フェイスマスク その2

フェイスマスク選びの記事フェイスマスクからの続きになります。

頬付け出来ないのは辛いので、頬付けできるように、布製のフェイスマスクを選択してました。
ある程度の距離があれば、布製でも特に問題はないのですが、インドアやCQBだと
それなりに痛いです。

痛いのはまだ我慢すればいいのですが、万一歯が折れた場合、我慢ではすみません。
(実際に近距離で食らいましたが、布製のフェイスマスク越しだと、かなり痛いです)

布製とはいえ一応フェイスマスクをしているので、近距離であっても
歯が折れるような事故はほぼないとは思いますが、もし折れたりしたら嫌なので
頬付けできて歯を守れるフェイスマスクを自作することにしました。

(頬付け可能と言われている、マルイのフルフェイスプロゴーグルを持っていますが
 かなり押し付けないと厳しく、個人的には頬付け可能とは思えません)

まず用意するのは、前回布製で一番良かった「UFC ハーフ マスク BK(UFC-MASK-04 )」と
SANSEIのプラ製フェイスマスク「SG-4 フェイスガードマスク」です。

新たに用意するならフェイスガードマスクが安いですが、私は手持ちのフルフェイスタイプから
フェイスガードの部分だけを外して利用しました。

フェイスガードマスクを下の写真の赤線の位置で切断。
(カッターナイフでサクサク切れます)
SANSEIファイスガード
ピンが付属しているので、フェイスガードマスクとUFCハーフマスクに小さな穴を開けて
付属のピンで2つを鼻から口の位置に合わせて固定。

(当然ですが、穴を開ける前に位置合わせをします)

フェイスガード加工1

UFCハーフマスクの鼻から口にかけての部分は、プラ製のマスクでガードされるので
不要部分になるためカットします。

(ここをカットすると、呼吸も凄くしやすくなります)

フェイスガード加工2

これで完成です。
見た目は若干悪いですが、鼻から口に掛けて完璧にガードされ、更に他の部分も布でガード。
それでいて頬付けの際には、プラ部分は全く当たらないので、完璧な頬付けが可能となります。

UFCハーフマスクとフェイスガードマスクの色を合わせれば、もう少しマシになるかと思いますが
手持ちのSANSEIフルフェイスゴーグルがODだったのでこうなりました。

作成自体は全く難しくありませんが、面倒といえば面倒なんで、2,000円くらいでこんな製品出してください!

フェイスガード加工3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。