「et cetera」カテゴリーアーカイブ

東芝 REGZA 55X930にレグザサウンドシステム RSS-AZ55を追加

東芝 REGZA 55X930の有機ELの画質やタイムシフトマシンなどの機能には概ね満足していますが、音に関しては他メーカーに後れを取っていると感じます。
薄っぺらい音なのでサウンドバーを追加することにしました。
もちろんサウンドバー程度では本格的なAV機器のような音が出ないのは承知の上です。

最初にYAMAHAのサウンドバーを候補にあげましたが、サウンドバーをテレビと別のリモコンで操作するのは面倒です。
そこでテレビと連携するであろう東芝純正のサウンドバーを調べてみました。

純正のサウンドバーであるRSS-AZ55は2015年発売で色々と古いです。
が、とりあえずテレビと連携できてテレビの音が鳴ればいいと割り切って、RSS-AZ55を購入することに決めました。

レグザサウンドシステム RSS-AZ55

RSS-AZ55のコンセプトはテレビの後ろに置けるスピーカーです。
下の写真のようにテレビの後ろに置いて足の部分の隙間から音を鳴らします。

が、REGZA 55X930には足がなく隙間が殆どありません…

更にウーファー部分を置く場所には、テレビを支えるための重しでもある台座があります。

RSS-AZ55には付属品でウーファー部分をかさ上げするためのスペーサーが付いているので、これでなんとかなるのではないかと思い購入しました。

スペーサーを付けると下の写真くらいの高さを稼ぐことができます。

これなら行けるのでは?!と思い実際に台座の一番後ろの部分に重ねるように置いてみました。

しかし、残念ながら1cmほど浮いてしまいスペーサーの高さでは対応できませんでした。

だったらスペーサーに更に高さがあるものを追加すればいいわけで、家にあった木片を使って更にかさ上げすることにしました。

このサイズなら半分に切れば丁度良さそうです。
家にろくなノコギリがなかったので汗を流しながらなんとか切断。

ウーファー部分は振動しますので、直接木がテレビ台に接すると動きそうな気がしたので(重量あるので多分動きません)、ゴムのクッションテープを貼りました。
スペーサーとの接続は普通の両面テープで行います。

テレビの裏に設置するので基本的には見えないためこのままでもいいのですが、せっかくなのでパーマセルテープで見えてる木の部分を黒くします。

もし見える部分ならNGな出来ですが、まあテレビの裏なのでこれで良しとします(笑)

スペーサーとくっつけるとこれくらいかさ上げができました。

見えてる木の部分に更にパーマセルテープを貼って黒くします。

ちゃんとサイズがピッタリな木を使えばもう少し見た目がよくなると思いますが、とりあえずこれで完成!

テレビの台座の一番後ろの部分に合わせて置いてみます。

余裕のある隙間ができました。
もう少し前に置くこともできそうです。

フルレンジのスピーカーやHDMIケーブル、電源を配線して全て完了です!

テレビの電源ONでRSS-AZ55も自動的にONになります。
東芝純正のサウンドバーなので、テレビのスピーカーと連動するシンクロドライブ機能を使うことができます。

シンクロドライブはテレビのスピーカーとサウンドバーの両方から連携した音が出ます。

購入前に気になっていたテレビの下の隙間の狭さですが、この隙間でも音はちゃんと伝わってきて、テレビのスピーカーのみの音に比べると断然よくなりました。
あくまでもテレビの音の域を出ることはできませんが、よほど高級機種でなければ他メーカーの純正スピーカーは超えれたのではないでしょうか。
テレビの前や横にスピーカーが見えないのもコンセプト通りでGOODです!

東芝 REGZA 55X930のタイムシフトマシン用HDD

NASNEの2台体制+ソニー製レコーダーで使って来たテレビ放送の録画環境ですが、とうとうNASNEの1台が故障してしまいました。
既にNASNEは生産中止で新品は売っていません。
いつかはこの環境から移行する日が来ることは分かっていましたが、このまま残せるものは残してソニー製品で固めるか、他メーカーへ行くかで凄く悩みました。
ソニーのテレビがダブル録画できればソニー製のテレビを買っていましたが、ソニーはシングル録画しかできません…

散々悩んで決めたのが東芝のREGZAです。
REGZA 55X930

なんといっても6chを丸ごと録画できるタイムシフトマシンが魅力的でした。
この際なのでレコーダーもソニー製から東芝のREGZAに買い替えて東芝製品で統一しました。

タイムシフトマシンは6chを丸ごと録画できますが、基本的には24時間録画ではありません。
東芝純正のタイムシフトマシン用HDDは、最大でもタイムシフトマシン用に4TBしか確保できません。
(増設して2台で8TBにはできます)
4TBでは24時間録画だと1週間の録画はできないのです。
なので夕方7時~深夜1時までとか、自分がメインで見る時間帯で絞って録画することで保存期間を延ばします。

が、時間帯を制限せずに6ch丸ごと24時間録画したい!
(もちろん、その分の電気代は多少掛かりますが)

ということで、純正のHDDはあきらめて市販の外付けUSB-HDDを使うことにしました。
24時間録画なのでHDD選びでは耐久性はある程度重視したいところ。

そこで以前の記事で紹介したNASやエンタープライズ向けの「ヘリウム充填HDD」が使われている可能性が高いWD Elements Desktopシリーズの10TBモデルを購入しました。
QNAP TS-228AにWD Elements Desktop 外付けハードディスクの中身を入れる
ちなみに12TBモデルも「ヘリウム充填HDD」の可能性が非常に高いようです。

WD Elements Desktop 10TB WDBBKG0100HBK-JESN

殻割りをしなくてもCrystalDiscInfoで中身のHDDの型式は確認できるので確認しました。

中身はヘリウム充填モデルのWD100EMAZ-00WJTA0でした。

厳密には同型番の製品とは回転数などが異なりますので同一品ではありませんが、その辺の安いHDDよりは信頼できるのではないかと期待せずにはいられません。

現在のREGZAはタイムシフトマシン用に最大で16TBのHDDを2台まで登録可能とのことで、このUSB-HDDも問題なく認識して登録できました。
そして6chの24時間録画をセットすると9日間の録画が可能と表示されました。
保存期間が1週間を超えたので当初の目的を達成することができました。

但し1点だけ注意点があります。
深夜など静かな環境だと「カリカリ」とHDDの動作音が多少聞こえます。
日中のリビングなら何の問題もないと思いますが、寝室などに置くのにはお勧めしません。

2020/06/28 追記
24時間録画で保存できる時間を延ばすべく、更に14TBのHDDを追加しました。
合計で24TBとなり24時間録画でもREGZAの設定画面上で21日間となりました。
(実際は表示される日数よりももう少し長くなるかと思います)
なお、WD Elements Desktop 14TB WDBBKG0140HBK-JESNは10TB版ほどのカリカリ音はありませんでした。
10TB版が他に比べてちょっと音が大きいと思います。

iPadをOneMix3 Proのセカンドモニターとして使う

ノートPCのマルチモニター環境のためにASUSの15インチ液晶モニターを所持していますが、モニター機能しかないためなかなか持ち歩くことがありません。
出張などで明らかに必要そうな場合は持ち出したりしますが、日頃は余計な荷物になります。

でも、やはりマルチモニター環境だと作業が捗るのも事実です。
特に液晶が小さいUMPCではその効果は絶大です。

iPadAirを日頃から持ち歩くことが多いので、これをサブモニターとして利用すべきだと思い始めました。
以前からAndroidのタブレット端末やiPadをサブモニターとして使えることは知っていたのですが、なんだかんだで使用したことがありませんでした。
ポイントでもらったiTunesカードの残高が残っているのもあって、Duet Displayというアプリを使ってみました。
Duet DisplayはAppストアで1,200円する有料アプリです。
Windows版は無料でインストールが可能です。

結論から先に書きますと

かなりいいです!
もっと早く導入すべきでした!

iPadとWindowsにアプリを入れ、USB-Lightningケーブルで互いを接続すればマルチモニター環境の完成です。
(最初だけちょっとした設定が必要です)

手持ちのiPadAir3にDuet Displayをインストールし、初期設定をして起動すると接続待ちの画面になります。

Windows側も初期設定をし、ケーブルでipadAirと接続すると自動的にセカンドモニターとして機能しました。

iPadAirでWindowsのアプリを操作できます。

ApplePencilも使用可能ですし、SmartKeyboardもちゃんと動きます。
まるでipad上でWindowsアプリが動いているようです…

私の環境はOneMix3 ProもiPadAirのSmartKeyboardも日本語キーボードなので、iPad側のキーボードで日本語はもちろん、記号などもSmartKeyboardに印字されている通りに打ててしまいます!

但しiPadのSmartKeyboardには「半角/全角」キーがないので、日本語の切り替えは「option」+「~ (チルダ)」キーで可能です。

ちなみに年間でお金を払うサブスクリプションで追加のお金を払えば、更に無線で接続したりApplePencilの筆圧まで使えるとのことですが、個人的にはそこまでの価値を見出せないので1,200円のアプリのみで使用します。

USB-LightningケーブルだけでなくTypeC-Lightningケーブルでも問題なく使用可能でした。

Debian 10 (Buster)のanacronについて

Debian 9 (Stretch)のanacronについて
という記事を以前書きましたが、Debianを10 (Buster)へアップデートしたらanacronがまたおかしくなったので、再度設定を行いました。

/lib/systemd/system/anacron.timer
[Unit]
Description=Trigger anacron every hour

[Timer]
OnCalendar=*-*-* 07..23:30
RandomizedDelaySec=5m
Persistent=true

[Install]
WantedBy=timers.target

アップデートによって設定も初期化されたようです。
そして気付いたことが!
Debian9では上手く動かなかった時間指定が「..」を使ったレンジ方式で書かれています。
ということで、この部分を修正して
# systemctl daemon-reload
# systemctl restart anacron.timer
で完了と。

VirtualBox 6.0にUbuntu 18.04をインストールしたらエラーが気になる

今まで問題なく使用していたVirtualBox 5からVirtualBox 6.0.6に変更し、新規でUbuntu 18.04 LTSをインストールしました。
すると起動時にエラーが出ているのがチラチラ見えます。

直ぐに画面が切り替わりますし、運用上は特に問題なく使えています。
しかし、起動毎に2~3回この画面が出てくるのは気持ちいいものではありません。

*ERROR* Failed to send log

何か情報がないか検索してみましたが、今のところ有効な情報もなく諦め掛けていました。
そして全く別件でVirtualBoxの設定していたところ、このログが表示されることはなくなりました。

もしかしたら裏では出ていて見えなくなっているだけなのかもしれませんが、元々運用上の問題はなかったため解決でいいのではないかと(笑)
その設定が以下となります。

「設定」-「ディスプレイ」-「グラフィックスコントローラー」の設定をVSMVGAからVBoxVGAに変更します。

これだけなんですが、起動時にあのエラー表示は見えなくなりました。

雑所得の税金計算をする固定ページを作成

2019年度は雑所得が20万円を超えそうなので、追加の税金を別で取って置くために、確定申告をした際に必要になる税金を計算する固定ページを作成しました。
税率が変わる金額付近だと計算式も変わってしまい、思ったより計算が面倒だったので自分で使う用に作りました。
※計算結果に責任は負えませんのであくまでも参考程度にお考え下さい

雑所得の税金計算