Aimpoint Comp M4s

Aimpointのモデルの中では新しいタイプのComp M4sです。(もちろんレプリカ!)

Eotechのホロサイトレプリカは、円の中にドットがあり、私が買ったものは各距離で狙えるように更に点が3つあるというもので、ゴチャゴチャ感が満載でとっさのサイディングがやり難かった。
(あくまでも個人的な感想です)
やっぱり単独ドットの方が、シンプルでサイディングし易いと感じます。

Comp M2(こちらもレプリカ)は持っていたので、Comp M4と比較してみました。

COMP M2とM4Sの比較(青さ)
COMP M2とM4Sの比較(青さ)

まずは青さの比較から。

M4sの方が断然青いです。
(ルビーコーティング自体がM2に比べて濃いです)

視認性がそれほど悪くなるわけではありませんが、Comp M2の方が優秀だと思います。

COMP M2とM4Sの比較(最低輝度)
COMP M2とM4Sの比較(最低輝度)

次に輝度の比較ですが、M2は5段階、M4sは7段階の輝度調整が可能でした。

上の写真が最低輝度で、下の写真は最高輝度です。
(ドットの写真を取るのに露出調整が難しくて、なかなか上手く撮れません・・・)

最低輝度は殆ど同じです。
最高輝度はM4sの圧勝です。
M2でも昼間十分に見えるとは思いますが、M4sは更に明るいので、夏の太陽光の下でも使えると思います。

(蛍光灯を覗いてみてもM2に比べてドットがはっきり見えます)

COMP M2とM4Sの比較(最高輝度)
COMP M2とM4Sの比較(最高輝度)

COMP M4s
COMP M4s

このComp M4sは刻印なしモデルです。
M4sの刻印モデルが既に売り切れており、どこにも売っていなので刻印なしモデルにしました。

(M4の刻印モデルなら売ってましたが、最新のM4sが欲しかった)

一緒にブースターを取り付けているので、M4sがどうしてもフレームのレールとハンドガードのレールを跨ぐことになりました。
RISIIのハンドガードのレールの方が、フレームのレールより少しだけ高いので、そのまま跨いで取り付けると、M4sが歪んで取り付けられてしまいました。
なので、後方のマウントの下に0.5mmのプラ板を張り付け、サイトのマウント側で高さを調整しています。
ゼロインなどは全く問題なし。

レンズがもう少し薄くて、刻印があれば言うことないんですが、レプリカにそこまで求めるのは酷か・・・
(バトラーキャップ付けたままですが、外した方がカッコいいです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。