Amazon Echoで壁スイッチを操作する その2

以前の記事Amazon Echoで壁スイッチを操作するでパナソニック製の壁スイッチを赤外線リモコン対応の壁スイッチに変更しました。
以前の記事ではスイッチが1つしかないタイプでしたが、今回は2つあるタイプの紹介です。

コスモシリーズワイド21 照明リモコン受信スイッチ WTC55216W

※壁スイッチの交換には電気工事士2種の資格が必要となりますのでご注意ください。

このWTC55216Wも新規に電源用の線を引く必要がなく、既存の壁スイッチ配線2本のみで赤外線リモコン対応にすることが可能です。
ただ、このWTC55216Wにはリモコンは付属しませんので、リモコンで操作したい場合は別途リモコンを購入する必要があります。
もちろんスマートスイッチでの赤外線操作であればリモコンは必要ありませんし、ある程度実績のあるメーカーであればプリセットがあるかと思います。
(Switcbot Hub Mini、ラトックシステムRS-WFIREX4には対応可能なプリセットがありました)

スイッチ側だけ見ると上下のスイッチを入れ替え可能に思えますが、裏を見てわかる通りスイッチの本体の形状から上下を入れ替えることができません・・・

上のスイッチは通常のスイッチで赤外線リモコンには対応していません。
赤外線リモコンに対応しているのは下側のスイッチのみとなります。
ですので、既存の上側のスイッチを赤外線リモコン対応にしたい場合は、残念ながら下側へと配線を変更する必要があります。
今まで使っていたスイッチの配置と変わってしまうため、手動操作する際は最初戸惑うかと思います。

また上のスイッチは通常のスイッチなのでカチッと音がするタイプですが、下のスイッチは音がしないタイプとなりますので、上下でスイッチの感触が違うのは結構違和感があります。
(そもそも音声操作すればそれも気になりませんが…)

もう少しスイッチ本体のサイズを小型化して、上下共に赤外線リモコンが使えたり、スイッチの上下入れ替えができるようになるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。