「HK417」カテゴリーアーカイブ

VFC HK417 GBBのバッファをHephaestus製アルミバッファに交換

VFC HK417 GBB用のアルミ製バッファがヘパイストスから発売されました。
国内ではFOXにて「Hephaestus ハードリコイルアルミバッファ・VFC HK417 GBB」という名前で売られてます。

Enhanced Buffer Kit for Umarex/VFC HK417 GBB Series
Enhanced Buffer Kit for Umarex/VFC HK417 GBB Serie

外側はアルミのCNC削りだしで中にスチールのウェイトが入ってるという構造です。

Enhanced Buffer Kit for Umarex/VFC HK417 GBB Serie

売られてる状態は全部組まれた状態なので、純正のバッファと交換するだけでOKです。

Enhanced Buffer Kit for Umarex/VFC HK417 GBB Serie

早速417をテイクダウン。
ピンを1本引っ張るだけでテイクダウン出来ます。

VFC HK417 GBBテイクダウン

下の写真の赤丸の部分にある爪を押すだけでバッファを取り出せます。

ノーマルバッファー取り外し ノーマルバッファー取り外し2

ノーマルバッファーとHephaestus製アルミバッファとの比較です。
重さはもちろんアルミバッファの方が重いです。

ノーマルバッファーとの比較

純正のバッファと入れ替えて押し込めば爪が掛かって交換終了です。
交換は超簡単です。
フィールドに持って行って交換しても10秒で交換できます!

アルミバッファー取り付け

交換後に実際に撃ってみました。
リコイルは確実に強くなりましたが、フルオートで撃つと明らかにサイクルは落ちます。
(この時期の気温ですので、そもそもサイクル遅めですが・・・)
セミ主体で使う場合はサイクル遅くても問題ないかと思いますが
フルオート利用ならノーマルのバッファーの方が撃ってて気持ちいいですね。

リコイルを取るか、サイクルを取るか。
交換は簡単なので季節(気温)で変えるのもいいですね。

HK417の光学機器をLEAPERS製 ACCUSHOTに載せ換え

HK417 16inch Barrel 13inch Handguard

HK417にはドットサイト(ルビーコート)仕様のACOGを載せてましたが
迫力を増し、且つ実用性のある低倍率スコープに載せ換えました。
(上の写真はACOG仕様)

LEAPERS製 ACCUSHOT 1-4X28 30mm CQBズームスコープ
ACCUSHOT & Larue LT104タイプマウント

ACCUSHOT on HK417

取り外したドットサイト仕様ACOGはM4に載せ換え。
M4はCOMP M4s+3倍ブースター仕様でしたが
ブースターはアイレリーフが短く実質飾りでした・・・

ACOG on M4

M4とHK417の比較

M4 & HK417

M4より一回り以上大きいです。
もちろんその分重いです(笑)

VFC HK417 20inエクステンションピース

久々にVFC HK417 20inエクステンションピースが売ってたので購入。

本当は20インチスナイパーコンバージョンキットと16inエクステンションピースを
買う予定だったけど、20インチスナイパーコンバージョンキットが
売り切れていたために20インチ仕様にすることができませんでした。

VFC HK417 20inエクステンションピース

VFC HK417 20inエクステンションピース装着

これでやっと20インチ仕様になりました。

非常にフロントへヴィーなのでゲームには向かないと思いますが見た目は最高です。

HK417 Recon

HK417で目指してる形はこれ。
(実際にゲームで使用する際、バイポッドなどは邪魔なので外しますが・・・)

HK417Recon

ACOGは載せたし、ダミーカートステッカーも貼った。
(本当はTA11のような大きめのACOGを載せたいところですが、レプリカがないので仕方なし)

PEQは実際にライトとしても機能する手持ちの物を装着。

バイポッドもハリスタイプ、ベルサタイプを持っていますが
今回はレールハンドガードにマッチしそうなGG&Gタイプレを選択してみました。
(こうやって段々と最初に目指した写真からは離れて行くわけですが・・・)

GG&G タクティカルバイポッド

GG&G タクティカルバイポッド2

VFC HK417 GBB Recon

VFC HK417 GBB Recon2

VFC HK417 GBB Recon3

VFC HK417 GBB ダミーカート マガジンステッカー(Azimuth)

VFC HK417 GBB
出来は非常に良いのですが、残念な点が一つ。

マガジンがシースルーのリアルダミーカート版ではないことです。

G36やHK417なんかは、このシースルーマガジンが好きな部分の1つです。

以前からAzimuthがダミーカートステッカーを作成しているのは知っていましたが
やっと発売になったものの海外なので取引が面倒だと思ってました。
そんな時に「逸品屋」さんが輸入して個別販売しているのを発見!
4セット分購入しました。

Azimuth HK417 Magazine Sticker

ステッカーが入っている袋のラベルの2次元バーコードを読むと
インストール方法紹介のページのURLにアクセスできます。

PC方は以下のURLで同じページが見れます。

https://www.facebook.com/notes/azimuth/hk417-magazine-sticker-installation-guide/815832628467262

インストール方法は紹介ページがあるので省略しますが
ちょっとだけコツがあったので紹介します。

綺麗にセンターに貼るとマガジンのプラケースに戻す際に非常に固いです。
これはステッカーがマガジンを貼る面積よりも若干大きいため
綺麗にセンターに貼ると、前側も後ろ側も少しだけはみ出て折り込む感じになります。

この状態で戻そうとすると、前後にステッカー分の隙間が必要になり
非常にきつい状態になるのだと思われます。

なので、片方に寄せてしまって貼るか、はみ出て折り込む分をカッターで切り取れば
ハンマーで叩かないと入らないほどきつくはならないと思います。
(実際にきつくて入らなかったものを、片方に寄せて張り直したら入るようになりました)

ステッカーを張っただけ状態だと下の写真のような見た目になります。
(明らかにステッカーです)

Azimuth HK417 Magazine Sticker2

これをプラケースに戻すと、割といい感じに見えるようになります。

が、あくまでもそのままよりは良いという程度であって
やはりステッカーであるのは完全に分かります。

ステッカーだとどう頑張っても立体感はないですから。
(写真で見ると立体感ありそうに見えるんですがね・・・)

まあ、遠目に見ればそれなりには見えるでしょう。

Azimuth HK417 Magazine Sticker3

Azimuth HK417 Magazine Sticker4

Azimuth HK417 Magazine Sticker5

Azimuth HK417 Magazine Sticker6

VFC HK417 16in Recon Conversion Kit

スナイパー仕様にしようと思っていたVFC HK417 GBBですが
注文してた20inchスナイパー コンバージョンキットが
入荷時期未定になったと連絡が入りました。
(入荷予定ありとのことで注文してたのですが・・・)

16インチのRecon コンバージョンキットなら入荷とのことで
待ってても入荷しそうにない20インチを諦めて変更しました。

既に16インチエクステンションバレルを購入していたので
16インチエクステンションバレルが2本になりました(笑)
(そのうち20インチエクステンションバレルも購入予定)

こんな箱に入って届きました。
VFC HK417 16in Recon Conversion Kit

中身はスナイパー コンバージョンキットと同じで
20インチアウターから16インチアウターに変更になってるだけ。
VFC HK417 16in Recon Conversion Kit中身

まずはノーマル状態の9インチハンドガードに12インチバレル
HK417 12inch Barrel 9inch Handguard
9インチハンドガードに16インチバレル
HK417 16inch Barrel 9inch Handguard
13インチハンドガードに16インチバレル
HK417 16inch Barrel 13inch Handguard
13インチハンドガードに20インチバレル
(16インチを継ぎ足してそれらしく見せてるので、実際には21.5インチくらいあります)
HK417 20inch Barrel 13inch Handguard

見た目はやっぱり20インチバージョンがカッコいいな・・・