弾速計の表示速度比較

前回の記事 弾速計 XCORTECH X3200 でも比較しましたが
今度はちゃんとした比較の方法を使って比較してみました。

比較するのは液晶型簡易弾速計とXCORTECH X3200です。

比較方法は、下の写真のように、2台の弾速計を前後に並べ、1発の同じ弾の速度を計ります。
(当然、後の弾速計の方が低い数値になるはずですが、この距離だと無視出来る誤差です)

比較方法

1回目
比較1-1

比較1-2

2回目
比較2-1

比較2-2

3回目
比較3-1

比較3-2

結果を見て分かる通りX3200の方が1~2くらい低く出るようです。
(毎回電源OFFからONで計測したのに、簡易弾速計が全部同じ数字になったのは奇跡的)

計測に使った銃は次世代SOPMODですが、箱出しの時より初速が若干落ちてます。

次世代SOPMOD

0.25gノンホップ
0.25gノンホップ

0.25g適正ホップ
0.25g適正ホップ

まだオーバーホールするほど初速が落ちてるわけでもないので、取り合えず現状維持で・・・

追記
このX3200、シリアルのシールが貼られていないので、偽物ではないかという疑惑が・・・
個人的には、偽物でもちゃんと計測できれば問題はないのですが
メーカー名と製品名を正式に出して売っている以上は、偽物だと詐欺ですよね。

更に追記
偽物と判断した根拠は以下の通りです。

1.箱にも本体にもシリアルのシールが貼られていない。
2.機能は最新型のX3200 MKIIなのに、箱にはMKIIの文字がない。
  (正規品はX3200の後ろにMKIIと書かれています)
3.電池ボックス部のネジに封印シールが貼られていない。
4.本体の裏にMADE IN TAIWANの文字がない。
5.傷防止のビニールが正規品と形も貼られている場所も違う。

以上の理由から、ほぼ偽物だと判断し返品対応となりました。
正規品を購入予定なので、購入したら、改めで液晶簡易弾速計との比較を行いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。