「バッテリー」カテゴリーアーカイブ

電動ガンのコネクタをティーンズ(T型2P)コネクタに変更する

電動ガンで一般的に使われているコネクタは、タミヤ型(タミヤミニ型)と呼ばれるコネクタで
定格電流がMAX15Aとなっていて、リポバッテリーなどの放電能力が高いバッテリーには向きません。

とはいえ、セミメインですし、それほど酷使するとは思ってませんでしたので
そのままのコネクタで使用していました。
(実は交換が面倒だったんですけどね・・・)

ところが先日、FET化したPS90HCをセミで連射してたところ、ヒューズが飛んでしまいました。
調べてみると、FETは電源ON/OFFの際が一番負荷が掛かるようで、フルオートで撃つより
セミで頻繁に撃つ方が熱を持ちやすいそうです。

ヒューズが飛んだ直後にストック部を開け、コードを触ってみると、結構な熱を持っているのが分かりました。
ヒューズが先に飛んだから問題なかったものの、FET破損やコネクターが溶けるのを想像すると
これはちょっとまずそうだと感じたので、コネクターをタミヤ型から交換することにしました。

ラジコン界ではXT60コネクタが流行っているとの話も聞きましたが、電動ガンの世界では
純正のタミヤ型以外では、まだまだティーンズ(T型2P)コネクタが主流なので
今回はティーンズ(T型2P)コネクタに交換することにしました。
(XT60はハンダしやすい、安全、接続しやすい、大容量対応と優秀なコネクタです)

コネクタの交換自体は、ハンダ出来る人であれば特に問題ない作業です。
但し、オスのコネクタの交換の際は、火傷には十分注意してください。
(端子がむき出しで直ぐに熱くなって、温度が下がるまで少し時間が掛かります)

ティーンズ(T型2P)コネクタ1

銃側のコネクタも当然交換ですが、SOPMODだけはトリガートークの変換コネクタを使ってるので
変換コネクタのタミヤコネクタ部分を交換。

ティーンズ(T型2P)コネクタ2

ちなみコネクタの配線は切断すればいいのですが、外したコネクタは再利用が出来るので
ピンを抜いて再利用します。(変換コネクタ作成などに使えます)
コネクタからピンを抜くには、専用の工具を利用すると非常に簡単です。

私が使っているのは、イーグル模型のピンリムーバー(ミニコネクター用) (2290LP-GU)です。
エチゴヤさんで450円程度で売られています。
(ライラクスからもピンオープナーという名称で売られていますが2,000円近い価格で却下です)

ピンリムーバー

万一の場合、人にバッテリーを貸す可能性があるので、ティーンズとタミヤの変換コネクタを自作。
(写真と逆の変換コネクタは、B6互換機での充電用に以前作成していたので、今回は作成無し)

変換コネクタ

B6充電器とバッテリーチェッカー

リポバッテリー導入に従い、当然ながら充電器も必要となります。

リポバッテリー自体は、SOPMODのストック内に入るサイズなどの関係で
高いET1のリポバッテリーを購入しましたが、充電器は流石にET1のものを買う気になれない・・・

(保管モードもないし、細かい設定も出来ないのに高い)

ということで、リポを使う人は殆どの人が知っているであろうB6互換機を購入。
購入したのは正規品のB6なのですが、一般的には偽物がかなり出回っているようで
それらも含めてB6互換機と呼ばれているようです。

私が購入したものは正規品として売られていましたが、見分ける手段を知りません(笑)
(一応裏にシリアルナンバー入りのホログラムシールとかは貼ってありました)

iMax B6
B6

B6

購入した物の内容物は以下の通り

B6本体
英語マニュアル
本体付属のコネクター類
ACアダプター(別梱包)
日本語マニュアル(別梱包)

え~、確認してなかった私のミスですが、タミヤコネクターが入ってません!
T型コネクターとかは標準で付いてきていましたが、SOPMODで使う肝心のタミヤコネクターがありません。
(G36CVもコネクター変更していないのでタミヤコネクターです)
耐久性とかを考えれば、タミヤコネクターからT型に変えたほうがいいのですが
出来るだけ銃側には手を入れたくないので、タミヤコネクターを買ってきて配線を自作しました。
(B6の純正で挿すだけのタミヤコネクターがあるので、一緒に注文できる場合はその方が良いでしょう)

リポバッテリーの充電、放電はもちろん、保管モードでの充放電、ファストモードなどもあり
非常に機能豊富なのに安い!

ファストモードは90%くらいまでしか充電しない代わりに、終了までの速度が早いモードです。
充電時のアンペア数を上げるわけではなく、充電終了間際にアンペア数を落としながら充電して行くところを(落としながらなので遅い)やらずにさっさと終わらせるモードです。
急ぎの時なんかは非常に便利だと思います。

保管モードは、各セルの電圧を3.8Vにするモードです。
リポバッテリーは、空っぽでも満タンでも保管に向いていません。
中間くらいの状態で保管するのが、一番劣化が少ないそうです。
なので、その電圧まで自動的に調整してくれるのが保管モードです。

リポ充電1

リポ充電2

ちなみにニッケル水素バッテリーの充電も行えるので、純正の充電器も不要となりました・・・

ニッスイ充電1

ニッスイ充電2

ニッケル水素のモードには、サイクル充電というのがあって、放電、充電を繰り返し行えます。
(もちろん1回ずつでも可能)
なので、メモリー効果解消とか、新品購入時の慣らし充放電にも使えます。
指定した電圧まで指定したアンペアで放電して、満充電まで充電します。
(設定で逆も可)

これだけの機能が付いて値段も安いとなると、ET1の充電器を買う理由がありません・・・

リポバッテリーがデリケートなのは以前も書きましたが
本当にデリケートで、過放電は1回でもバッテリーとして機能しなくなることもあるようです。

そこで、万一の時でも気付くように、バッテリーチェッカーも導入しました。

イーグル模型 CellMeter-6 バッテリーチェッカー
CellMeter6

この機器はセル毎に指定の電圧を下回ったらブザーとLEDで知らせてくれます。
また、液晶画面にはトータル電圧、セル間の電圧差、セルの電圧を順番に表示していきます。

電圧設定は設定ボタンを押すことで、任意の電圧を指定できます。

CellMeter6

本当はストック内に収めようと思いましたが、サイズ的に厳しくて断念。
一番邪魔にならなそうな、ストックの裏側に取り付けました。
この位置なら左右どちらで構えても邪魔になりませんでした。

警告時の音が非常にうるさいので、ビープ音出すスピーカーの穴塞いでます(笑)
あと、両面テープでストックに止めているので、剥がれるようなら別の方法を考える必要があります。

2013/01/05 追記
チェッカー自体も電力を消費してるわけで、短時間しか走行しないラジコンと違い
撃たない状態の時も含め長い時間繋ぐことになる電動ガンだと、チェッカーの消費電力も気になります。

(チェッカーを繋ぐことで運用時間が極端に短くなれば意味がありません)
ということでチェッカーの消費電力を調べてみました。
ちなみにイエローラインの1100mAを使って調べました。

初期値
(B6充電器でバランス充電したがセルで若干違いがあるので、チェッカー自体の精度はあまり良くないのかもしれない)
合計:7.661V
セル1:3.844V
セル2:3.817V

1時間後
合計:7.651V
セル1:3.844V
セル2:3.807V

2時間後
合計:7.640V
セル1:3.837V
セル2:3.803V

結果から1時間で0.01V程低下しているのが分かります。
(セル2の方が多く消費される結果となりました)
10時間繋ぎっぱなしでも0.1Vの低下なので、個人的には常用しても問題はないレベルかと思います。