「バイク」タグアーカイブ

バイクのスマホホルダーでiPhoneを使うとカメラが壊れる

話には聞いたことがありましたが、本当に壊れることになるとは…
「バイク iPhone カメラ 壊れる」などで検索すると結構ヒットします。

私が使っているのは1つ前のモデルのiPhone11 Proなんですが、ツーリングでナビを利用するためにスマホホルダーに挿して使っていたらカメラが壊れました。
バイクの振動で手振れ補正の機構が壊れるようで、振動が強い短気筒や2気筒が特に壊れやすいという話です。
が、CBR600RRは4気筒にも関わらず壊れました。

カメラを起動すると画面がグニャグニャと揺れてまともに写真が撮れなくなります。

幸いにもAppleCare+に入っていたので無償で交換することになりましたが、再び使っているとまた壊れそうな気がするのでiPhoneはスマホホルダーで使わないことにしました。
(有償修理だと4万円前後の修理代になるようです)
とはいえ、方向音痴の私的にはナビがないと辛いので、使ってないAndroidの端末をナビ専用として使用することにしました。
ナビ専用端末のためのSIMを契約するのも馬鹿らしいので、通信はiPhoneのテザリング経由での通信です。
ナビ専用の古い端末ならそうそう盗まれないでしょうし、ちょっとバイクを離れる時でもバイクに付けたままにできるのも楽でいいです。

保証期間が終わっている人やAppleCare+に入ってないiPhoneをお使いの方は、バイクでの使用には十分ご注意ください。

DIO(ディオ)110 ナックルバイザー取り付け

そろそろ11月で寒くなる季節です。
冬にバイクで一番辛いのは手です!
特に冬の雨は厳しいものがあります。

ということで注文しておいたホンダ純正のナックルバイザーが届いたので取り付け。
(デイトナの汎用ナックルバイザーはDIO110は取り付け不可ってことになってます)

下の画像はホンダのWebサイトに載ってる画像です。
(付けた姿はそのまんまだったので写真取るのやめました)
ナックルバイザー

取り付け自体は、取り付けマニュアルが付属するので、その通りに取り付けるだけで難しくありません。
但し、6mmのドリルが必要になります。
左右1箇所ずつ6mmの穴を開けることになります。
(実際に止める箇所は、左右共に3箇所ですが、2つずつの穴は最初から開いてます)

穴を開ける箇所は、取り付けマニュアルに型紙が付いていますので、間違って変な箇所に穴を開けることもないでしょう。

ちなみに止めるのは、引っ張ったら外せるプラスティック製のリベットなので、夏場は取り外しも可能です。

DIO(ディオ)110 LEDポジションランプ追加

DIO(ディオ)110にはポジションランプが付いていません。
ヘッドライトをHIDに変えたので万一バルブが点灯しなくなるとフロント部分は真っ暗です。
(ハロゲンならLowが切れても、迷惑ではあるけれどHiで前方を照らすことが可能)

でもDIO110の海外版であるBREEZE110にはポジションが標準で付いてるんです。
ライトやウィンカーレンズなどの形も全く同じなんです。
ウィンカーの下にはポジション用のリフレクターなんかも同じようにあります。
しかし、ポジション球も配線もありませんし、差し込む穴すら開いてません・・・
手探りで裏側を触ると穴を空ける前のへこみは感じられます。
ということは、穴あけて配線繋いでポジション球ぶち込めば、BREEZE110と同じようになる!

と、ここまではDIO買って直ぐに思いついて、部品も田中商会で購入していましたが
時間が中々取れずに今日の取り付けになってしまいました。

T10ソケットとT10型LEDランプ
T10 LED

まずは単体で点灯確認だけして放置してました・・・

ウィンカー部分の取り外し
LEDポジションランプ追加1

フロントカバーの取り外し方は、マニュアルに記載があるので割愛。
カバーを外して赤丸部分のネジ4本とピン1本を外します。

ここを外しただけではウィンカーカバー部分はまだ取れません。
裏から止まっているネジを外して取れるのですが、その部分のネジを外すには
周りのカウル部分も外してあげる必要があります。
カウル部分は片方にネジ4本(タイヤ側2本、シート側2本)で外れます。

ウィンカーカバー部分
LEDポジションランプ追加2

リフレクター部分とレンズ部分は、ツメで止まっているだけなので、ツメを開きつつ分離して行きます。

ウィンカーカバー部分分離
LEDポジションランプ追加3

リーマー
リーマー

カバーを開けると、ここに穴を開けてくださいと言わんばかりのへこみがあるので
そのへこみに沿って穴を開けて行きます。

T10のソケットさすには14mmくらいは穴が必要ですが
そんなに大きなドリルの歯なんて持っていません・・・
(持ってるドリルの歯は最大で10mmです)

こういう時に役に立つのがリーマー!
(ヴォクシーのバックカメラ取り付けの際に、ボディー穴あけ用に購入済みだった)
リーマーをお持ちでない方もご心配なく!
この部分のプラスティックは全然硬くないので、ヤスリで削っていくとこも可能です。

ソケット穴完成
LEDポジションランプ追加4

へこみ部分は、丸い穴だけじゃなく、ソケット差込の形状に合わせてあるので
その形にヤスリで削っていけば、ソケットをひねって締めこむ事が可能になります。

ソケットはめ込み
LEDポジションランプ追加5

実際にソケットをはめ込んでみるとぴったり!

ハウジング(コネクター)で配線を作成
LEDポジションランプ追加6

折角なんで純正っぽく、コネクターで取り外し出来るように配線を作りました。

12V電源の確保場所
LEDポジションランプ追加7

12Vの電源は、キーオンで流れる箇所で、且つ手っ取り早い場所
ということで、メーターのランプから横取りします!

12V電源確保後
LEDポジションランプ追加8

防水という面ではちょっと心配ですが、エレクトロタップで配線を分岐させ
結束テープでぐるぐる巻きにしてます。

あとは、外した時と逆の手順で戻していけば完成です!
(完全に戻す前にどこかで通電と点灯の確認をします)

完成!
LEDポジションランプ追加9

ヘッドライトもHIDなので、色合いもいい感じです。
(若干ヘッドライトの方が青っぽいですが・・・)


非プラグイン版はここからダウンロード

DIO(ディオ)110ウェイトローラー交換

先日注文しておいたウェイトローラー(以下WR)が届いたので、早速交換してみました。

今回使用したのは、デイトナより発売されているLEAD110用のWRです。
(DIO110用としては、まだ発売されていませんが、LEAD110用が利用できます)

デイトナ:スーパースプリントウエイトローラー / Φ18×14L / 14g
今回は、WRの重さ14gを使ってみました。


これは3個入りなのでX2注文し計6個使用します。

WR交換1

まずキックペダルと六角3本を外し、プラスチックカバーを外します。
(全体的に写真がブレて見難くなってます・・・)

WR交換2

大量のボルトでとまっているので、全部外していきます・・・
(使用ボルト多すぎ・・・)

WR交換3

センターのボルト以外は、同じ長さです。

WR交換4

ボルトを全部抜きカバーを外します。

WR交換5

ここからが本題です。
プーリーを止めているナットは非常に固いので、専用工具で歯車部分をしっかり押さえ込んで、22mmのメガネレンチで思いっきり外します。
(インパクトレンチが使える方は、絶対にインパクトがお勧めな固さです)
この部分のナットは正ネジです。
緩める場合は反時計回りに回してください。

純正ノーマルWS
WR交換6

デイトナ:スーパースプリントウエイトローラー
WR交換7

あとはWRを入れ替えて元に戻せば終了です。
※プーリーのナットを締めこむ際、ベルトを挟んだまま締まらないよう
締めこんでいく合間に、時々ベルトの上下をプニプニします。

また、WRには組み込む際の向きがあります。
デイトナ製を購入されれば、箱の裏に向きの説明書きがありますので
説明書きを参考に正しい向きで組み込んでください。

WRを14gに交換した後の感想
元々がもっさりしてるので、14gにしたくらいでは、もっさり感はなくなりません。
ただ当然ながら、ノーマルより加速は良くなります。
燃費とかあまり気にしなければ、13gや12gもありな気がします。
(まだ走行距離も少ないので、暫くはこのままで乗る予定です)

DIO(ディオ)110をHID化

原付のライトは暗いのでDIO110をHID化することに。
某オークションで購入した中国製の激安HIDです。

DIO110 HID 1

H4タイプ35W リレーレス 色温度6000k HI/LOW切り替えタイプです。
箱も中身も明らかに安っぽいけど、実際安いので値段相応でしょう・・・

DIO110 HID 2

まずフロントカウルを取り外します(マニュアルに詳しく記載あり)
ヘッドライト部分は、裏側からネジ6本を外せば、爪で止まってるだけです。
ミラーのネジも外さないと取れないので、ミラーのネジを土台から外します。

DIO110 HID 3

ヘッドライトのハロゲンバルブに繋がっているコネクタを外し、まずは正常に動作するかの確認を。
HI/LOW切り替えも特に問題なし。
ちなみにこのキット、マイナスコントロール用のスイッチが付いてるタイプですが
そのことに関しては、英文のマニュアルに一切記載なし。
販売元にメールで問い合わせても音沙汰なし・・・
激安といっても流石にこの対応は問題ありだと思います。

DIO110 HID 4

ヘッドライトについているハロゲンバルブを外したら、HIDキットのバルブと交換ですが
まずはHIDのバルブの台座のみを取り付けます。

DIO110 HID 5

台座のみヘッドライトへ装着

DIO110 HID 6

ゴムブーツも元にもどし

DIO110 HID 7

HIDバルブを装着

DIO110 HID 8

配線類を束ね、カバーを全て装着して終了です。

DIO110 HID 9

最後に再び動作確認。
光軸調整(確認)は、対向車が眩しくないようにしっかりと!


非プラグイン版はここからダウンロード

DIO(ディオ)110のコンビブレーキを解除

ホンダ独自のブレーキシステム「コンビブレーキ」
リアブレーキを掛けると、フロントブレーキも連動して掛かります。
一体何の為にあるのか正直理解出来ませんが
フロントブレーキを適切に掛けることが出来ない初心者には良いのでしょう。

このシステム自体は、フロントのマスターシリンダーが2個ちゃんとあって
この値段の車種には贅沢な内容ではあります。
しかし、バイクに乗りなれている人にとっては、明らかに余計なお世話なのです・・・

ということで、買ったばかりですが「解除」しました。
(解除すると、当然ながら、全体としての制動力は弱くなります)
※ブレーキは、命に関わる非常に重要なパーツです。
各自の判断でしっかりとした対応をしてください。
この記事を参考にして事故等が発生しても当方では責任は負いかねます。

フロントカバーの開け方は、ユーザーズマニュアルに詳しく載ってますので省略します。
フロントカバーを開けると、バッテリーの横に見えるのがコンビブレーキのシステムです。
コンビブレーキ1

今回のターゲットは、このボルトです。
コンビブレーキ2

横から見たところ。
(ピンボケしてます・・・)
リアブレーキのワイヤーが引っ張られると、このスプリングの部分の金具も引っ張られ
そこに繋がっているマスターシリンダーが押され、フロントブレーキがかかる仕組みになっています。
この金具を動かないようにしてあげれば、リアブレーキに繋がったワイヤーだけが結果的に動きます。
そこで出番となるのが先程のターゲットです!
コンビブレーキ3

このボルト自体は、下の写真のように4mm(くらい)の六角レンチで動きます。
ロック用のナットを先に12mmのレンチで緩めてから六角で締め込んでいきます。
コンビブレーキ4

マスターシリンダーを押している金具が動かなくなる位置まで締め込み
最後にロック用のナットを締めこめば終了です。
コンビブレーキ5

解除した後で乗った感想ですが、フロントのみなら当然ながら変わりませんし
フロントの制動力も、特に問題はありません。

リアブレーキは、かなり握りこんでも効きはそんなに良くありません。
まあ解除前から、リアだけの制動力はこんなものだったのでしょう。
あとは、まだ新車から20km程度しか走ってないので
ブレーキのあたりが出てないというのもあるでしょう。

前後ブレーキが独立して掛けれることでの安心感は確実に得られました。

2011/08/01追記
フロントのキャリパーは3ポッドのようで
両側がフロントブレーキ、真ん中がリアのコンビからとなっているようです。
(分解したわけじゃないので、他車種のキャリパーなどからの推測です)
なので、コンビ解除の際に、全くマスターシリンダーを押さないと
真ん中のピストンは、全く動かない状態が続く可能性が高く
その状態が長く続くと、ピストンが固着する可能性もあると思われます。

そもそもコンビを解除するのだから、固着しても問題はないわけですが
売却する際や、コンビ解除を元に戻す事などを考慮すると
実際にブレーキとして機能はしないが、ピストンは多少押されるくらいに調整し
ピストンの固着を防ぐようにした方が良いかもしれません。

私はリアブレーキを強く握った際に、手で回して抵抗が少し加わるくらい(タイヤは抵抗は多少あるが回るくらい)に調整し直しました。
これくらいなら、実際の走行時はフロントは効いていないのと、ほぼ同じだと思います。