CHUWI MiniBookについて

Indogogoで購入したCHUWIのMiniBookですが、予定よりも大幅に遅れて昨年到着。
クラウドファンディングなので多少の遅れは仕方ないかと思っていましたが、届いたものは初期不良品でした…
バッテリーが充電されないどころか「使用不可」の状態でCHUWIに送り返すことに。

それから1カ月半ほどでやっと修理から返ってきました。
返ってきたMiniBookは裏の封印は破られたまま。
新品の時と同じように梱包して送ったのに、ビニールの袋や液晶とキーボードの間のシートなどもなし。
なんか中古を買った気分です…

それでもしっかり使えればいいかと、Windowsのアップデートなどを行ってセットアップをしました。
MiniBookは負荷が掛かるとファンの音が爆音で鳴り響きます。
GPD Pocket2などもそれなりにファン音が大きくなりますが、それよりも更に大きいファン音に我慢がならず、unlocked biosを導入することにしました。
また封印も破れてることですし、カバーを開けて熱伝導シートでボディへ熱を逃がす処理も行いました。
(こちらは写真撮り忘れました)

unlocked biosは既に公式フォーラムのリンクのものもなくなり、少し探さないと見つかりませんでした。

unlocked biosを入れて早速温度関連の設定をいじってみました。
「Advanced」-「Thermal Configuration」-「Platform Thermal Configuration」に設定がありました。


ActivepointをDisabledにしたりFanSpeedを変更したりしてみましたが、Windows上でOCCTというツールを使い負荷を掛けると、同じタイミングでファンが高速に回転しました。

この設定でファンの回転を変えるのは無理なようです。

次にTDPをいじってみました。
「Advanced」-「Power & Performance」-「CPU Power Management Control」-「Config TDP Configurations」に設定がありました。



「Power Limit 1」「Power Limit 2」を下げるとCPUに共有される電力が減り温度が上がらなくなります。
もちろんトータルのクロックも上がらなくなります。
TDPを一気に半分くらいにしてみました。

CPUのクロックが上がらなくなり、そのため温度も上がらなくなりました。
負荷を掛け続けてもファンが最大で回ることはなくなりました。
が、折角高性能のCPU搭載モデルを購入した意味がないですね…

次にTDPを2/3くらいまでにしてみました。
2/3だと5分ほど負荷を掛け続けてるとファンはMAXになりました。
やはりMAXだと非常にうるさい…

「Cusom Setting Down」「Custom Setting Up」なども触ってみましたが、効果はありませんでした。

個人的にこのファンの騒音には耐えられそうもなく、TDP下げて使うくらいなら要らないなと思い手放すことにしました。
散々な結果になったMiniBookを手放したあと、11月に発売されたOne-Netbook社のOneMix3 Proをポチるのでした。
しかも今回は初期不良交換も可能な国内版をポチりました。
副業でも大いに活躍してもらうために奮発してOneMix3 Proを購入しました!
ノートPCの中でメインに使っているのはHP Spectre13(Core i7モデル)ですが、小型のUMPCでもSpectre13と同じ4コア8スレッドが動く時代がやってきました。
届いて使ってみるのが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。