G36CVのサイトを変更

軽量路線で行くと決めていたG36CVですが、使ってないホロサイトを取り合えず載せてたことで
重た~いイメージになっていました。
これではダメだと思い、軽いイメージにするため、オープンタイプのドットサイトに変更!

ついでにバックアップサイトもMAGPULのMBUSに変更しました。

G36C標準サイトだと、ドットサイト故障時にドットサイトを外さなければ、ドットサイトが邪魔で
G36C標準サイトを覗くことが出来ません。
MBUSなどの一般的なバックアップサイトであれば、緊急時にサイトを立てれば
ドットサイト越しにバックアップサイトを覗くことが出来ます。

MAGPUL MBUS GEN2 & JH400ドットサイト
MAGPUL MBUS GEN2 & JH400ドットサイト

MAGPUL MBUS GEN2開封

MAGPUL MBUS GEN2です。
もちろんレプリカです。
少しバリが目立つ感じでした。

オープンタイプのドットサイトは、某市場で安く売られてたJH400タイプのドットサイトです。
ドットサイトの赤緑切り替え式は、レンズがスモークで暗いものが多いので
今回は赤のみでレンズがルビーコートの物を選びました。

JH400ドットサイト開封

レンズはルビーコートの中でも、結構青い方だと思いますが、スモークと違って
青いものの視認性はそれ程悪くありません。
(赤が反射し向こう側の赤が目に届きにくいので青く見える)

JH400ドットサイトレンズ1

JH400ドットサイトレンズ2

ドットの輝度は7段階あって、下の写真が最低輝度です。
写真ではドットが見えませんが、肉眼で見ると薄っすらと見えます。
(かなり薄く、本当に薄っすらです)

ドットパターンは4パターンあるのですが、個人的にはドットしか使わないので、どうでもいい感じです。
但し、ドット以外のパターンを選ぶと、映る光が増え輝度が結構上がるので、非常に明るい場所だと
認識しやすくなると思うので、場合によっては使えるかもしれません。

最低輝度
JH400ドットサイト最低輝度

下の写真は7段階目の最高輝度です。
結構明るくて、LED電灯に向けても認識できます。

最高輝度
JH400ドットサイト最高輝度

MAGPUL MBUS GEN2 & JH400ドットサイト 装着
MAGPUL MBUS GEN2 & JH400ドットサイト 装着

トップレイルのフラット化は行ってません。
単にピンを抜いて純正のアイアンサイトを抜いて、MBUSを取り付けているだけです。

フロントサイトは、純正サイトを抜いた穴を隠すような感じで付くので、良く見ないと違和感はありません。
ただリアサイトは、純正サイトを外すと、結構な長さのレイルがなくなってしまい、ぼっこり穴が開きます。
(まあMBUSを倒してれば、そこまで気にならない気もしますが)
なので、気にする人はトップレイルをフラット化した方がいいでしょう。

本当はトップレイルをフラット化したかったのですが、DE色のものが売ってないのと
例え黒でも安いSTAR製フラットトップレイルが、どこも品切れで手に入らないので諦めました。

MBUSを起こした状態
MAGPUL MBUS GEN2 & JH400ドットサイト 装着(MBUS起こした状態)

最後に構えた状態で見える角度から写真を撮ってみました。

MAGPUL MBUS GEN2 & JH400ドットサイト 後ろから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。