「M4」カテゴリーアーカイブ

MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchを次世代SOPMODに組み込む 取り付け編 その2

準備したパーツなどの記事はこちら↓
https://hiro7216.mydns.jp/blog/?p=264

取り付け編 前編はこちら↓
https://hiro7216.mydns.jp/blog/?p=265

ガスチューブが届いたので、RIS IIの取り付けの続きを行います。

RIS2作業23

MADBULL Daniel Defense Low Profile Gas Blockにガスチューブを差し込み
ピンで止めるだけなんですが、まさかここで加工が必要になるとは思ってもみませんでした・・・

まず、ガスチューブを挿しても、ガスブロックの穴からチューブが見えるところまでも差し込めない。
明らかに途中で引っ掛かって奥まで入って行かない。

暫く力技でグリグリしてみるも無駄で、仕方なくドリルを使って穴を少し拡大。

これで大丈夫だろうとガスチューブを突っ込んでみると・・・

ガスチューブの穴の位置がガスブロックの穴の位置と重なるまで差し込めません!

ガスチューブの先端を削るか、ガスブロックの穴を深くするかのどちらかです。

私の場合、既に穴拡大用にドリルを出してたので、そのままドリル使って穴を延長。
で、やっとガスチューブとガスブロックが接続されました。

ちなみに、ガスブロックの穴にピンを挿す際は、左右で挿す穴の大きさが違うので注意が必要です。
片方は緩く、片方はかなりきついです。
なので、緩い方から挿して行き、きつい方の穴で完全に留めます。

ガスブロック取り付け
RIS2作業24

ガスブロックが接続出来たら、アウターバレルに入れてみて、位置などが合うか確認します。

RIS2作業25

RIS2作業26

上の写真を見てもらえばわかりますが、ガスブロックとアウターバレルの穴の位置が
全くと言っていいほど合っていません・・・

これは、純正の小さいガスチューブを挿すための出っ張りを残しているからです。
(恐らく削るだけじゃなく、更に穴を開けてアッパーフレームにガスチューブを入れて丁度いいくらいの長さ)

ここで取れる方法は3つ。

1.アッパーフレームの出っ張りを削ってガスチューブを挿すための穴を開ける。

2.ガスチューブを丁度いい長さに切断する。

3.気付かなかったことにして放置する。

そして、当然の如く3番を選択しました!(笑)
(実際にレールを取り付けると殆ど分からないです)

レールの取り付け
RIS2作業27

購入したRIS IIの付属品の中に、透明なプラスチック製のワッシャーが入ってます。
このワッシャー、袋的にはアンダーレールを止める皿ネジと同じ袋に入ってます。

普通の人なら皿ネジ用のワッシャーなんだろうなと思うと思います。
(簡易的な英文マニュアルには記載されていませんでした)
当然ながら私もそう思いました。

しか~~~し、レールの購入先の香港マニア的には、上の写真のようにして使うそうです。

レールとバレル基部の間に入れてボルトを締めこむらしいです。
香港マニアならそれなりの数扱って来たでしょうし、どう考えても香港マニアを信じた方が幸せになれるでしょう。
ということで、レールと基部の間にワッシャーを入れてボルトを締め込んで行きます!

車やバイク、その他全般で整備をする方なら常識として知っていることですが
一つの物に対し複数本のボルトを締める場合、必ず対角線上にボルトを締めて行ってください。
(取り付け精度を要求しないような場合、この限りではありません)
時計回りで締めて行くような締め方をすると、最初に締めた方向に傾いてついてしまいます。
また、対角線に締める場合でも、1本ずつは一気に締め込むのではなく
少し締めたら対角線上のボルトを締めて、対角線上のボルトを少し締めたら別のボルトを少し・・・
と、やっていけば、より傾きのない均等な締め込みを行うことが出来ます。
ボルトの締め付け手順

※透明のワッシャーは、ロットによっては付いていない場合もあるそうです。

センター確認
RIS2作業28

大体センターについていればOKかと思います。
少しのズレも許さない!ってなると、バレル基部やレールを削って調整して行くことになると思います。

しかし流石ですね。
Daniel Defenseからライセンスを受けているMADBULL製だけあって、調整なしでほぼセンターが出ました。

アンダーレール装着
RIS2作業29

皿ネジ4本でアンダーレールを取り付けて、ダミー(予備)の皿ネジ2本を取り付ければ終了です。

RIS2作業30

アッパーを本体と合体!
RIS2作業31

アッパーフレームを取り外した時と逆の手順で取り付ければ完成!

サイレンサーバージョン
RIS2作業32

ガスチューブと一緒に届いたトロイタイプフロントサイトを取り付けてみました。

バックアップサイトを立てたバージョン
RIS2作業33

RIS2作業34

ノーマルハイダーバージョン
RIS2作業35

やっぱり、普通のフラッシュハイダーも良いですね。
レールが際立ちます。

最後に取り付け後の感想ですが、首回りの剛性がかなり良くなったと思います。
ガチガチ感がかなりありますし、何より見た目がカッコいい!
RECEE LIFLEよりも長い12.25inch、買って後悔無しですね。

MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchを次世代SOPMODに組み込む 取り付け編

準備したパーツなど、1つ前の記事はこちら↓
https://hiro7216.mydns.jp/blog/?p=264

MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchの取付開始です。

まずは、既存のレール他を取り外す作業から。

アッパーフレームを本体から外す
RIS2作業1

まず、1のピンを押し込んで抜き取ります。
そして2のチャージングハンドルを後ろに引くと引きぬけるようになります。
(チャージングハンドルを引かないと引き抜けません!)

RIS2作業2

インナーバレル取り出し
RIS2作業3

インナーバレルは、後ろに引き抜くだけで簡単に引き抜けます。

ちなみにこれ以降の写真で、アッパーフレームが外される前の状態での作業写真があります。
最初は外さなくても交換できるかと思って進めていましたが、後述するフロントサイトの取り外しで
インナーバレルがあるとフロントサイトが取り外せないことが発覚したので記事的には先に書いてます。

純正レールの取り外し
RIS2作業4

写真のネジ1本を外せば準備完了!
(簡単!)

RIS2作業5

デルタリングを後ろに引けば、簡単にレールが外れます。
(ちなみに下のレールはネジを外さなくても取れます)

RIS2作業6

RIS2作業7

フロントサイト取り外し
RIS2作業8

上の写真の丸の部分のピンを取り外すのですが、向きを間違うと非常に固いです。
ピンは単なる円柱ではなく、片側には止めるためにギザギザが付いてます。
なので、逆から外そうとすると、ずっとギザギザ部分が中を通って行くことになります。

写真の向きにして、ピンポンチや細いドライバーを当て、ハンマーで叩いて抜きます。

RIS2作業9

そして上の写真の丸の部分。
実はアウターバレルの反対側にイモネジが隠れています。

なのでインナーバレルを抜き取らないと、六角レンチがインナーバレルに阻まれ
イモネジまで辿り着けずに外すことが出来ません。

更にこのイモネジ、完全に緩めると、外れてアウターの中に落ちます。
まあ、逆からはめて行けばいいんですが、面倒なので外れない程度に緩めてください。
(2~3回転させれば引っ掛かりがなくなり、フロントサイトが外れました)

デルタリング取り外し
RIS2作業10

上の写真の丸部分のネジ1本外せば、デルタリングは取り外すことが出来ます。
(簡単!)

RIS2作業11

アウターバレル取り外し
RIS2作業12

アウターバレル自体は取り外す必要はありません。
バレルナットは交換になるため、バレルナットを取り外す必要があります。
(バレルナットを取り外すと、アウターバレルも取れちゃいます)
本来は専用の工具を使う方が望ましいですが、今回はDaniel Defense Wrenchを引っ掛けて
ハンマーで軽く叩いてインパクトを与えて緩めました。

一旦緩めば後は手で回せるので、マイナスドライバーを当ててハンマーで叩いて緩める事も
十分可能だと思います。
(但し、専用工具でないと傷の付く確率は高くなります)

RIS2作業13

バレルナットを外すと、アウターとバレルベース(バレル基部)が外れます。
今回は首回りをガチガチを目指し、バレルベースをライラクスのハードバレルベースへと交換します。
(純正はアルミダイキャストで高負荷時にしばしば割れることもあるようです)

ライラクスのハードバレルベースは純正のバレルベースと殆ど寸法が同じです。
他のメーカーの物など厚さが違うものも多数あるので、後で調整の必要があります。
(純正と同じ寸法でも調整の必要がある場合が殆どだと思います)

RIS2作業14

上の写真のガスチューブの小さな部品は、取り外して保管しておきましょう。
小さなポッチ部分は、特に削る必要はありません。

仮組み
RIS2作業15

ここまで外してしまったら、一度ネジのピッチなど、加工無しで取り付けることが可能か
一度仮組みを行ってチェックしてみましょう。

今回購入したMADBULL製品は、かなり精度がよく加工無しで行けそうです。
※安く売られているこれのレプリカ版は、相当精度が悪いらしくネジが入って行かないとか・・・
2/3程度の値段で買えるとはいえ、そこまで精度が悪いと安い意味すら無い気がしますね。

ガスチューブ用の穴開け
RIS2作業16

付属してくるバレル基部の部品には、上の写真のようにガスチューブを通すための穴が開いていません。
もちろん、ガスチューブを取り付けなくても組み立ては可能ですが
元々見た目に拘って始めたRISIIへの交換なので、ガスチューブの穴を開けます。

(ガスチューブ付けないって人も少ないだろうし、最初から穴を開けてくれた方が良いですね~)

最初に3mmくらいの刃で穴を開けて、そこから4.5~5mmの刃に交換すればスルスル削れます。
ドリルをよく使う人にとっては常識ですが、ドリルの刃はいきなり目的の大きさを使うのではなく
最初に小さめの刃で穴を開けてから刃を大きくしていくと、非力なドリルでも楽に穴が開きます。

今回は最終的に4.5mmの刃で、少しだけ広めに開けたので、感覚的には4.6mmくらいになったと思います。
(挿すガスチューブで大きさは変わると思いますので、実際に仮組みして確認してください)

RIS2作業17

RIS2作業18

微調整
RIS2作業19

仮組みの際に多少ガタがあったので、そのガタを無くす微調整をします。
バレルナットを締めこんだ際に、バレル基部の部品はしっかり固定されましたが
アウターバレルが少しカタカタとグラついたので、この隙間を無くして行きます。

RIS2作業20

アウターバレルがカタ付くという事は、バレルナットとバレルベースの間に隙間があるという事なので
その隙間をスペーサーで埋めて行きます。

今回使用したのは、ライラクスのバレルロックシムセット(0.3mm)です。
(0.1mmと0.5mmのバージョンもあります)

実際にバレルナットをぐっと締めこんでグラつかないかをチェックします。

私の場合は、0.3mmを3枚でグラつきがなくなったので、0.9mm補正したことになります。
この辺は、使用するバレルベースの厚みや、RISII自体の個体差でも変わってくると思いますので
環境に合わせて調整してください。

スペーサーを入れすぎると、バレル基部の部品の方が緩くなるので、どっちもがっちりする調整をしてください。

ちなみにバレル基部の部品側に遊びがある場合は、今回のスペーサーは使えません。
(厚めのバレルベースを使用すると、この現象になる可能性が高いです)
その場合は、バレルベースを削って調整するか、バレル基部とバレルベースの間にスペーサーを入れる必要があります。

本組み
RIS2作業21

ここまで出来たら、ネジ止め剤を塗って本締め!と行きたいところですが、その前にネジなどが
ちゃんと挿せるかなどの確認を行います。

個体差で、エジェクションポート付近のネジが、組みつけてからだと、入らないケースもあるそうです。

私の場合だと、問題なくネジが抜き差し出来たのでネジ止め剤を塗って本締め!となりました。

ガスブロック
RIS2作業22

Daniel Defense公認のガスブロックも購入したし、次はガスチューブとガスブロックだ!
と行きたいところだったのですが、ガスチューブがまだ届かないため作業出来ません・・・
フォ○ス○ーさん、発送遅いよ~~~
いや、特別遅いわけじゃないんですけど、同時注文の他の2業者さん分は全部届いてるんです・・・

ということで、取り付け編 その2へ続く・・・

MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inchを次世代SOPMODに組み込む

マルイ次世代SOPMODには元々レールシステムが搭載されています。
が、個人的にはもっと長いレールがカッコいい!と思ったりします。

そこで交換しようと思ったのですが、どうせなら次世代RECEEライフルよりも長い
12.25inchのRISⅡを組み込んでみようと思いました。

購入物
MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inch 1

1.MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inch
2.ライラクス 次世代M4 バレルロックシムセット(0.3mmX10)
3.ライラクス 次世代M4 ハードバレルベース
4.MADBULL製 Daniel Defense Low Profile ガスブロック
5.MADBULL製 Daniel Defense Wrench(バレルナットレンチ)
5.GP167 ガス・チューブ for M4-A1(写真には写ってません、というかまだ届いてません!)

RIS II の中身
MADBULL Daniel Defense M4A1 RIS II 12.25inch 2

バリなども殆どなく、非常に綺麗だと思います。
流石にDaniel Defense公認だけあって品質が高い製品だと思います。

(これのレプリカもあるそうですが、品質がかなり悪いらしくお勧め出来ないそう)

長さ比較
長さ比較

単純に並べて比較すると、パッと見で2倍近い差がありますね。

取り付け編へ続く・・・

MAGPUL AFG2購入(M4編)

G36CVに既に取り付けたMAGPUL AFG2ですが、M4 SOPMODにも似合うだろうと思い追加購入。

MAGPUL AFG2

フォアグリップを外してAFG2に付け替えました。
折角フロント部分がスリムになったので「どでかい」SUREFIREも外してみました。

やはり、かなりスッキリで、スリムなM4に戻りました!
ゴテゴテM4もいいけど、やっぱりスリムなM4も良いですね~

MAGPUL AFG2(M4編)

MAGPUL AFG2(M4編)その2

試しに取り外したSUREFIREをG36CVに取り付けてみると・・・

やっぱデカイ!(笑)

G36CV with SUREFIRE

サイレンサー購入

SOPMOD用にサイレンサーを購入しました。

といっても、電動ガンにサイレンサーを付けても、実用的には大した効果はありません。
あくまでも見た目です、見た目!

今回購入したのは、AD Classic サイレンサー KNIGHTS 刻印(品番 ADC-SIL-008)です。
AD Classic サイレンサー KNIGHTS 刻印

内部には一応スポンジが入っており、消音効果を狙ってはいるようです。
サイレンサー分解

SOPMODOに取り付けると凄く長いです・・・
ダブルガンケースに入れるのにも、100cmを超えるライフル用のフードを出さないと銃の先が見えます。
(写真からもはみ出してますね)
SOPMODにサイレンサー取り付け

SOPMOD M4購入

ナイトウォーリア購入後、やっぱり長物が欲しくなっちゃいまして
買っちゃいました、東京マルイから発売されているSOPMOD M4

レシーライフルやG36Cと迷いましたが、レシーは売ってるとこ少なすぎ、G36Cは在庫がある時に比べて割高。
SOPMODも在庫はどこもなく割高だったのですが、ちょうど良いタイミングで再販がありました。

(全て東京マルイの次世代電動ガンです)
なので再販予約という形で購入しました。
春日市にあるECHIGOYA南福岡店の通販サイトで予約をして、お店で受け取りにしました。
(店頭受け取りだと、お金は受ける時に払えばOKです)
会社近くのMGC福岡にも在庫がありましたが、ちょっと高めだったのでECHIGOYAで購入しました。
福岡のエアガンショップでは、ECHIGOYAさんがダントツで安いですね。

昔、M16A1を持っていましたが、やっぱりM16(M4)系はかっこいいですね。

SOPMOD

今時は照準もドットサイトなので、エアガン市場で特価品のドットサイトを購入。
細かいとこを言えば、所詮中華製レプリカなので色々とありますが、まあ値段が値段なので、その割には良く出来てると思います。
(標準で付属のリアサイトは、ドットサイトの邪魔になるので、マルイの折りたたみ式リアサイトに変更)

ドットサイト

以前、LAND ARMSで購入していたレーザーポインターも取り付けてみました。
小さいので目立ちません(笑)

レーザーポインター

グリップもエアガン市場で購入。
ガタつきがあってイマイチ!
※一応レバー部分のナットを締めればガタは少なくなりますが
ガタが少なくなるくらい締めこむと、レバーでQDが出来なくなるので
やっぱりこいつはダメだと思います・・・

グリップ

布製のガンケースも購入。
100cmのケースだと、ストックを最大まで伸ばしてても、そのまま入ります。

ガンケース

82連予備マガジン(黒が無かったのでFDE)と実用性重視の430連マガジンも購入。

予備マガジン

SOPMOD M4は、かなりの部分がメタル製で出来ており、ずっしりとした重量感があります。
次世代電動ガンの特徴であるリコイル自体は大したことありませんが、リコイルの無い電動ガンよりはマシなくらいです。
やっぱリコイルに関しては、ガスが一番良いですね。

ハンドガンに長物と来れば、次はサブマシンガン!と行きたいところですが、色々買ってお金がピンチです(笑)
(既にSUREFIREのレプリカウェポンライトもヤフオクで落札済みだったり・・・)