A&K M24シリンダー分解・清掃

A&K M24の初速とチャンバーパッキン交換からの続きです。

PDI Wホールドチャンバーパッキンに交換後の初速を計ってみました。

ノンホップ
チャンバーパッキン交換後初速ノンホップ

ホップ中間
チャンバーパッキン交換後初速ホップ中間

ホップMAX
チャンバーパッキン交換後初速ホップMAX

交換前から比べると、初速が4m/sくらい落ちてます・・・
交換したのはホップパッキンだけなので、ノズルの位置とか気密の関係でしょう。

パッキン交換後のホップの効き具合は、未だ確認していません。

シリンダーの分解も簡単そうだったので、分解して清掃することに。
基本的な分解方法は、VSRと大して変わりありません。

シリンダーヘッドは専用の工具を持っていないので、ノズル部分に傷が入らないよう
ノズルに厚めにティッシュを巻き、細めのラジオペンチの先をシリンダーヘッドの穴2箇所に入れ
結構な力を入れて回したら取れました。
(かなり固かったです)

シリンダー分解

中華銃ではお約束の緑色のグリスが使われていたので、綺麗にふき取った後
マルイのグリスと、タミヤのフッ素グリスと併用してグリスアップ。

後は外した時と逆の順番で組むだけなので簡単でした。

スプリング

使われているスプリングも、中華銃お約束のぶった切り初速調整スプリングでした。
スプリング交換で最大初速を95m/sくらいに引き上げたいとこですが
対応するスプリングなんかも良く分かってません。
(VSRとはシリンダーの長さが違うみたいですし、SWのM24ともシリンダーのサイズが違うようです)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。