VFC/Umarex HK417 12in Assault GBBR 購入

マルイM4GBB(ガスブローバック)がホビーショーで発表され
買うためにお金を貯めていましたが、今年のシーズン中には出そうにないので
ずっと気になってて最近発売になったVFCのHK417GBBを購入。

VFC HK417  GBB箱

予備マグx2と16inエクステンションピースも一緒に購入。
20in Sniper コンバージョンキットも一緒に注文しましたが
こちらは少し遅れて入荷になるとのことでした。

箱の外見はUmarexのG36C買った時と非常に似てますが
箱の中の作りや緩衝材などはかなり違ってる感じです。

VFC HK417  GBB開封

箱の中には日本のフロンガス使用に合わせたJP仕様のスプリングが入ってました。
早速スプリングを入れ替え。
(入れ替え作業の写真撮るのを忘れてました・・・)

実際に撃ってみると流石長物ガスブロといえるリコイルです。
マルイのMP7 GBBや次世代M4より、はるかに大きな振動が来ます。

(ただ音もかなりうるさいです)

箱出しの状態が下の写真です。
12インチと短いながら、重量は結構ありますし、M4に比べと一回り大きいです。
7.62mmNATO弾のための大きなマガジンも迫力があります。
(ダミーカートがないのが少々残念ではありますが)

VFC HK417  GBB

取りあえずACOGを載せてみました。

VFC HK417  GBB 2

下の写真は16inエクステンションピースを組み込んだところです。
(アルミや亜鉛合金ではなくスチール製なので重さがあります)
はやり長い方がかっこいい!
(13インチのハンドガードに16インチのアウターが個人的には一番好きです)

この状態で構えてみるとフロントへヴィーなのが分かります。
20インチのコンバージョンキットを組み込んだら
更にフロントへヴィーになるんでしょね・・・

VFC HK417  GBB 16inch

20in Sniper コンバージョンキット、早く入荷しないかな。
(短いハンドガードに16インチでも十分かっこいいですが)

追記
JPスプリングに交換する際の写真を一部追加

下の3枚の写真の赤丸部分のネジを外すと、ボルト内のローディングノズルが取り外せます。
(私は一番下の写真のネジを外さずに引き抜こうとしてました・・・)

ボルトの外し方は以下を参照ください。
VFC HK417 GBBの初速調整

JPスプリング交換

JPスプリング交換1

JPスプリング交換2

ローディングノズルを抜き、ヘッドを止めてあるピンをピンポンチで外せば
ヘッドが外れてスプリングが出て来ます。
出てきたスプリングとJPスプリングを交換すれば終了です。

ローディングノズルを戻す時、一番上の写真のネジを締めるのが難しいです。
ローディングノズル側にあるネジの受け部分が固定されていないので
ボルトの穴にローディングノズル側のネジ穴が丁度来ません。

そこでホップ調整用に付属してくる長い六角レンチを利用します。
ボルトのネジ穴から差し込み、レンチが反対から出てくるまで入れます。
出て来たレンチをローディングノズルのネジ穴部に挿した状態でボルトに組み込み
ボルトのネジ穴部分までローディングノズル側のネジ穴が来たらレンチを引き抜きます。

その状態でネジを締めこめば、ローディングノズル側のネジ穴に
上手くネジを締めこめると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。