mediatombの設定

LinkStationにてmediatombは導入済みでしたので
インストール&設定を行って起動でPS3から検索。
LinkStationでの導入記事

しかしPS3からDLNA機器は見つかりません・・・

再度、設定を見直しました。

# vi /etc/default/mediatomb

この中の以下の行が問題でした。

変更前:INTERFACE=””
変更後:INTERFACE=”eth0″

インターフェースをちゃんと指定しないとダメなようです。
mediatombを再起動後にPS3からちゃんと見えるようになりました。

ブラウザからDLNAに登録するディレクトリを選択できますが
設定を間違うとサーバーに非常に負担が掛かります。

mediatomb

各設定の意味は以下のようになります。
Scan Mode:
None スキャンしない
Timed 決められた時間でスキャンを行う
Inotify カーネルからファイル変更(追加、削除等)の通知を受けてDB登録する

Initial Scan:
Basic 単純にファイルの追加・削除の変更のみで更新を行う
Full 最後に登録されている情報と相違が無いかチェックして更新を行う

Recursive:
チェックを入れると再帰的に下位のディレクトリも検索の対象とします。

Include hidden files/directories:
チェックを入れると隠しファイルも検索の対象となります。

お勧めの設定は、上の画像の通りです。
Scan Mode:Timed + Initial Scan:Full + Recursive:チェックの設定にすると
ファイル数が多かったり、ディレクトリの階層が深いと、かなりの数の検索を行うことになり、サーバーに非常に負荷が掛かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。