G36CVのインナーバレル交換

UmarexG36CVですが、メカボ内部を交換したことで、初速が安定したのか
かなり集弾性はよくなりました。
ですが、まだ良くなる余地はあるんじゃないかと思い、インナーバレルを交換することにしました。

マルイ製のエアガンの場合、インナーバレルを交換しても、殆ど集弾性は変わらないという人もいます。
(もちろん良くなった検証結果もありますし、逆に悪くなった検証結果もあるなど様々です)
マルイ製の場合、元々出来が良いわけで、タイトなインナーバレルに交換することで
初速こそ上がっても、集弾性は上がらないのかもしれません。

ですが、今回はUmarex製のG36CVです。
元々が集弾性が悪いわけで、十分良くなる余地があるのではないかと思い交換しました。
(ちなみに、この記事を書いてる現時点では、実際に外で撃っていないので、集弾性が変わったかは書けません!)

今回、交換したのはライラクス製のEGバレル260mmです。

マルイスタンダードG36Cは、インナーバレル長が247mmですが
次世代G36CカスタムとUmarexG36CVはそれより長く、260mmくらいあります。

LAYLAX PROMETHEUS EGバレル 260mm AK74U ステアーHC
LAYLAX PROMETHEUS EGバレル 260mm AK74U ステアーHC

インナーバレル交換前でも95m/sくらいの初速が出ていたので、念のため0.8Jのスプリングも購入。

KM企画 AEGS01 (0.8J) 3点可変圧SuSステンレススプリング
KM企画 HEAD1950 AEGS01 AEG 3点可変圧SuSステンレススプリング

UmarexノーマルインナーバレルとEGバレルの長さ比較

Umarexのバレルの方が、EGバレル260mmより2~3mm長いので、263mmってとこでしょうか。

Umarexノーマルインナーバレルとの長さ比較

インナーバレル交換自体は、今回は写真撮ってません。
で、交換後に早速初速を計測。
(スプリングは前回へたらせた0.9Jスプリングのまま)

まずは、0.25g弾で計測
(ノンホップにて計測)

0.25gで測定1

0.25gで測定2

0.25gで測定3

0.25gで測定4

続いて0.2g弾で計測
(ノンホップにて計測)

0.20gで測定1

0.20gで測定2

0.20gで測定3

0.20gで測定4

多少、初速にばらつきがありますが、バレルが6.03mmとタイトになった分
平均して2m/sくらい初速が上がっているようです。

安全を考えれば、0.8Jのスプリングに交換でもいいくらいの数字ですね。

更にスプリングを圧縮・放置することで、もう少しへたる可能性を信じて
再びスプリングを限界まで圧縮しました。

(あと1~2m/sくらいへたってくれれば、そのまま0.9Jスプリングが使えて、今後も殆どへたりませんし)

スプリングの圧縮方法で一番簡単なのは、スプリングを丁度圧縮できるサイズの
ボルトとナットで締めこむ方法です。

が、そんな都合の良いサイズのボルトナットがなかったので
工具を使って無理やり圧縮しています(笑)

スプリング圧縮1

スプリング圧縮2

これ、写真ではスクーター用のプーリー外しで押さえているように見えますが
あくまでも保険でかませているだけで、これを外しても、タップハンドルを締めこんだだけで
スプリングの力程度では、タップハンドルから挟んでいる棒は抜けません。

追記
丸二日スプリングを圧縮した状態で保管(以前の分と合わせると丸三日)

結果、スプリングは更にへたり、初速が1m/sほど落ちて、95~97m/sになりました。
以前やった、最初の丸一日で4m/sくらい落ちていたので、トータルで5m/sくらいへたりました。

(丸2日で1m/sしか落ちなくなってるので、これ以上へたらせるのは厳しいかと思います)
1J規制の安全マージンも考えると、これくらいが丁度良い最高値ではないかと思います。

あと、気になる集団性ですが、なかなか無風でロングレンジなど試せないので
感覚的なものになりますが、Umarexのノーマルバレルよりは、良くなったと感じます。
但し、フルオートは何故かダメで、ノーマルよりも弾が散ります。
私は基本的にフルを使わないので、セミで撃つ分にはいいと思います。

あと、ホップの掛け具合で、弾が曲がったりするのですが
恐らくチャンバーとチャンバーパッキンあたりが原因で
まっすぐホップが掛かっていないのだと思います。

今はノーマルチャンバーにPDIのWホールドチャンバーパッキンを使っていますが
取り合えず、マルイ純正チャンバーパッキンに交換してみようと思ってます。
(マルイ純正のチャンバーは、純正の割りに高いので、SHS製を探してみましたが、どこも品切れ・・・)

2013/07/03 追記
マルイ純正ホップアップパッキンに交換しました。
これまた集団性のテストは出来ないので、とりあえず初速を計測しました。
(PDIのWホールドチャンバーパッキンは機密性に優れるとの噂なのでマルイ純正でも計測)

マルイ純正パッキン交換後 0.2g(ホップなし)
マルイ純正パッキン交換後 0.2g(ホップなし)初速1

マルイ純正パッキン交換後 0.2g(ホップなし)初速2

マルイ純正パッキン交換後 0.2g(ホップなし)初速3

マルイ純正パッキン交換後 0.2g(適正ホップ)
マルイ純正パッキン交換後 0.2g(適正ホップ)初速1

マルイ純正パッキン交換後 0.2g(適正ホップ)初速2

マルイ純正パッキン交換後 0.2g(適正ホップ)初速3

正直、誤差範囲かなと思います。

マルイ純正パッキンに交換して一番気になるのは、Wホールドチャンバーパッキンの場合だと
ホップ具合によって弾が曲がることがあったのが、どこまで改善されるかですが
現時点では試せていないので、後日試したら報告します。

更に追記
マルイ純正ホップアップパッキンで試射してみました。

結果としては、Wホールドチャンバーパッキンよりも全然良いです。
流石マルイ純正パッキンとでも言うべきか。
(社外パーツの立場がないですね・・・)
セミでの集団性も問題なし、ホップの掛け具合で弾道が乱れる感じも無し。
フルオートだと多少乱れますが、これ以上を望むのも厳しいかと思います。

一応、Wホールドチャンバーパッキンの名誉のためにフォローしておきますと
私が所持しているWホールドチャンバーパッキンは、不良品ではないかと思われます。
理由は、ホップを掛けていった時に、左右の突起部分の出っ張り方が違うからです。
後ろ側から見て左側の方が、右よりも出っ張り方が大きいんです。
なので、ホップを掛けていくと、弾がある程度の距離からグイっと曲がります。
まあ、左右の出っ張り方が違う不良品が出る時点で、あまりフォローにはなってませんか・・・
(Wホールドチャンバーパッキンは、ゲームで使ったりしたわけではないので、磨耗で左右がアンバランスになったわけではありません)

メカボ内部、インナーバレル、チャンバーパッキンと、BB弾が通るルートは
ほぼUmarex純正ではなくなりましたが、チャンバー(パッキンではない)は
まだUmarex純正なので、唯一更に良くなる箇所があるならここだけかと思ってます。

(厳密に言えばアウターバレルなんかも影響受けるでしょうが)
なので、チャンバーもマルイG36Cスタンダード純正チャンバーを注文しておきました。

ちなみにG36用のアルミチャンバーも売り出されていますが、内容物は完全にチャンバー本体だけで
細かいパーツなどは、マルイ純正を移植する必要があります。
そしてUmarex製G36のチャンバーとマルイ純正チャンバーは細部が異なるため
アルミチャンバーにUmarexチャンバーの細かいパーツを完全には移植できません。
M4のアルミチャンバーのように、アセンブリーで販売してくれればいいのに・・・

マルイ純正G36用チャンバーが届いたので追記
まず、マルイ純正チャンバーそのままでは、本体にはまりませんでした。
Umarexのチャンバーとは、若干寸法が違う部分があるようで、突起部分を若干削ったらはまりました。

EGバレル、マルイ純正チャンバー&マルイ純正パッキンで試射してみました。
結果、弾道はホップを掛けると右に曲がる・・・
Umarexチャンバーより悪くなるという結果に。

だったら左に曲がってたWホールドチャンバーパッキンを組み込めば、真っ直ぐ飛ぶんじゃないかと思い
EGバレル、マルイ純正チャンバー&Wホールドチャンバーパッキンの組み合わせで試射。
ホップを掛けても真っ直ぐ飛びました。

個人的な結論としては、チャンバーはUmarex純正を使い、パッキンだけマルイ純正が一番いいかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。