「iPhone」カテゴリーアーカイブ

ノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスイヤホン

JPRiDEという比較的安価な割には、性能はそれなりにいいワイヤレスイヤホンを販売しているメーカーがあります。
以前から新型が出ると購入していたのですが、この度ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンが登場しました。
メールで半額クーポンへの応募が送られてきたので、クーポンを利用して購入してみました。

JPRiDE ANC-510

元々の売価が¥6,800という、ノイズキャンセリング機能搭載機としては非常に安価な価格設定です。
その更に半額で購入できたので¥3,400でした。

普段使っているAirPods Proにアップルケアを付けた価格の実に10分の1です…
仮に割引がなくても5分の1という低価格です。

まず、この2つの大きな違いは、AirPods Proはトゥルーワイヤレスでコードがないのに対し、ANC-510はネックバンド型と呼ばれる左右のイヤホンがコードで繋がった形状ということです。
一見、トゥルーワイヤレスの方が完全上位に感じてしまいますが、トゥルーワイヤレスはバッテリーの持続時間に問題があります。
AirPods ProでノイズキャンセリングONで3時間半程度しか持ちませんが、ANC-510は連続再生時間12時間以上(メーカー公称値)となります。

さて、そんなことより一番気になるのは、安価な機種のノイズキャンセリングの効き具合なわけですが、JPRiDEの商品説明には以下のように書いてありました。
【ただし 全方位に完璧 とは言いません】 例えば、ANC-510のノイズキャンセリングの性能は、(現時点でおそらく最高峰の)アップル AIRPods PRO など(売価 30,000円 前後)と比較して 50%程度のインパクトですし、もともと静かな環境でANCを使用すると、ホワイトノイズが気になってしまうかもしれません。

実に正直です。
そして実際に使ってみても正に50%程度の効きだと感じます。
30%でも80%でもなく、50%というのが私が感じた印象です。

AirPods ProやSONYのWF-1000XM3などを使ったことがなければ「お~、ノイズキャンセリング機能凄い!」と思えるくらいの効果は十分にあると思います。
安価にノイズキャンセリング機能を体験したい人にとってJPRiDE ANC-510は凄くいいワイヤレスイヤホンだと思います。

ノイズキャンセリング以外の音質についても、安価な割には悪くない音だと個人的には思います。
(好みの音質は個人によって様々ですので、あくまでも個人的な感想です)

但しAirPods Proのように外部音の取り込み機能はありませんので、外部音取り込みを重視した人にとっては選択肢から外れてしまうでしょう。
AirPods Proの凄いところは、単純なノイズキャンセリングのON/OFFだけでなく、外部音取り込みがあることです。
しかも凄くナチュラルに外部音を取り込んでくれるので、音楽を流していなければAirPods Proを装着していないかのような錯覚に陥るほどです。
(大げさに聞こえるかもしれませんが、使ってみると分かる凄さです)

今後はJPRiDE ANC-510のような安価な機種にも外部音取り込みが搭載されてくることもあるかと思います。
その時は、また購入して50%の性能なのかを試してみたいと思っています。

最後に全くノイズキャンセリングとは関係ないですが、写真に写っているAirPods Proのケースカバーについてです。
写真のケースカバーはAppleストア限定のIncase AirPods Pro Case with Woolenexという製品です。
お値段はAppleストア限定だけあって、ケースカバーとしては少し高めですが非常に気に入っているケースカバーです。
見た目も手触りも非常にいいです。
無印AirPods用には以前から販売されていた製品なので、ご存知の方も多いと思いますが、Pro用も少し前に販売開始となりました。
現時点でPro用には、AirPods用のようなカラーバリエーションがまだありませんので、ブラック以外が欲しい方は暫く待つことになってしまいそうです。
(私は待てなくてブラックを購入しました)

AppleWatch用リンクブレスレット(純正とコピー品の比較)

AppleWatchシリーズ4を購入してミラネーゼループのコピー品、いわゆる「パチネーゼ」というのを使っていましたが、リンクブレスレットも純正品・コピー品ともに買ってみました。
(最初にコピー品を購入し、後からやっぱり純正品が欲しくなり純正を購入しました)

まずは純正品の刻印から。

安いコピー品にこの刻印はなく、純正を証明するものです。
ウォッチ本体に取り付ける部分にも刻印がありますが、スペースブラックでは非常に見辛いです。

最近は刻印まで精巧にコピーされたものもありますが、コピー品なのに1万円後半する中途半端な価格で、中古の純正品が買えてしまう値段です。
今回はそんな中途半端に高いものではなく、海外からの輸入で5,000円以下で買える安いコピー品です。

これからの写真は特に指定がない場合、上が純正で下がコピー品となります。

コマ数は全コマではなく、私の腕のサイズに合わせてコマ数を揃えています。
上の写真で純正の方が艶があるのが分かりますでしょうか?
(写真だと微妙な表現をお伝えするのが難しい)

光の加減でそう見える可能性があるので、すぐ下の写真のみ上がコピー品、下が純正と逆にしています。
(白っぽく映ってますが、実際に見ると純正の方が艶があります)

純正は艶があるゆえにスペースブラックでも指紋などが目立ちやすく、人によっては純正よりマットな感じのコピー品の質感が好きという人もいるかもしれません。
純正のコーティングはDLCコーティングというとても丈夫で高価なコーティングが施されているため、単純な品質でいえば明らかに純正が上であることは言うまでもありません。

ここからの写真は再び上が純正、下がコピー品に戻ります。

長さは全く同じになっていますが、コピー品の方が取り外せるコマが1つ多くなっています。
なぜ全く同じにしなかったのかは不明ですが、調整範囲としてはコピー品の方が幅が広いことになります。

非常に細かい部分を見れば多少の違いはありますが、殆ど純正を忠実にコピーしており、ぱっと見では正直違いは分かりません。

コマも純正と同じ作りで、なんとコピー品のコマが純正品にピッタリはまります…

下の2枚の写真はコピー品のコマを1つだけ純正にはめたところです。

こうやってみると微妙に色が違うのが分かってもらえるかと思います。

横から見ると艶の違いは歴然で、純正品は凄く艶があるのに対して、コピー品は殆ど艶がありません。

限界まで丸めてみると純正の方がより曲がることが分かります。
可動域という意味では純正の方が若干上で柔軟性があることになります。

重さも測ってみました。
(写真のコマ数での重さになります)

純正が59gでコピー品が57gでした。
コピー品の方が若干軽く、これが材質の違いからくるものなのか、肉抜きなどの構造上の違いから来るのかまでは分かりません。

正直、腕に付けているのを単体で見ても純正品かコピー品かの判断は付かないかと思います。
耐久性などは長く使わないと分かりませんので、コピー品がどれくらいの耐久性を持っているのかも分かりません。

とはいえ、純正に比べてここまで低価格だと、数カ月で壊れてもそんなに痛くないかも?と思ったりしましたが、万が一時計が落下して本体まで故障してしまうと高くつく可能性もあります。
やはりコピー品は「壊れても仕方なし!」と自己責任で割り切って使える方向けだと思います。

AppleWatch用ミラネーゼループ(コピー品)

AppleWatchシリーズ4を購入したので、ベルトを交換してみようと思い純正品を見たら…
高い!
個人的に良さそうと思ったミラネーゼループが¥16,800 (税別)
スペースブラックリンクブレスレットが¥44,800 (税別)
(スペースブラックリンクブレスレットはこれでも値下げ後の価格で、値下げ前は55,800円(税別)というビックリ価格でした)

リンクブレスレットとかWatch本体買えちゃいますよ…

ということで、高価な純正は買わずに安いコピー品を買うことに。
(ミラネーゼループのコピー品を買ったのはこの記事を書く1カ月ほど前で、リンクブレスレットの純正品とコピー品も買ってみたので、別に書いている比較記事をご覧ください)

安かったのでAmazonにてミラネーゼループのコピー品、いわゆる「パチネーゼ」のブラックとスペースグレーの2本を購入。

写真の上がブラックで下がスペースグレーです。

写真でも実物でもグレーはそこまでグレーではなく、ブラックに近いグレーです。
(それがスペースグレーという色なんでしょうけど)

ミラネーゼループの本物を持っていないので、本物とどれくらい違うかは正直分かりませんが、付けた感じはこの2本でも違いました…
付けた感じはどちらも変わらないのですが、ブラックは全く問題ないのに対して、スペースグレーは腕の毛が引っかかってチクチクします。
(決して腕の毛は薄くはありませんが、そんなに毛深い方でもないと思います…)

なぜ黒は何ともないのにスペースグレーでチクチクするかは、見た目では全く分かりません。
安く済ませたい人には良い商品だと思いますが、お金がある人は純正を買いましょう(笑)

iPhone用 エレコム 衝撃吸収 ZEROSHOCK

Androidを含め、今までスマホを落としても割れたことがなかったので、薄めのケースを主に使っていました。
先日、iPhoneを落としたら画面にヒビが…
ただガラスフィルムこそバキバキに割れましたが、iPhoneのガラス自体はほぼ無事でした。
ただ隅の方は落とした時に当たったのか少し欠けてました。

そんなに高い距離でもなく、激しく打ち付けられたわけでもありませんが、やはり当たる角度によっては非常にもろいのだと感じました。
(世の中に液晶割れてる人が沢山いるわけですね)

そこで耐衝撃なスマホケースを検討することにしました。
最初はみんな使ってる(家族も1人使ってます) iFaceを検討しました。
iFaceといえばFirst Classですが、First ClassはQi充電(ワイヤレス充電)に対応していません。
中に金属が入っているためQi充電を遮ってしまうのです。

iFaceの他のデザインだとiFace感ががあまりなく好きではなかったので、今回はiFaceを見送りました。

色々と見てみた結果、 エレコムのZEROSHOCKを検討することに。

しかし調べてもQi充電で使えるのかはっきり分かりません。
(使える、使えないの両方が少数出てはきますがはっきりしない)

アウトレットや在庫処分で安くなっていこともあり、購入して自身で検証することにしました。

エレコム iPhone 8用ZEROSHOCK/スタンダード
iPhone 8用ZEROSHOCK/スタンダードiPhone 8用ZEROSHOCK/スタンダード

ワイヤレス充電可能かテストした環境は以下となります。

1.テストしたケース
エレコム iPhone 8用ZEROSHOCK/スタンダード

2.テストしたiPhone
iPhone7+Qiワイヤレスレシーバー
iPhone8

3.テストしたQi充電器
NANAMI Qi 7.5W 急速ワイヤレス充電器
RAVPower Qi 急速 ワイヤレス充電器RP-PC068
Vicstar モバイルバッテリー ワイヤレス 充電 Qi対応

全ての組み合わせで問題なくワイヤレス充電が可能でした。
充電速度の低下もありませんでした。

以前のZEROSHOCKは裏の模様部分が金属製のものがあったようですが、現在はポリカーボネート製になっており、ワイヤレス充電を妨げないようです。
カバー自体に厚みがあるので、充電器によっては充電できないものがある可能性は否定できませんが、一般的なQi対応の充電器であれば問題ないように思います。
(モバイル充電器のワイヤレス充電でもケースの厚みによる速度低下はありませんでしたので)

四隅が特徴的なので好き嫌いが分かれるデザインではありますが、デザインが嫌でなければ耐衝撃ケースを探している人にはお勧めのケースです。

楽天モバイルのスーパーホーダイ低速でnasneの録画が見れるのか?

MVNOである楽天モバイルにスーパーホーダイというプランがあります。
(ローラがCMしていたので知ってる方も多いと思います)
月額2,980円で10分間の電話かけ放題+2Gのデータ通信というプランです。
3年契約だと2年間1,480円に割引になります。
(3年目からは2,980円に戻ります)
私は楽天のダイアモンド会員なので1回線目のみ1年間更に500円引きとなり、1年目は980円という低価格での利用が可能です。
また楽天ブラックカードを所持しているので、楽天モバイル利用料に対するポイントが1年間20倍になります!
他に楽天モバイルを2回線契約しているので、意外とこのポイント20倍も馬鹿になりません。
(楽天の囲い込みにハマり過ぎですね…)

スーパーホーダイの凄いところは、データ通信を使い切っても低速が一部の時間帯を除き1Mbps出るところです。
普通は容量を使い切って低速になると200kbpsまで速度が低下、酷いところは128kbpsまで低下し、ブラウジングすら困難な状況になります。
1Mbps出ていればブラウジングはもちろん、低画質な動画ならなんとか見れる速度です。

ということでnasneで録画した番組をスーパーホーダイ低速利用のiPhoneで視聴することができるのか試してみました。

まずはtorne(トルネ)™ mobileを使ってみました。
トルネmobile
トルネmobileはインストールこそ無料ですが視聴するには600円のアプリ内課金が必要です。
見た目や機能はPS版やVita版のtorneとほぼ同様で1.2~2倍速まで音声を再生しながら見れるので非常に便利です。
シーンサーチやニコニコ実況連携なんかもできちゃいます。
WIFIでの接続時やモバイルの高速通信では全く問題なく使用でき、iPhoneではこのアプリが一番nasneを活用できると思います。
キャリアの大容量プランで契約している人には、間違いなくトルネmobileをお勧めします。

しかし問題はスーパーホーダイ低速です。
画質を「速度優先」にしても直ぐに途切れて視聴はほぼ無理でした。
残念…

そこで次に試したのはソニーのVideo & TV SideViewです。
Video & TV SideView
こちらもインストール自体は無料ですが、モバイル視聴するためには600円のアプリ内課金が必要です。
ちなみに録画予約機能はトルネmobile同様に課金しなくても使用可能です。

早速課金してVideo & TV SideViewにてnasneの録画番組をスーパーホーダイ低速で再生してみました。
トルネmobileほどではないものの、それなりに頻繁に途切れてしまうため、視聴は不可能ではないが困難と言わざるを得ません。
再生は480pで行われており、もう少し画質が落とせれば実用範囲になりそうではありますが、現状では無理でした。
ソニーには「更なる低画質での視聴を可能にして欲しい」と要望のメールを送っておきました。

というわけで楽天モバイルのスーパーホーダイ低速ではnasneの録画視聴は困難であるという結論となりました。
残念です。

ここからは番外編です。
トルネmobileではPS版トルネで可能なソニー製レコーダーを操作する「レコ×トルネ」の機能追加に対応していません。
一方、Video & TV SideViewはnasne専用ではなくソニー製品なので、特に課金も必要なくソニー製レコーダーとの連携が可能です。
再生のためのモバイル視聴課金600円は当然必要です。
(1回の課金でnasneとレコーダーの両方がモバイル視聴可能となります)

私の環境はnasne2台とソニー製レコーダーBDZ-EW520の計3台体制なので、折角Video & TV SideViewに課金もしたことですし、レコーダーの録画番組をVideo & TV SideViewでモバイル視聴できないか試してみました。

BDZ-EW520で録画した番組を再生すると画質を360p、180pの二つから選ぶことができます。
(画質の設定によってはレコーダーで録画したものは720pも選べるようですが、モバイル視聴が前提なので試していません)

スーパーホーダイ低速での360pだと時々途切れますが、視聴できなくはないくらいの途切れです。
これなら可能と言ってもいいかもしれません。
(通信が不安定になると途切れも酷くなります)

そして選択できる画質としては最低の180pですが、これならスーパーホーダイ低速でも全く問題なく視聴可能でした。
30分ほど再生して1回途切れただけでした。
180pなので画質はそれなりに悪いですが、小さな文字を読まなければならないような番組でなければ問題ないです。
今まではnasneがメインでレコーダーではあまり録画していませんでしたが、これからはモバイル視聴のためにレコーダーでの録画が増えそうです。

今回の結果ではnasneの方は残念な結果に終わりましたが、今後180p程度の低画質視聴に対応してくれることを期待しています。