MP5K HCの初速を上げる その3(失敗編)

スプリング交換とインナーバレル141mmでの初速が80台中盤。
バレルを200mmくらいにすれば多少は初速が上がるんじゃないだろうかと思い
ライラクス EGバレル 208mmを組み込んでみました。
(もしかしたら90台になるんじゃないだろうかと淡い期待を胸に!)

ライラクス EGバレル 208mm
ライラクス EGバレル 208mm

結果

EGバレル 208mmでの初速

なんとドノーマルより低い初速に・・・

インナーバレルって地味に高いです・・・
ということで、インナーバレルは141mmで終わりにします。

ちなみに141mmのインナーバレルは、KM企画のTNパーフェクトバレルを使用していますが
チャンバーパッキンの取り付けがゆるい感じだったので、バレルにテープ二巻きで外径を大きくし
パッキンの密着度を上げて気密を確保したら、初速が気密取る前より平均1m/s上がりました。
(まあ誤差レベルですけど)

141mmのインナーバレルで適正ホップ時83m/s、ホップMAX時85m/sくらいになりました。

これ以上はかなりちゃんと手を入れていく必要がありそうなので、初速アップ計画はこれにて終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。