DIO(ディオ)110ウェイトローラー交換

先日注文しておいたウェイトローラー(以下WR)が届いたので、早速交換してみました。

今回使用したのは、デイトナより発売されているLEAD110用のWRです。
(DIO110用としては、まだ発売されていませんが、LEAD110用が利用できます)

デイトナ:スーパースプリントウエイトローラー / Φ18×14L / 14g
今回は、WRの重さ14gを使ってみました。


これは3個入りなのでX2注文し計6個使用します。

WR交換1

まずキックペダルと六角3本を外し、プラスチックカバーを外します。
(全体的に写真がブレて見難くなってます・・・)

WR交換2

大量のボルトでとまっているので、全部外していきます・・・
(使用ボルト多すぎ・・・)

WR交換3

センターのボルト以外は、同じ長さです。

WR交換4

ボルトを全部抜きカバーを外します。

WR交換5

ここからが本題です。
プーリーを止めているナットは非常に固いので、専用工具で歯車部分をしっかり押さえ込んで、22mmのメガネレンチで思いっきり外します。
(インパクトレンチが使える方は、絶対にインパクトがお勧めな固さです)
この部分のナットは正ネジです。
緩める場合は反時計回りに回してください。

純正ノーマルWS
WR交換6

デイトナ:スーパースプリントウエイトローラー
WR交換7

あとはWRを入れ替えて元に戻せば終了です。
※プーリーのナットを締めこむ際、ベルトを挟んだまま締まらないよう
締めこんでいく合間に、時々ベルトの上下をプニプニします。

また、WRには組み込む際の向きがあります。
デイトナ製を購入されれば、箱の裏に向きの説明書きがありますので
説明書きを参考に正しい向きで組み込んでください。

WRを14gに交換した後の感想
元々がもっさりしてるので、14gにしたくらいでは、もっさり感はなくなりません。
ただ当然ながら、ノーマルより加速は良くなります。
燃費とかあまり気にしなければ、13gや12gもありな気がします。
(まだ走行距離も少ないので、暫くはこのままで乗る予定です)

「DIO(ディオ)110ウェイトローラー交換」への1件のフィードバック

  1. お初です、グランパジジです
    今年の3月に年金生活シニアライフ車のアイドル的(個人的解釈)スニーカー
    ディオ110を購入しました
    マッタリとした走りとネット上での噂
    はなっからWRを14 ; 13 の 13.5gでセット
    それなり気持ちよくライディングしておりました
    直近キタコのハイスプーリー、WR 14 x 3 11 x 3 の 12.5g で
    Gを感じる(気持ちではありんすが)走りをしておりました
    此処の所気になる金属音が時折機関部から聞こえる様になり
    純正プーリーに自力で戻そうと決意!
    当ブログを発見致しお邪魔しました
    実に克明な説明で参考書より参考になり申した
    有り難う御座いました
    楽しいディオ君になる用ホンダさんには是非とも
    気張って頂き他
    此れを機に是非ディオフレンドを希望致します
    宜しく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。