OneMix 2SでMicroSDのSanDisk Extreme PROを使ってみた

OneMix 2SにはMicroSDのスロットが付いています。
OneMix 2Sの初期状態ではDドライブがないので、基本的にデータ類をDドライブに格納する私としては、このMicroSDドライブをDドライブとして使えるかを試してみました。

MicroSD自体が遅くてはどうしようもないので、今回はMicroSDの中でも高速な部類に入るSanDiskのExtremePROを購入しました。
小さいファイルの転送も早いA2という規格に対応しているのも特徴の一つです。
ただその分価格が高めなので、今回は比較的安価な128GBと容量少なめのものにしました。

以下は、CrystalDiskmarkによるベンチ結果です。

4Kの転送速度はMicroSDとしてはそれなりに出ていますが、シーケンシャルの数値は公称値に全く届きません。
別のPCでUSB3.0接続のカードリーダーで試したところ、公称値よりも少し遅い速度はでたので、購入したSDカードが偽物だとか、そういうことはなさそうです。

単純にOneMix 2SのSDカードスロットの性能が悪いだけだと思います。
このSDスロットでDドライブとして常用するのは辛そうなので、SDカードはEドライブとしてファイルの一時置き場として使用することにしました。
DドライブはCドライブ(初期230GB)のパーティションを分割して作成しました。
Dドライブを少し小さめにして、あまり使わなくなったファイルはSDカードのEドライブに退避するという運用に変更。

これで日頃は高速なSSDを利用することが可能となりました。
もう少しお金を出せばSSDが512GBのモデルもあるのですが、コスパ的にはいいと思えないのでやめました。

本当にマシンパワーが必要な時は、4コア8スレッドのノートPCや、8コア16スレッドのデスクトップを使えばいいわけですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。