「Android」カテゴリーアーカイブ

ノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスイヤホン

JPRiDEという比較的安価な割には、性能はそれなりにいいワイヤレスイヤホンを販売しているメーカーがあります。
以前から新型が出ると購入していたのですが、この度ノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンが登場しました。
メールで半額クーポンへの応募が送られてきたので、クーポンを利用して購入してみました。

JPRiDE ANC-510

元々の売価が¥6,800という、ノイズキャンセリング機能搭載機としては非常に安価な価格設定です。
その更に半額で購入できたので¥3,400でした。

普段使っているAirPods Proにアップルケアを付けた価格の実に10分の1です…
仮に割引がなくても5分の1という低価格です。

まず、この2つの大きな違いは、AirPods Proはトゥルーワイヤレスでコードがないのに対し、ANC-510はネックバンド型と呼ばれる左右のイヤホンがコードで繋がった形状ということです。
一見、トゥルーワイヤレスの方が完全上位に感じてしまいますが、トゥルーワイヤレスはバッテリーの持続時間に問題があります。
AirPods ProでノイズキャンセリングONで3時間半程度しか持ちませんが、ANC-510は連続再生時間12時間以上(メーカー公称値)となります。

さて、そんなことより一番気になるのは、安価な機種のノイズキャンセリングの効き具合なわけですが、JPRiDEの商品説明には以下のように書いてありました。
【ただし 全方位に完璧 とは言いません】 例えば、ANC-510のノイズキャンセリングの性能は、(現時点でおそらく最高峰の)アップル AIRPods PRO など(売価 30,000円 前後)と比較して 50%程度のインパクトですし、もともと静かな環境でANCを使用すると、ホワイトノイズが気になってしまうかもしれません。

実に正直です。
そして実際に使ってみても正に50%程度の効きだと感じます。
30%でも80%でもなく、50%というのが私が感じた印象です。

AirPods ProやSONYのWF-1000XM3などを使ったことがなければ「お~、ノイズキャンセリング機能凄い!」と思えるくらいの効果は十分にあると思います。
安価にノイズキャンセリング機能を体験したい人にとってJPRiDE ANC-510は凄くいいワイヤレスイヤホンだと思います。

ノイズキャンセリング以外の音質についても、安価な割には悪くない音だと個人的には思います。
(好みの音質は個人によって様々ですので、あくまでも個人的な感想です)

但しAirPods Proのように外部音の取り込み機能はありませんので、外部音取り込みを重視した人にとっては選択肢から外れてしまうでしょう。
AirPods Proの凄いところは、単純なノイズキャンセリングのON/OFFだけでなく、外部音取り込みがあることです。
しかも凄くナチュラルに外部音を取り込んでくれるので、音楽を流していなければAirPods Proを装着していないかのような錯覚に陥るほどです。
(大げさに聞こえるかもしれませんが、使ってみると分かる凄さです)

今後はJPRiDE ANC-510のような安価な機種にも外部音取り込みが搭載されてくることもあるかと思います。
その時は、また購入して50%の性能なのかを試してみたいと思っています。

最後に全くノイズキャンセリングとは関係ないですが、写真に写っているAirPods Proのケースカバーについてです。
写真のケースカバーはAppleストア限定のIncase AirPods Pro Case with Woolenexという製品です。
お値段はAppleストア限定だけあって、ケースカバーとしては少し高めですが非常に気に入っているケースカバーです。
見た目も手触りも非常にいいです。
無印AirPods用には以前から販売されていた製品なので、ご存知の方も多いと思いますが、Pro用も少し前に販売開始となりました。
現時点でPro用には、AirPods用のようなカラーバリエーションがまだありませんので、ブラック以外が欲しい方は暫く待つことになってしまいそうです。
(私は待てなくてブラックを購入しました)

GALAXY S4 SC-04EでMVNO SIM使用時にテザリングを有効にする(Android5.0.1 Lollipop版 完結編)

※最悪、端末が動かなくなる可能性があります。
自己責任で行ってください。

framework-res.apkを書き換えなくてもS4 SC-04EのLollipopでテザリングが可能となりました。
以下のサイトを参考に実行したところ、全く問題なくWIFI、USBテザリング可能となりました。
作者さんに感謝。

Docomo Galaxy Lollipop Tethering Fix
※既にリンク先のサイトはなくなっているようです

手順は上記サイトにも書かれていますが、一応ここにも書いておきます。

まず準備から。

当然ながらroot化は必要となります。
BusyBoxのインストールも必要となります。
BusyBoxをインストール後にBusyBoxを起動し、root権限を与えてからBusyBox内で拡張コマンドのInstallを行ってください。

最後に上記サイトからdocomo_galaxy_lollipop_tethering_fix_v.1.sh.txtをDLし、SC-04EのSDカードにコピーします。
(ここではSDカードのルートにコピーし、ファイル名をtethering.shに変更しています)

次にコマンドプロンプトからADBを起動します。
(PCにAndroidSDKと端末のUSBドライバを入れ、端末のUSBデバッグをONにする必要あり)

コマンドプロンプトからUSBデバッグ経由でshellを起動します。

adb.exe shell

# su -c /storage/extSdCard/tethering.sh

処理が終わればDone.と表示されて終了です。
(念のため再起動しましょう)

非常に簡単です。

もし動作がおかしくなったり、動かなくなったら
スクリプトの中を見てみたら/system/lib/libsec-ril.soを書き換えているようです。
また/system/lib/libsec-ril.soは書き換え前に名前を変えてコピーされています。
なので、動きがおかしくなったり元に戻したい場合は、/system/lib/libsec-ril.soを削除し、バックアップファイルを/system/lib/libsec-ril.soにリネームすればOKです。

/system/lib/libsec-ril.so.bakという名前でバックアップされています。

GALAXY S4 SC-04EでMVNO SIM使用時にテザリングを有効にする(Android5.0.1 Lollipop版)

2016/02/16 追記
完璧な方法が見つかりましたので、以下の記事へどうぞ。
GALAXY S4 SC-04EでMVNO SIM使用時にテザリングを有効にする(Android5.0.1 Lollipop版 完結編)

SC-04EにLollipopのアップデートが来たので入れてみました。
root化も基本的には依然と同じやり方で問題なしでした。
GALAXY S4 SC-04Eをroot化

テザリング使用可能にする基本的なやり方は
以前のframework-res.apkを書き換えるやり方ですが
今まで通りの方法では出来ませんでしたので
差分だけこちらに書きたいと思います。
以前の記事は以下を参照ください。
GALAXY S4 SC-04EでMVNO SIM使用時にテザリングを有効にする

まず配布して頂いてるAPK-Multi-Tool v2.0 日本語版 AndroPlusですが
Android5.X系では上手くデコンパイル出来ません。
一部のファイルを入れ替える必要があります。
詳しくは以下のURLに記載されていますので参考にしてください。
Android 5.xのapkをデコンパイルするときの注意点

以前のファームと同じようにstrings.xmlを書き換えてみましたが
依然と同じように書いてもテザリング出来ませんでした。
の中身を空にすべく以下のように書き換えてみました。

結果はNGで繋がりません。

そういえば以前の記事のコメントでkkuroさんが別機種のGalaxyS5(SC-04F)にて
エラーは出るもののテザリング出来たと書き込まれていたのを思い出し
SC-04Eでも試してみることにしました。

kkuroさんのSIMはSMS対応のデータSIMとのことでした。
私が試すのは音声通話付きのOCN MOBILE ONEのSIMです。

早速kkuroさんがやられたのと同じようにの行自体を削除してframework-res.apkを再作成。
削除するのはframework-res.apk\res\values\strings.xml内の以下の行です。
docomo_hotspot,dcmtrg.ne.jp,,,,,,,,,440,10,,default,supl

書き換えて再起動して試してみるとやはり以下のエラーが発生しました。
「プロセスcom.android.phoneは停止しました。」

その後エラーのダイアログを閉じると、一瞬画面が少しだけ暗くなり
直ぐに元に戻る感じで問題なさそうに動いてます。
(恐らくそのタイミングでプロセスが再起動してると予測)

テザリング中に電話を掛けても正常に繋がりましたし
こちらから電話を掛けても何ら問題ありませんでした。
もちろんWifi経由でのテザリングも全く問題なし。
LTEでテザリングされるので通信速度も結構快適です。

テザリング中にAP名などを変更したり、テザリングを何度もON/OFFしてたら
1回だけおかしくなりテザリングが出来なくなりましたが
機内モードにして解除したり、再起動したりすることで
再び正常にテザリングが使えるようになりました。
(その後テザリングのON/OFFを繰り返しても特に問題はないようです)

ということで、エラーメッセージは表示されるものの
使用上は特に問題なくWifiでのテザリングが使えるようになりました。

今回のframework-res.apkは特にプロバイダ別の設定があるわけではないので
私が作り直したものがそのまま使えると思います。

以下に作り直したframework-res.apkをアップしておきます。
Lollipop(Android5.0.1)用framework-res.apk

GALAXY S4 SC-04EでMVNO SIM使用時にテザリングを有効にする

※この内容の改造を行うには、端末のroot権限を取得する必要があります。
また、CWMも導入やAndroidSDKを使えるようにしておく必要があります。
端末が起動しなくなる可能性もあるので、改造は自己責任で行ってください。

SC-04Eの最新ファーム(SC04EOMUFNI3)で動作を確認しています。
--------------------
Android5.0.1 LollipopでもWifiでのテザリングが可能でした。
Lollipopでやるにあたって、こちらの記事との差を以下の記事で書いてます。

GALAXY S4 SC-04EでMVNO SIM使用時にテザリングを有効にする(Android5.0.1 Lollipop版)
--------------------

まずは準備から。

APK-Multi-Toolをダウンロードします。
日本語化されたものもあります。
APK-Multi-Tool v2.0 日本語版 AndroPlus

APK-Multi-Toolの使い方は、以下のサイトが参考になります。
APKのデコンパイル/再コンパイルツール APK-Multi-Tool AndroPlus

コマンドプロンプトからADB接続で以下のコマンドを実行し
端末からframework-res.apkをPCにコピーします。
(万一の為にバックアップも取っておくといいでしょう)

cd <framework-res.apkファイルをコピーしたいフォルダのパス>
adb.exe pull /system/framework/framework-res.apk

では早速始めます。

APK-Multi-Tool/Setup.batを実行します。

APK-Multi-Tool_1_1

画面が起動したら「3」を選択し「Enter」

APK-Multi-Tool_1_2

必要なフォルダが作成されたら、何かキーを押して元の画面に戻ります。
framework-res.apkを以下の2つのフォルダにコピーします。
APK-Multi-Tool/other
APK-Multi-Tool/place-apk-here-for-modding
そして「2」を選択し「Enter」

下の画面が表示されるので「1」を選択し「Enter」

APK-Multi-Tool_1_3

別画面が表示されるので画面に従い何かキーを押してください。

APK-Multi-Tool_1_4

I: Framework installed to: ~と表示されたら成功していますので、別ポップした画面を閉じます。

元の画面に戻って「00」を選択し「Enter」して一旦終了します。

次のステップに進みます。

APK-Multi-Tool/Script.batを実行します。
以下の画面が表示されるので「23」を選択し「Enter」

APK-Multi-Tool_1_5

圧縮レベルを入力してください(0-9) :と表示されたら「0」を選択し「Enter」

数字を入力してください:という表示に戻るので「27」を選択し「Enter」

現在のプロジェクトとしてセットするファイルを選んでください。
数字を入力:

と表示されたら「1」を選択し「Enter」

数字を入力してください:
という表示に戻るので「9」を選択し「Enter」

これでデコンパイルが開始されます。

デコンパイルが完了すると以下のメッセージが表示されるのでYを押してフォルダを開きます。

framework-res.apk のデコンパイルが完了しました。projects\framework-res.apkフォルダを開きますか?
(Y)はい (N)いいえ
入力してください:

フォルダAPK-Multi-Tool/ojects/framework-res.apkが開くので
更にその下にある目的のファイルを開きます。
目的のパスは以下です。
(元のメニュー画面に戻りますが、画面は開いたままでOKです)

APK-Multi-Tool\projects\framework-res.apk\res\values\strings.xml

strings.xmlをメモ帳やエディターで開きます。

開いたら以下の行を検索します。

docomo_hotspot,dcmtrg.ne.jp,,,,,,,,,440,10,,default,supl

上の行を自分が使用してるSIMのAPNに書き換えます。

1.OCNモバイルONEの場合
ocn_one,lte-d.ocn.ne.jp,,,mobileid@ocn,mobile,,,,,440,10,3,*

2.IIJmioの場合
IIJmio,iijmio.jp,,,mio@iij,iij,,,,,440,10,3,*

他のAPNの場合は、以下の内容をセットしてください。
名前,APN,プロキシ,ポート,ユーザー名,パスワード,サー バー,MMSC,MMSプロキシ,MMSポート,MCC,MNC,認証タイプ,APNタイプ

書き換えが終わったらScript.batで起動していた画面に戻ります。

数字を入力してください:という表示になってると思うので「11」を選択し「Enter」

コンパイルが始まるので暫く待ちます。

エラーを防止するため元のapkから
編集していないファイルをコピーしますか”?^(y/n^)
入力してください:

と表示されたら「y」を選択し「Enter」

ファイルがコピーされ画面が止まったら以下のメッセージが表示されます。
※ここではまだ何も押さずに次へ進みます。

APK Multi-Toolsフォルダにkeepフォルダを作成しました。
編集したファイルを削除し、編集していないファイルは
そのままにしてください。
xmlファイルを編集した場合はresources.arscを削除し、
smaliファイルを編集した場合はclasses.dexを削除してください。
完了したらEnterキーを押してください。
続行するには何かキーを押してください . . .

xmlファイルを編集してますので、APK-Multi-Tool/keep/resources.arscを削除します。

削除したら何かキーを押して圧縮・コンパイル終了させます。

コンパイルが終了したら元の画面に戻りますので閉じてOKです。

コンパイルされたファイルはAPK-Multi-Tool/modified-system-apk-files-hereに格納されます。

systemframework-res.apkという名前になっているので
framework-res.apkにリネームします。

コピーが終わったら端末を一旦落としてCWMを起動します。
(CWMを導入済みで、音量↑ボタンとホームボタンを押したまま電源ON)

端末とPCをUSBケーブルで接続します。
この時にドライバが正しく認識されてなければドライバをインストールします。
(当然ながらAndroidSDKなども入ってないと先に進めません)

※ドライバのインストール方法などは下記のサイトが参考になります。
Galaxy Nexus(SC-04D)のCWM Recovery起動時のドライバ(Android Composite ADB Interface)インストール方法。

CWMのメニューから「mounts and storage」を選択し
/system
/storage/sdcard1
の2つをマウントします。

マウントしたらコマンドプロンプトからADB経由でshellを起動します。

adb.exe push <改造したframework-res.apkのフルパス> /storage/sdcard1/framework-res.apk
adb.exe shell

$ su
# mount -o rw,remount /system
# mv /system/framework/framework-res.apk /system/framework/framework-res.apk.org
# cp /storage/sdcard1/framework-res.apk /system/framework
# chmod 644 /system/framework/framework-res.apk

特に問題なければ端末を再起動して終了です。

# reboot

テザリングが使用可能になっているか確認してください。

もし端末が起動しなくなった場合は、再びADB経由で
バックアップしておいたframework-res.apkを戻します。

--------------- 起動しなくなった場合 ---------------
adb.exe shell

$ su
# mount -o rw,remount /system
# rm /system/framework/framework-res.apk
# mv /system/framework/framework-res.apk.org /system/framework/framework-res.apk
-------------- ------------------------------------

OCNモバイルONEとIIJMio用にコンパイルしたものを置いておきます。
SC-04Eの最新ファーム(SC04EOMUFNI3)で作成。
OCNモバイルONE用(動作確認済み)
IIJMio用(動作未確認なので動いた報告頂けると助かります)

追記
FoxFiでテザリングを開始すると、割と直ぐにネットに繋がりますが
SC-04E標準のテザリングで開始すると、WiFiに接続は出来るものの
ネット接続可能になるまでに30秒ほど時間を要したりします。

GALAXY S4の戻るボタンの場所変更

※この作業を行うには端末のroot権限を取得する必要があります。

GALAXY S4もS3と同じく、一般的なスマホと戻るボタンの配置が逆です。
なので、今回もボタンの配置を変更します。

編集の対象となるファイルは以下です。
/system/usr/keylayout/Generic.kl

今回はESファイルエクスプローラーを使用して変更をします。

まず、ESファイルエクスプローラーにroot権限を与えてください。

ESファイルエクスプローラー設定1

次に設定画面のrootエクスプローラーの項目オンにします。

ESファイルエクスプローラー設定2

rootエクスプローラーの文字の部分をタップし詳細設定に入ります。
詳細設定からR/Wマウントをタップします。

ESファイルエクスプローラー設定3

タップしたらマウントの変更をするパスの一覧が表示されます。

ESファイルエクスプローラー設定4

/systemをRO(ReadOnly)からRW(ReadWrite)に変更します。

ESファイルエクスプローラー設定5

これを行わないと/system配下は読み取り専用のままとなり、ファイルの書き換えが出来ません。
書き込み可能にしたら、最初に書いた/system/usr/keylayout/Generic.klのファイルを開きます。

ESファイルエクスプローラー設定6

ESファイルエクスプローラー設定7

ESファイルエクスプローラー設定8

あとは以下の値を変更します。

変更前
key 139 MENU
key 158 BACK

変更後
key 139 BACK
key 158 MENU

変更後に保存して再起動すればボタンの配置が逆になります。

ボタンの内容を入れ替えても、ボタンのLED点灯は右が戻るのままなので
気になる場合は、ボタンのLED自体を消しちゃえば気になりません。

「設定」-「ディスプレイ」-「タッチキーライト消灯時間」を「常にOFF」にすれば消えます。

GALAXY S4 SC-04Eをroot化

※端末をroot化すると保証が切れます。
自己責任で行ってください。

SC-04Eの最新ファーム(SC04EOMUFNI3)でroot化しました。
(Android5.0.1 Lollipop版での注意点は一番下に追記してます)
手順は既にまとめられたサイトがあったので、そのサイトを参考にしました。
※ここに書いてる内容は基本的に参考にしたサイトと同じ内容です。

参考サイト
SC04Eをroot化・CWMの導入をしてみた(NF6にて)。

まずは必要なファイルをDL。

OdinのDL先
(私は3.09を使用しました)

sc04e_cwmrecovery_v6.0.4.9.tar.md5
UPDATE-SuperSU-v2.01.zip
stock_recovery.tar.md5

Odinの使い方が分からない方は以下のサイトを参考にしてください。
Odinの使い方

1.CWMを端末に焼く
Odinを起動してPDAボタンを押して「sc04e_cwmrecovery_v6.0.4.9.tar.md5」を選択。
(Odin3.09の場合はPDAではなくAPボタンとなります)
Odinを起動したPCとUSBケーブルで接続し、 DLモードで起動する。
(DLモードの起動は音量↓ボタンとホームボタンを押したまま電源ON)
Odinが端末を認識したらStartボタンを押下。

これでCWMの導入は終了。

2.SuperSUを焼く
CWM(Clockworkmod)の使い方は以下のサイトを参考にしてください。
【CWM】Clockworkmod(クロックワークモッド:CWM)の起動と操作・使用

上記サイトの「Clockworkmodでのファイルインストール方法(install zip)」を参考にUPDATE-SuperSU-v2.01.zipを導入します。

先に本体の本体内部ストレージ直下にUPDATE-SuperSU-v2.01.zipをコピーします。

CWMを起動します。
(CWMの起動は音量↑ボタンとホームボタンを押したまま電源ON)

CWMで「install zip」を選択。
続いて「choose zip from /sdcard」を選択。
「0/」を選択。
「UPDATE-SuperSU-v2.01.zip」を選択。
「Yes - Install UPDATE-SuperSU-v2.01.zip」を選択。

終わったらメニューの最上位まで「Go Back」を選択して「reboot system now」を選択。

これでSuperSUの導入は終了です。

本体のGooglePlayの設定で自動更新をONにしていると
SuperSUまでアップデートされてしまうので後々問題が出ないように
SuperSUの自動更新はOFFにしておいた方が良いかもしれません。

root化自体はこれで終了です。
但し、お財布携帯などは使えないので、これらを使いたい場合は更に作業します。

3.Stock Recoveryを焼く
焼き方自体はCWMを焼いた時と同じ方法です。

ですが、その前に端末の電源をOFFにして、バッテリーパックを1回外します。
(これをやらないと端末のステータスが「オフィシャル」に戻らないケースがあります)

電池パックを抜いてセットしたらstock_recovery.tar.md5をOdinで焼きます。
再起動すれば端末のステータスが「オフィシャル」になってると思います。

但し、CWMは使えない状態に戻っているので、CWMを使いたい場合は更に作業が必要です。

4.CWMを使えるようにする
sc04e_cwmrecovery_v6.0.4.9.tar.md5を解凍するとrecovery.imgが取り出せます。
取り出したrecovery.imgを端末の外部SDカードの直下にコピーします。

次にコマンドプロンプトからADBを起動します。
(PCにAndroidSDKと端末のUSBドライバを入れ、端末のUSBデバッグをONにする必要あり)

コマンドプロンプトからUSBデバッグ経由でshellを起動します。

adb.exe shell

$ su

# dd if=/storage/extSdCard/recovery.img of=/dev/block/mmcblk0p21

処理が終わったら端末を再起動すれば終了です。

参考にしたサイト様に感謝。

2015/10/12追記
Lollipop(Android5.0.1)がリリースされたので早速入れてみました。
root化も上に書いている手順で全く問題なく可能でした。
但しSuperSUはバージョン2.46を使用してroot化しています。
UPDATE-SuperSU-v2.46.zip

また、今までの方法ではWIFIでのテザリングは出来なくなりました。

更に追記
テザリングも一応可能となりました。
GALAXY S4 SC-04EでMVNO SIM使用時にテザリングを有効にする(Android5.0.1 Lollipop版)