弾速計 XCORTECH X3200

以前買った「液晶型簡易弾速計」、数値は割りと正確ですが
計測穴が小さく、計測エラーが多いため、別の弾速計を買うことに。

弾速計としては定番のXCORTECH X3200を選択。

XCORTECH X3200

日本語の説明書付きと書いてあったので、当然ながら日本語の説明書が付いてきます。

ここで一つ予定外な付属品が。

よくおまけで付けられている小さい三脚が同梱されていました。
(三脚付きと書いていなかったので、まさか入っているとは思ってませんでした)

XCORTECH X3200 2

下の写真は、「液晶型簡易弾速計」との大きさの比較です。

XCORTECH X3200 大きさ比較

そして、下の写真が付いてると思ってなかったので、事前に100均で買っていた三脚です・・・
(左側がおまけで入ってた付属品で、右がダイソー三脚です)

100円だから大した事はないんですが、なんとなく悔しい(笑)

三脚

ここからは「液晶型簡易弾速計」との比較です。
「液晶型簡易弾速計」は、以前クローニーと比較してみましたが、かなり近い数字が出ていました。
なので、「液晶型簡易弾速計」は、数値的には非常に正確な弾速計だと思われます。

弾速比較1-1

弾速比較2-1

弾速比較1-2

弾速比較2-2

弾速比較1-3

弾速比較3-3

X3200は、クローニーと比べると、2~3高い数字が出るとよく言われますが
「液晶型簡易弾速計」と比較すると、多少の前後はあるものの
平均値としては非常に近い数字が出ました。

(むしろ少し低いくらいです)

当然ながら個体差はあると思いますが、私が手にした固体は
割と正確な数値が出ている固体のようです。

弾速計によってバラつきがあるのを考えると、やはりカスタムエアガンの初速は
最低でも規制値より5m/sは低くないと安全とは言えないと思われます。
(物によっては5m/sのマージンでも危険な可能性もあります)

追記
X3200は偽物が出回っているようなので、購入の際は注意してください。
(正規品として売っているお店から買う方がいいと思います)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。