A&K M24にKM企画 APS-2 ステンレス製スプリング 0.98J組込み

A&K M24のチャンバーパッキンをPDIのWホールドチャンバーパッキンに交換しました。
すると初速が若干低下。

電動ガンなら十分な初速ではあるのですが、そこはエアコッキングタイプのスナイパーライフル。
ギリギリの初速が欲しいところ。
(ギリギリと言っても多少の余裕は必要です)

そこでスプリングを交換することに。

A&K M24はAPS2用のスプリングが適合するので、APS2用の0.98Jスプリングを購入。

KM企画 APS-2 ステンレス製スプリング 0.98J
KM企画 APS-2 ステンレス製スプリング 0.98J

KM企画 APS-2 ステンレス製スプリング 0.98J 2

下の写真の上が中華ぶった切りスプリング、下がKM企画のAPS2用0.98J
比較

さくっと組み込んで初速を計測。

交換後ノンホップ初速
交換後ノンホップ初速

あわわわ・・・
お見せできない初速が出ました。

交換後ホップMAX初速
交換後ホップMAX初速

ホップをMAXで掛けるとやっと収まるくらい・・・

ちなみにちゃんとホップを掛けれるように、チャンバー周りを加工しています。
Wホールドチャンバーパッキン+マルイ純正押しゴムでは、ホップをMAXにしても
0.2g弾ですら微妙にホップ量が足りないくらいにしかならなかったからです。
更にホップ量も安定せず、集弾性も全くよくありませんでした。

チャンバー周りの加工、及びガタ取り、パッキン押さえゴムの強化など
チャンバー周りに手を入れたことで、0.2g、0.25gであれば、調整可能幅の
半分もホップを掛けずに適正ホップになるようにしました。
ホップMAXにすると、とんでもない鬼ホップになります(笑)
(チャンバーを加工してる写真を撮ってなかったので記事に出来ません・・・)

折角端が綺麗に処理されているスプリングですが、このままではとても使えないので
仕方なくスプリングを2巻分カット。

カットしたスプリングを組み込んで初速を計測。

2巻カット後ノンホップ初速
調整後ノンホップ初速

何度か計測したら法定内であるものの、もう少し高めのギリギリの初速も出ました。

0.2gでギリギリの初速だと、0.25gで超える可能性があるので
初速が下がり過ぎない事を祈りつつ、コッキングしたまま一晩放置。

追記
丸一日コッキング状態で放置してみたものの、初速は全く下がりませんでした。
(スプリングとしてはへたりにくい良いスプリングってことでしょうか)

そこでスプリングを更に1巻半カット(トータル3巻半カット)

スプリング3巻半カット0.2g
スプリング3巻半カット0.2g

スプリング3巻半カット0.2g

スプリング3巻半カット0.25g
スプリング3巻半カット0.25g

0.2gなら問題ない初速になりました。
0.25gだと結構ギリギリです。

0.2gで初速を超ギリギリにする人がいますが、その場合0.25gを使うと大抵オーバーします。
0.2gでのみ初速を計る人は、少し余裕を持った初速にした方が安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。