターを通さずにコントローラーがPS4と繋がってしまい、マウスやワンドの操作ができなくなっていたのでした。
しかも初期設定はUSBではなくBluetoothになっています。

説明が前後してしまいますが、コンバーターにはコントローラーも接続します。
これはPS4が正規のコントローラーかを約8分おきに確認するためで、認証を通すためにコンバーターへコントローラーの接続が必要となります。

最終的に上記の項目を変更することで、無事に最新のファームウェアでも動作させることができました。
最新のファームウェアで動かないという方は一度確認してみて下さい。

nasne(ナスネ)購入

発売が延期になったnasneですが、ネット販売などで既に配送された分に関しては
特に回収などはしないので、不具合が無ければ使っていいという事で、早速使ってみました。

(不具合が無くても申し出れば返金には応じてくれるそうです。)

nasne1

早速開封してセッティングし、1時間番組を録画してみましたが、特に不具合はありません。
発売日のVer1.5へのアップデートも延期になりましたが、流石に使ってもいいと通達した以上
バージョンアップはやるべきだったかと思います。
(VAIOの方もアップデート来てませんし・・・)

nasne2

録画中は写真のように「REC」の赤いLEDが点きます。
写真には3つしかLEDが映ってませんが、上から電源(グリーン)、REC(レッド)、ネットワーク(オレンジ)、HDD(オレンジ)となっています。

2012/07/20 追記

合計4時間程度録画してみましたが、特に問題は無いようです。
ただ、接続の際に元々が

壁配線(混合) - BS/地デジ分波器 - レコ - トルネ - TV (BSは省略)

だったところに

壁配線(混合) - nasne - BS/地デジ分波器 - レコ - トルネ - TV (BSは省略)

とすると末端のTVで相当良かった受信感度が激落ちして、局によっては映らないという事態に・・・
(nasne接続前のTVの受信レベルはかなり良かったのですが・・・)

なので、別の部屋の

壁配線(混合) - トルネ

の最後にnasneを接続して

壁配線(混合) - トルネ - nasne

とすれば、特に問題が起きなかったので、別の部屋で接続しました。
(LANとTV線が来てれば、設置場所を選ばないっていうのは、やっぱり便利ですね)

2012/07/22 追記

27時間テレビが放送されたので、試しに標準画質で27時間耐久テストとして録画してみました。
結果、録画・再生共に問題なし。
完全に当り個体のようです。

PS Vita購入

PS Vitaを購入しました。
PSPのソフトもDL販売でプレイ出来るので、今ならPSP買うより将来性はあるかと。
ただ、本体価格は3万円切ってますが、メモリーカードがVita専用で
メモリースティックすら使えず、追加投資は必須となります。
(SCEさん、これはちょっと考え方を改めるべきです)

買ったからといって特に書くことはないと思っていましたが
Wi-Fi接続でちょっと躓いたので、一応ブログに残しておきます。

使ってる無線LAN親機はLogitecのLAN-WH300N/DGRです。
SSIDとパスフレーズを何度正しく入力しても、接続が確立出来ず設定を色々と触ってみました。
すると、ノートPCからの利用のために「詳細設定(上級者向け)」「チャンネル幅」
Auto 20/40 MHZに設定していたのがダメだったようで、初期設定値である20 MHZに戻すと繋がりました。
ノートPCからは正常に40MHzで繋がっていたので、Vitaは40MHzに非対応なのか
WH300N/DGRのAuto設定との相性が悪いのかのどちらかでしょう。
この設定を変更したことにより、ノートPCからの40MHz利用が出来なくなりました・・・

再度、設定をAutoに戻し試したところ、Autoでも繋がりました。
再起動されたのが良かったのか、原因は分かりませんが、今のところ無事接続出来ています。

あと、多くの方が利用されている画面の保護フィルムですが
良く確認せずに背面用を注文していて、届いたのは背面用のフィルムのみでした(笑)
なんかやけに安いなとは思っていましたが・・・
張ってみたら気泡は入りまくりで汚くなったけど、まあ背面だし良いかと自分を納得させる。

流石に前面は気泡入るの嫌だったので、Horiが発売してるピタ貼りのパッケージに引かれ購入(笑)

実際に張ってみると、パッケージのうたい文句通りに気泡一つ入りませんでした。
(入る人もいるかと思いますが、買った背面のものと比べても段違いに張りやすい)
気泡が気になって何度も張りなおすような人には、本当にお勧めの一品ですね。

Star Wars: The Force Unleashed

最近、NHKでスターウォーズの一挙放送がありました。
懐かしくて見たのですが、PS3でStarWarsのゲームが出てることを知りました。

今まで店頭などで見たことがなかったので、何故かと思ったら日本では発売されていませんでいた。
北米版、アジア版は出ているのですが、日本版が出ていないのです・・・

Amazonで北米版が安く売られていたので、北米版を購入することに。

値段もベスト版のようで割と安いのです。
但し、北米版なので当然日本語の字幕などもありません。
(ローカライズで日本語字幕入れるくらいで、日本発売できると思うのですが・・・)

ゲーム自体は、なかなか面白いです。
スターウォーズファンには、是非お勧めの1本だと思います。
話としては、エピソード3と4の間のようで、主人公はダースベイダーの弟子という設定です。
(ダースベイダーが殺したジェダイの子供を、ダースベイダーが育てた設定)

このゲームにはCode Inputというオプションがあり、各種チートコードを入力できます。
チートコードを入力することで、本来レベルアップで強化しなければならないところを
無理やり強化したり、各コスチュームを使えるように出来たりします。

個別の能力やコスチュームを開放するコードもあるのですが
一気に解除出来るコードだけを載せておきます。

The Force Unleashed チートコード

CODE EFFECT
SOHNDANN unlock all costumes
OSSUS all databank entries
MOLDYCROW all force combos
JOCASTA all talents
MINDTRICK all mirrored levels
LIGHTSABER amplified lightsaber damage

ちなみにコードによってはセーブすることが出来なくなります。
が、セーブ出来ないまま進めていくと、ExitGameでゲーム終了後に
再びContinueGameでセーブ出来るようになる場合があります。

(結構進めないとダメな場合や、少し進めるだけで可能になる場合があります)
もちろん、セーブできた場合は、チートコードで強化した能力なども保存されます。