「モバイルPC」カテゴリーアーカイブ

CHUWI MiniBookについて

Indogogoで購入したCHUWIのMiniBookですが、予定よりも大幅に遅れて昨年到着。
クラウドファンディングなので多少の遅れは仕方ないかと思っていましたが、届いたものは初期不良品でした…
バッテリーが充電されないどころか「使用不可」の状態でCHUWIに送り返すことに。

それから1カ月半ほどでやっと修理から返ってきました。
返ってきたMiniBookは裏の封印は破られたまま。
新品の時と同じように梱包して送ったのに、ビニールの袋や液晶とキーボードの間のシートなどもなし。
なんか中古を買った気分です…

それでもしっかり使えればいいかと、Windowsのアップデートなどを行ってセットアップをしました。
MiniBookは負荷が掛かるとファンの音が爆音で鳴り響きます。
GPD Pocket2などもそれなりにファン音が大きくなりますが、それよりも更に大きいファン音に我慢がならず、unlocked biosを導入することにしました。
また封印も破れてることですし、カバーを開けて熱伝導シートでボディへ熱を逃がす処理も行いました。
(こちらは写真撮り忘れました)

unlocked biosは既に公式フォーラムのリンクのものもなくなり、少し探さないと見つかりませんでした。

unlocked biosを入れて早速温度関連の設定をいじってみました。
「Advanced」-「Thermal Configuration」-「Platform Thermal Configuration」に設定がありました。


ActivepointをDisabledにしたりFanSpeedを変更したりしてみましたが、Windows上でOCCTというツールを使い負荷を掛けると、同じタイミングでファンが高速に回転しました。

この設定でファンの回転を変えるのは無理なようです。

次にTDPをいじってみました。
「Advanced」-「Power & Performance」-「CPU Power Management Control」-「Config TDP Configurations」に設定がありました。



「Power Limit 1」「Power Limit 2」を下げるとCPUに共有される電力が減り温度が上がらなくなります。
もちろんトータルのクロックも上がらなくなります。
TDPを一気に半分くらいにしてみました。

CPUのクロックが上がらなくなり、そのため温度も上がらなくなりました。
負荷を掛け続けてもファンが最大で回ることはなくなりました。
が、折角高性能のCPU搭載モデルを購入した意味がないですね…

次にTDPを2/3くらいまでにしてみました。
2/3だと5分ほど負荷を掛け続けてるとファンはMAXになりました。
やはりMAXだと非常にうるさい…

「Cusom Setting Down」「Custom Setting Up」なども触ってみましたが、効果はありませんでした。

個人的にこのファンの騒音には耐えられそうもなく、TDP下げて使うくらいなら要らないなと思い手放すことにしました。
散々な結果になったMiniBookを手放したあと、11月に発売されたOne-Netbook社のOneMix3 Proをポチるのでした。
しかも今回は初期不良交換も可能な国内版をポチりました。
副業でも大いに活躍してもらうために奮発してOneMix3 Proを購入しました!
ノートPCの中でメインに使っているのはHP Spectre13(Core i7モデル)ですが、小型のUMPCでもSpectre13と同じ4コア8スレッドが動く時代がやってきました。
届いて使ってみるのが楽しみです。

CHUWI MiniBook (UMPC)

GPD Pocket、GPD Pocket2、One Mix 2Sと使用してきましたが、その後の新機種ではPocketもMixも7インチから大型になってきています。
大型化、高性能化、高価格と格安UMPCとは程遠い存在になりつつあります。

そこで高性能でありながら価格を抑えたUMPCがCHUWIから発売されることになりました。
CHUWIの「MiniBook」です。

大型化の流れには乗っていますが、ライバルの中では最小の8インチとなるUMPCです。
(薄さはライバルよりも厚みがあるので単純に画面サイズの話です)

現在はクラウドファンディングでの出資者募集となっており、一般販売価格よりも20%ほど安く買うことができます。
筆圧感知のスタイラスペンなどは使用できませんが、その分ライバル機よりも安い価格設定です。
但し発送は9月と少し先となるため、急ぎの方はご注意ください。

※公式にある上のスペック比較表は実質的なライバル機であるGPD Pocket2 MaxやOne Mix3との比較ではなく、少し土俵が違うMacbook AirやSurface Goとの比較になっています。

以下スペックの詳細です。

ストレージはライバル機のようにNVMe SSDではなくeMMCの128GBではありますが、空きM.2スロットが1つあるので、NVMeタイプのSSDを増設してそこからOSの起動も可能となります。

そしてライバルとの最大の違いは日本語キーボードが購入できる点です。
英語キーボードが苦手な人にとっては朗報ではないでしょうか。

但し記号などのキーは特殊配列なのには変わりないので、やはり慣れは必要だと思います。
日本語キーボードを注文したい方は、MiniBook本体とは別にJapaneseKeyboard(現在1$)に出資すると、日本語キーボードバージョンが送られてくるそうです。
最初はまとめて一緒に出資しないとダメなのかと思ってましたが、どうやってもその操作ができないため確認したところ、別々にそれぞれに出資すれば大丈夫とのことでした。

尚、以下のリンクからに入って出資すると、購入した方と私の両方にEVA Bagが無料でもらえるらしいので、購入を考えている方は以下のリンクをご利用ください。
ちなみに今現在では写真などが出ているわけではなく、EVA Bagがどのようなものか分からないため、あまり期待しない方がいいかもしれません…
2019/07/18 追加 EVA Bagの画像が出ました。

以下のリンクから本体を購入するとEVA Bagがもらえますのでご利用ください。
クラウドファンディングサイト Indiegogo CHUWI MiniBook

2019/06/26 追記
空きメモリに512GBのSSDを追加してくれるプランは少し前に追加されましたが、本日メモリを8GBから16GBにアップグレードできるオプションも追加されました。
$10、$20は即完売しましたが、$30はまだ少し残っています。
数量限定なので欲しい方はお急ぎください。

OneMix 2SでMB16AC(Asusモバイルモニター)が使えるか

初代GPD PocketではType-C経由でMB16AC(Asusモバイルモニター)を表示させるには、電源の問題でひと工夫必要でした。
GPD Pocket2では試しませんでしたが、OneMix 2Sに買い替えて再度MB16ACが使えるか試してみました。

OneMix 2SとMB16ACの接続はType-Cケーブル1本のみです。
専用のアプリやドライバも入れてません。

初代GPD Pocketでは色々と苦労しましたが、OneMix 2Sであれば繋ぐだけで問題なく表示可能でした。
バッテリーの減りが速くなるのでずっと使い続けるのは難しいですが、ちょっとした時には結構使えそうです。
やはりケーブル1本で繋がるのは便利です!

OneMix 2Sのケース

GeekbuyingでOneMix 2Sを購入する際に、単品購入と殆ど同じで価格で売られていた特別セット品を購入しました。
純正のケースや液晶保護フィルター、有線マウス、イヤホンなどがセットになったものです。

純正のケースが付いていたため、別途購入する必要はないと思っていたのですが、届いてみてびっくり。

写真で見ると結構よさそうに見えるのですが、皮はペラペラ、ケース内に一緒に収納したペンはOneMix 2S本体と干渉するわで、見た目も安っぽい上に機能的にもダメダメなケースでした。
唯一のいい点は、ペラペラで専用品なのでコンパクトという1点だけです。

何かいいケースがないかとググってたら以下のサイトを発見しました。
【レビュー】One-Netbook One Mix 2Sなどの7インチクラスUMPCに最適で見た目もクールなソフトケース

こちらのサイトではセミハードケースも紹介されていましたが、個人的にセミハードケースは好きじゃないため、セミハードケースの次に紹介されていたソフトケースの方を購入することに。

パイロット スタイルチョイス03 マルチポーチ

レビューにあった通り非常に使い勝手がいいケースです。
若干大き目ではありますが、その分色んなものを一緒に入れて持ち運べます。

OneMix 2S本体、スライラスペン、有線イヤホン、純正充電器とPDケーブル、MicrosoftのArc Mouseと必要なものが全部入ります。
(カード用のホルダーもあるのでクレジットカードやSUICAなんかも一緒に収納できます)

単純に入るだけではなく、内部にポケットが沢山あるので、マウス以外はポケットに収納できました。
ケースの外面にもファスナー付きのポケットがあるので、マウスはそこに収納してもいいかもしれません。

また、ケースの素材には、サバゲ―やる人にはお馴染みのCORDURAの生地を使用して作られているため、非常に丈夫です。
丈夫で機能性もしっかりしており、私的にもお勧めのケースです。

全部収納してケースを閉じるとこれくらい膨らみますが、中身を減らせば当然薄くなります。
他にも入れようと思えば、もう少しなら入れる余裕があります。

2019/04/20 追記

OneMix 2Sで使えるモバイルバッテリーとしてはお馴染みのOmars 10000mAhモバイルバッテリーを入れてみました。

Omars 10000mAhモバイルバッテリーもこのケースならピッタリ入ります。

OneMix 2SでMicroSDのSanDisk Extreme PROを使ってみた

OneMix 2SにはMicroSDのスロットが付いています。
OneMix 2Sの初期状態ではDドライブがないので、基本的にデータ類をDドライブに格納する私としては、このMicroSDドライブをDドライブとして使えるかを試してみました。

MicroSD自体が遅くてはどうしようもないので、今回はMicroSDの中でも高速な部類に入るSanDiskのExtremePROを購入しました。
小さいファイルの転送も早いA2という規格に対応しているのも特徴の一つです。
ただその分価格が高めなので、今回は比較的安価な128GBと容量少なめのものにしました。

以下は、CrystalDiskmarkによるベンチ結果です。

4Kの転送速度はMicroSDとしてはそれなりに出ていますが、シーケンシャルの数値は公称値に全く届きません。
別のPCでUSB3.0接続のカードリーダーで試したところ、公称値よりも少し遅い速度はでたので、購入したSDカードが偽物だとか、そういうことはなさそうです。

単純にOneMix 2SのSDカードスロットの性能が悪いだけだと思います。
このSDスロットでDドライブとして常用するのは辛そうなので、SDカードはEドライブとしてファイルの一時置き場として使用することにしました。
DドライブはCドライブ(初期230GB)のパーティションを分割して作成しました。
Dドライブを少し小さめにして、あまり使わなくなったファイルはSDカードのEドライブに退避するという運用に変更。

これで日頃は高速なSSDを利用することが可能となりました。
もう少しお金を出せばSSDが512GBのモデルもあるのですが、コスパ的にはいいと思えないのでやめました。

本当にマシンパワーが必要な時は、4コア8スレッドのノートPCや、8コア16スレッドのデスクトップを使えばいいわけですし。

GPD Pocket2からOneMix 2Sに買い替えた

初代GPD Pocketを中古で購入したものの、キーボードのタッチが凄く悪くて使うのをやめました。
性能アップしたGPD Pocket2はキーボードもよくなっていると聞いて、初代を売って買い替えることに。
なんと初代が買った時よりも1万円高く売れたため、少しの追加投資で中古のGPD Pocket2が買えました。
(GPD Pocket2も色々あって相場よりも安く買うことができました)

GPD Pocket2のキーボードは全く別物と言っていいくらいタッチがよくなっており、やはり初代からPocket2に買い替えてよかったと感じました。
が、スペックや機能面でGPD Pocket2を上回るOneMix 2Sが気になって仕方ない!

ということでGPD Pocket2を売りに出してOneMix 2Sに買い替えることに。
(GPD Pocket2も買った時よりも高く売れました)

まだ日本の代理店がないOneMix 2Sなので中国の通販サイトで購入することにしました。
(間もなく代理店が販売を開始するようですが、やはり代理店を通すと高いですね)
中国の通販サイトが特に国内サイトより面倒ということもなく、サポートとも英語でやり取りが可能なので、AliExpressなんかは時々利用していました。
今回はGeekbuyingというサイトを初めて利用してみました。
AliExpressと同じ感覚で利用したのですが、発送までが遅い…
(中国の通販サイトでは普通らしいですが)

AliExpressは注文から発送までがAmazonの通常配送と変わらないくらい早い場合も多いですが、Geekbuyingは発送されるまでに1週間くらい掛かりました。
全然発送されないのでしびれを切らしてチャットサポートに「いつ発送するのか?」と英語で問い合わせると、調査で5分ほど待たされて「もう品物は揃ってるから発送できる状態。優先度を上げて発送する」と返ってきました。
で、そのチャットの当日に出荷されました。
(問い合わせてなかったらもっと遅かったのだろうか…)

追加の送料を払ってEMSを選択してたのですが、発送自体がここまで遅いのは想定外でした。
EMSなので発送されてから5日ほどで到着したので、発送処理が早ければストレスなく取引が終了していたと思います。
待つのが嫌いな人やサポートとのやり取りに自信がない人は、少々高くはなりますが国内のサイトの利用をお勧めします。

GPD Pocket2とOneMix 2Sを比較した感想ですが、CPU自体は変わりません。
キーボードのタッチ自体はPocket2の方が個人的には好きです。
光学ポインタ自体の操作感は基本的に同じですが、私はデスク上ではマウスを使うことが多いので、手に持って使う時に最適な位置にあるPocket2の方が光学ポインタの使い勝手はいいと感じます。
決してOneMix 2Sのキーボードや光学ポインタの場所が悪いわけではなく、Pocket2の方が一歩上かなという感じです。
(初代Pocketに比べればOneMix 2Sのキーボードも相当良いのは言うまでもありません)

OneMix 2Sで一番便利と感じるのは指紋認証機能です。
GPD Pocketシリーズみたいにログインの際にポチポチパスワードやPINを入力する必要がありません。
持ち歩く前提のUMPCでは絶対にあった方がいい機能です。
(USBに刺せるドングルタイプの指紋認証もありますが、見た目もスマートな内蔵型が理想です)

またスタイラスペンも使い勝手はいいです。
OneMix 2Sを360度開いてタブレットモードにする時は、絶対にスタイラスペンはあった方が便利です。
あとはストレージがeMMCではなくPCI-Express接続のSSDなので読み書きが非常に高速です。
その分、バッテリーの持ちは悪くなっていますし、PD充電の規格が古すぎて手持ちの2/3くらいのPD充電器が使えないという欠点もありました。

こうやって実際に手に入れて使ってみると、OneMix 2Sの方がGPD Pocket2よりスペックが上だから単純に優れているというわけではないのが非常に実感できます。
どちらも一長一短があり、自身の使い方に合う方を購入した方が幸せになれるかと思います。