「弾速計」カテゴリーアーカイブ

XCORTECH X3200の偽物と正規品について

少し前の記事 弾速計の表示速度比較 でも書いたように
X3200は偽物がかなり出回ってるみたいです。
(恐らく前記事に載せたX3200も偽物と思われます)

今回は出品者のコメントに「本物」と書かれている商品を購入しました。
(こちらの商品はメーカーから直接仕入れた最新ロットです。
 (一部偽者も出回っているようですのでご注意下さい。)とも書かれていました)
※だからと言って確実に本物という証拠はないので、判断と購入は自己責任で!

今回購入したX3200が本物という前提で見ていきましょう。
※バージョンやロットによっても仕様は変わってくると思いますので
あくまでも参考程度で見てください

まずは外箱から。
X3200正規品1

下の写真は、偽物と思われる製品の箱には書いてなかった「mkII」の文字が
しっかりと入っているのが確認できます。

X3200正規品2

箱の側面にはシリアル番号のシールが貼られています。
(偽物と思われる製品には、シリアル番号のシールはなかった)

X3200正規品3

本体上部と前面に保護用のビニールが貼られています。
(偽物と思われる製品には、上部の保護ビニールはなかった)

X3200正規品4

X3200正規品5

本体裏にもしっかりとシリアル番号のシールが貼られています。
また、MADE IN TAIWANの文字も見て取れます

(偽物と思われる製品には、どちらもなかった)

X3200正規品6

電池ボックス部のネジには、製造時期を記した封印シールが貼られています。
(偽物と思われる製品には、封印シール自体がなかった)
このシールから、製造時期が2013年9月頃のロットなのが分かります。

X3200正規品7

電源OFFの時の液晶表示も若干異なります。
下の動画のように、正規品ではX3200のロゴがしっかり出て、ふわっと消えていくのに対し
偽物と思われる製品では、一瞬だけロゴが出てすぐに消えてしまいます。

また、動画はありませんが、弾を打ち込んだ際に表示される
何回目の計測かを表す数字の出方も若干違いました。
(正規品は打ち込んだ瞬間出るが、偽物ではちょっと間があって表示される)

これだけ違いがあると、流石にロットの差ではないかと思います。
そもそもシリアル番号がない時点で、間違いなく偽物でしょうね・・・
(もしくは同じ工場で作られていたとしても横流し品)

前回の偽物と思われる製品でも行った、液晶型簡易弾速計との比較を行います。
(前回同様、前に液晶型簡易弾速系、後ろにX3200を並べて同一の弾で計測)

1回目
X3200正規品 弾速比較1-1

X3200正規品 弾速比較1-2

2回目
X3200正規品 弾速比較2-1

X3200正規品 弾速比較2-2

3回目
X3200正規品 弾速比較3-1

X3200正規品 弾速比較3-2

液晶型簡易弾速計平均:94.2m/s
X3200平均:93.9m/s

その差 0.3m/s

誤差の範囲とか考えると、かなり近い値が出てると思われます。

ちなみに計測に失敗すると「TOUT」の文字が液晶に表示されるのですが
正規品の方が、明らかに「TOUT」が出る頻度が高かったです。
(電池の残量が少ないと頻繁に出るとのことなので、電池は4本とも新品を使用)

この「TOUT」が、どのような時に出るか確認してみたところ
前方のセンサーを通過したのに、後方のセンサーを通過しない場合に出るようです。
(逆の場合は、液晶表示に一切変化はなく、見た目上は無反応です)

もちろん、ど真ん中に撃ち込めば、正規品のX3200でも
センサーが反応しないことはありませんでした。
(センサーが感知する範囲が狭い感じでした)

どこでセンサーが反応しないのかを、何度も試してみたところ
私の個体では以下のような結果となりました。

1.前側のセンサーは、上付近の感度が弱い。
2.後ろ側のセンサーは、下付近の感度が弱い。

従って、上の方で撃つと、液晶に変化がなく、何の反応もない。
(下から上へ斜めに打つと計測されるので、実際は後ろのセンサーは通過・反応してるはず)
下の方を撃つと、前のセンサーだけ反応して「TOUT」が表示。

センサーが拾いやすい方向を合わせれば、今よりも計測可能な範囲は
確実に広がると思われるので、センサーの位置を少しいじることにしました。

X3200で計測する時の、私の撃ち方を調べてみたところ
どちらかというと下気味で撃ってることが分かったので
後ろのセンサーを、前のセンサーと同じように、下側に強くしてみました。

基盤は完全に位置決めされているので、本体の基盤溝を削って
後ろ側だけ基盤自体を下にさげ、センサー位置を動かすことで対応しました。
(センサー受け側の基盤ではなく、IR照射基盤の方)

結果、後ろのセンサーも下の方をよく拾うようになり
多少センターから下方向にずれても、問題なく計測できるように!
(穴の筒に触れるようなギリギリを通らなければ、下方向は大抵計測可能な感じ)

上側は、元々反応が薄かったので、手を入れる前と変わらず
下側だけが反応が良くなった感じに修正出来ました。
(上側の更に1/3くらいの部分だけが計測しない感じ)

実は、私が今回購入したロットは、受信側のセンサーの形状が変わってました。
(発光ダイオードみたいな形ではなく、抵抗チップのような、チップ形式に変わってました)
偽物と思われる製品は、センサー自体は従来ロット品と同じ形状でした。

ちなみに基盤の色も(MKIIの)従来品は赤でしたが、今回のロットは緑になっており
基盤の配置構成なども大幅に変わっていました。
偽物と思われる製品の基盤の色も緑でしたが、基盤の配置構成は従来品と同じで
チップだけが別のものに変わってる感じでした。

もし、在庫品ではない、今の最新ロットでも基盤が赤であるならば
今回購入したX3200も偽物ってことになっちゃいます。

弾速計の表示速度比較

前回の記事 弾速計 XCORTECH X3200 でも比較しましたが
今度はちゃんとした比較の方法を使って比較してみました。

比較するのは液晶型簡易弾速計とXCORTECH X3200です。

比較方法は、下の写真のように、2台の弾速計を前後に並べ、1発の同じ弾の速度を計ります。
(当然、後の弾速計の方が低い数値になるはずですが、この距離だと無視出来る誤差です)

比較方法

1回目
比較1-1

比較1-2

2回目
比較2-1

比較2-2

3回目
比較3-1

比較3-2

結果を見て分かる通りX3200の方が1~2くらい低く出るようです。
(毎回電源OFFからONで計測したのに、簡易弾速計が全部同じ数字になったのは奇跡的)

計測に使った銃は次世代SOPMODですが、箱出しの時より初速が若干落ちてます。

次世代SOPMOD

0.25gノンホップ
0.25gノンホップ

0.25g適正ホップ
0.25g適正ホップ

まだオーバーホールするほど初速が落ちてるわけでもないので、取り合えず現状維持で・・・

追記
このX3200、シリアルのシールが貼られていないので、偽物ではないかという疑惑が・・・
個人的には、偽物でもちゃんと計測できれば問題はないのですが
メーカー名と製品名を正式に出して売っている以上は、偽物だと詐欺ですよね。

更に追記
偽物と判断した根拠は以下の通りです。

1.箱にも本体にもシリアルのシールが貼られていない。
2.機能は最新型のX3200 MKIIなのに、箱にはMKIIの文字がない。
  (正規品はX3200の後ろにMKIIと書かれています)
3.電池ボックス部のネジに封印シールが貼られていない。
4.本体の裏にMADE IN TAIWANの文字がない。
5.傷防止のビニールが正規品と形も貼られている場所も違う。

以上の理由から、ほぼ偽物だと判断し返品対応となりました。
正規品を購入予定なので、購入したら、改めで液晶簡易弾速計との比較を行いたいと思います。

弾速計 XCORTECH X3200

以前買った「液晶型簡易弾速計」、数値は割りと正確ですが
計測穴が小さく、計測エラーが多いため、別の弾速計を買うことに。

弾速計としては定番のXCORTECH X3200を選択。

XCORTECH X3200

日本語の説明書付きと書いてあったので、当然ながら日本語の説明書が付いてきます。

ここで一つ予定外な付属品が。

よくおまけで付けられている小さい三脚が同梱されていました。
(三脚付きと書いていなかったので、まさか入っているとは思ってませんでした)

XCORTECH X3200 2

下の写真は、「液晶型簡易弾速計」との大きさの比較です。

XCORTECH X3200 大きさ比較

そして、下の写真が付いてると思ってなかったので、事前に100均で買っていた三脚です・・・
(左側がおまけで入ってた付属品で、右がダイソー三脚です)

100円だから大した事はないんですが、なんとなく悔しい(笑)

三脚

ここからは「液晶型簡易弾速計」との比較です。
「液晶型簡易弾速計」は、以前クローニーと比較してみましたが、かなり近い数字が出ていました。
なので、「液晶型簡易弾速計」は、数値的には非常に正確な弾速計だと思われます。

弾速比較1-1

弾速比較2-1

弾速比較1-2

弾速比較2-2

弾速比較1-3

弾速比較3-3

X3200は、クローニーと比べると、2~3高い数字が出るとよく言われますが
「液晶型簡易弾速計」と比較すると、多少の前後はあるものの
平均値としては非常に近い数字が出ました。

(むしろ少し低いくらいです)

当然ながら個体差はあると思いますが、私が手にした固体は
割と正確な数値が出ている固体のようです。

弾速計によってバラつきがあるのを考えると、やはりカスタムエアガンの初速は
最低でも規制値より5m/sは低くないと安全とは言えないと思われます。
(物によっては5m/sのマージンでも危険な可能性もあります)

追記
X3200は偽物が出回っているようなので、購入の際は注意してください。
(正規品として売っているお店から買う方がいいと思います)

ASGK簡易弾速測定器

液晶表示の弾速計も送料込みの4000円ちょっとで売られていますが
今のところそんなに頻繁に計ることもないと思うので
安くて「割と正確」と言われているASGK簡易弾速測定器を購入しました。

必要になれば液晶表示の物を購入しますが、とりあえず今回はG36CVのスプリング交換後の値が知りたかったのです。

エチゴヤで672円なり。
ASGK簡易弾速測定器1

中には測定用の測定用紙も入っています。
もちろん測定紙のみ別売りでも購入可能です。

ASGK簡易弾速測定器2

組み立てると下の写真のようになります。
ASGK簡易弾速測定器組み立て後

G36CVの箱に記載されていた数字は平均で 87m/s、0.77J くらいでした。
近い値が出ていますね。
G36CV箱出し計測

SOPMODの箱出し時の速度はエチゴヤさんで購入時に計りましたが、大体 93~96m/sでした。
こちらも近い数字が出てると思われます。
SOPMOD箱出しHOPなし

最後におまけのガスガン「ナイトウォーリア」です。
こちらはきちんとした弾速計で計っていないのでなんとも言えません・・・
ナイトウォーリア箱出し気温30度