VFC HK417 GBBのチャンバーパッキン交換

VFC HK417 GBBのホップパッキンを交換します。
私は0.25gの弾を主に使用するので、0.25~0.28g向けの
「A+Airsoft REAPS VG1 (Soft) VFC/Umarex GBBライフル用」を使います。

HK417 GBBには、形状が違い合いませんでした。
(長さも構造も違います。長さや構造的にはマルイのVSRやGBB用に近い感じです)
単なるチャンバーパッキンへ辿り着くための分解記事としてお読みください。

追記
マルイ純正VSRのチャンバーパッキンと交換したところ、問題なく交換できました。
(チャンバーパッキンの突起とチャンバーの穴の位置もぴったりです!)
チャンバーパッキン交換をお考えの方は、マルイVSRをご使用ください。
追記ここまで

チャンバーにアクセスする為、早速ばらしていきます。
まずはハンドガードから。

下の写真の赤丸部分のネジを2本ドライバーで外すだけです。
ネジを外せばハンドガードを引き抜くことが出来ます。

HK417のハンドガード外し

続いてガスチューブを外します。
下の写真の青四角部分を抑え、赤部分を矢印の方に引けば
ガスチューブを抜き取ることが可能です。

HK417のガスチューブ外し

最後にバレルナットを外します。
が、非常に固いです!

M4用のパイプリングキーが丁度いい大きさなので
これを使って外していきます。

G&P パイプリングキー

バレルナットの穴に引っ掛けて、思いっきり回します。

ほんと固いです、固すぎます・・・

それでも負けずに回します!

やっと行った!と思いきや

逝ったのはパイプリングキーの方でした・・・

パイプリングキーが折れた

恐るべしHK417のバレルナット。

替えのパイプリングキーもないので、最終手段でバイスプライヤーを使って外します!
(パイプレンチなどがあればもっといいかもです)

一応傷防止にティッシュを噛ませて挟み、回します。

バイスプライヤーで外す

力を入れて思いっきり回すと緩みました。

バレルナットが傷だらけ

が、ティッシュの効果も大してなく、バレルナットは傷だらけ。

バレルナットが傷だらけ2

ちなみに、バレルナットが緩んでも、油断は禁物です。
チャンバーとアウターバレルの間ににスプリングがついているので
普通にバレルナットを緩めて行くと、内部でアウターバレルが押し上げられるようで
緩めた分だけアウターバレルが押し上げられます。

で、バレルナットが外れる直前に、チャンバーとアウターバレルの噛み合わさる部分が
絶妙にずれて噛んだ状態になり、バレルナットが動かなくなりました・・・
締める方に回しても、緩める方に回しても噛んで動かない状態に。
最後は力技で回して取りましたが、アルミ製のチャンバーの一部が変形しました。
(性能に関わらない程度だったので良かったですが・・・)

このような事態には、そうそうならないのかもしれませんが
念のため、アウターバレルをアッパーフレーム側に抑えつけながら
バレルナットを回した方がいいかと思います。

もし同じように噛んだ場合は、私のように力任せに回さず
プラハンなどでアウターバレルの先端を、アッパーフレーム方向に
コンコンと叩けば噛んでるのが解消されると思います。

(外してから内部構造を見て噛んだ原因が分かりました・・・)

ここまでくればあとは簡単です。

下の写真の赤丸部分(反対側にもあり)の六角ネジを緩めれば
チャンバーの内側部分と外側部分に分離できます。

チャンバー分解

分離したら下の写真の赤丸部分の六角ネジを外せば
無事チャンバーパッキンにアクセス可能となります。

チャンバー分解2

チャンバーパッキン交換

最大の敵はバレルナットの固さです。
もう少しチャンバーにアクセスしやすい構造にしてもらえると助かります・・・
(ホップの調整もマルイと違って面倒ですね)

「VFC HK417 GBBのチャンバーパッキン交換」への4件のフィードバック

  1. これ、穴に太めの六角レンチ入れて、硬い物でトントンするだけで取れますよ…
    傷モノになったのは勿体ないですね…

  2. 軽く外れるものもあるようで、そのような個体ならそれで外れるかもしれませんが、これは恐ろしく硬い個体でしたので、恐らくそのやり方でも無理だったと思われます。
    (個体差があるとの報告が結構出てました)
    まあ、傷はあまり見えない部分ですしあまり気にしてないので~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。