SOPMODストックのガタ取り

フロント周りとストックパイプがガチガチになったところで、誰もが気になるSOPMODストックのガタが、輪を掛けて気になるようになってきました。

以下のサイトでガタ取りの方法が紹介されているので、それにそってガタ取りをやってみました。
■SOPMODストックのガタを取ってみる■ エアガン・海外パーツの専門店 香港マニア OFFICIAL BLOG

やってることは殆ど同じなので、香港マニアさんの方法と違う箇所だけ書きます。

SOPMODストックのガタ取り1

SOPMODストックのガタ取り2

香港マニアさんでは、以下のプラ板を使用しています。
厚み0.75mm-幅6.4mm-長さ144mmを2本
厚み0.5mm-幅6.4mm-長さ145mmを2本
厚み0.5mm-幅6.4mm-長さ170mmを2本

0.75mmは用意するのが面倒だったので、全て0.5mmの普通のプラ板で行いました。
幅も6.4mmとかに合わせるのは至難の技なので7mmで統一。
長さは香港マニアさんと大体同じです。(多少現物あわせでカットしたりもしました)

SOPMODストックのガタ取り3

一番下の2枚は平らな面なので問題ないですが、ストックパイプが当たる円形の部分は
プラ板をそのまま貼るのは非常に難しいので、縦長方向に向かって爪で軽く折り目をつけて
円の形にフィットするように予め曲げてから瞬間接着剤で取り付けました。

上の写真のように透明のプラ板だと、瞬間接着剤でプラ板が真っ白になります。
が、見えなくなる箇所なので多少はみ出そうとも、気にせずに作業を続行します(笑)

SOPMODストックのガタ取り4

写真だと最終的に何が変わったのか全く分かりませんが、全て0.5mmのプラ版を使っても
ガチガチ過ぎて動かすのも困難なほど固くなります・・・

私の場合は頻繁にストックの長さを変えることがないので、これでも問題はありませんが
よくストックの長さを変える方は、プラ板を薄くするとか削るとかして
多少は動かしやすいように調整した方がいいと思います。
(本当に固過ぎなくらい固くなります)

これでフロント周り、ストックパイプ、ストックとほぼ全てがガチガチになりました。
アッパーフレームとロアフレームがほんの僅かにカタカタするのが気になるほどガチガチです!

追記
ストックを取り外す必要があったので取り外しました。
が、あまりにも固くて思いっきり引っ張ったら・・・
SOPMOD M4用コネクター端子の端子部分が見事に折れて吹っ飛びました。

結構やる人は多いみたいですが、この小さい部品、買うと1000円近くします。

そういえば、似たような状態で対応した記事をどっかて見た気がします。
確かハンダで補修してたな~
そんな記憶を元に折れた端子をハンダでくっつけてみました。

結構ガッチリ付いて取れなさそうです。
ついでに反対側の端子にもハンダを盛って補強完了!

以前読んだ記憶がある記事を探したら見つかりました。
香港マニアさんのブログでした。
ちなみに以下のリンクのブログでは、端子が完全に折れる前の強化の記事になってますが
私のように完全に折れてからでも、かなりガッチリ付いたので問題ないとは思います。
■SOPMOD M4コネクター端子セットの強化加工■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。