UMAREX G36CVの初期調整

中華ガンは調整なしでは国産のようには動きません。
(UMAREX自体はドイツのメーカーですが、実際に作っているのは中華です)

UMAREX G36CVを購入する前に事前に調べて分かっていたこと。

1.デチューンの為にぶった切られたスプリングで使い続けるとピストンが破損する可能性が高い。
2.チャンバーパッキンを交換しないとHOPがおかしくまっすぐ飛ばない。

ということで、スプリングとパッキンは本体注文と同時に購入。

ANGS(アングス) 0.9Jスプリング M バレル長(245~285mm)用
PDI Wホールドチャンバーパッキン

ANGS(アングス) 0.9Jスプリング M & PDI Wホールドチャンバーパッキン

スプリングの比較
上が今回購入したANGS(アングス) 0.9Jスプリング M バレル長(245~285mm)用で
下がぶった切りデチューン仕様のスプリングです。

(スプリング交換は超簡単なので省略)
スプリング比較

次はチャンバーパッキンの交換です。
インナーバレルを外します。

スプリングが固すぎ・・・
※ちなみに私が入手した固体ですと、HOP調整のダイヤルがHOPマックスで止まらずに、1回転してHOPなしまで回ることはありませんでした。
他の方の分解記事では回り続ける物があるようですが、恐らく最新のロットでは改良されているのではないかと思います。

(但し、ホップ調整のダイアルを回す向きは、マルイ純正と逆向きなのは変わらず)
インナーバレル取り外し

インナーバレルとチャンバーを分離し、チャンバーを更に分解。
一応インナーバレルの内部クリーニングも行いました。
新品ですが若干汚れていましたので、出来ればクリーニングした方がいいですね。

インナーバレルチャンバー分解

パッキンの比較
上が今回購入したPDI Wホールドチャンバーパッキン
下が純正中華パッキン

(本当は中のホップアップ用の出っ張り部分を撮影すべきでしょうね・・・)
ホップアップパッキン比較

詳しい交換方法などは一気に省略です(笑)
※ネットを検索すればかなり詳しい交換方法が出てきますので・・・

ホップを少し掛けた状態で簡易計測してみました。
紙のへこみ方などをSOPMOD計測時やG36CVの箱出し計測時と比較すると
恐らく90m/sくらいではないかと思われます。

大体スプリングの設定速度と同じくらい出てると思われます。
G36CV交換後計測

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。