「ドライブレコーダー」タグアーカイブ

VOXY80系のリアにドライブレコーダーAUKEY DR02を取り付け

最近なにかと問題になっている煽り運転。
結構前からフロントにはドライブレコーダーを取り付けていますが、煽り運転対策は後ろが重要。
我が家のVOXYは家族が運転することも多いので、念のためリアにもドライブレコーダーを取り付けることにしました。
最近のドラレコは前後を撮れるものも結構出てきてますが、フロントのドラレコは買い替えたばかりですし、今回は単品のドライブレコーダーをリアに取り付けました。

VOXYのリアガラスは純正でスモークガラスですし、後ろはライトもないので、安い割に暗いところに強いという噂のAUKEY DR02をチョイスしました。
時々Amazonの直販がタイムセールやクーポン配布で安くなってる時があります。
私もクーポン利用の35%オフで購入しました。

AUKEY DR02
AUKEY DR02

箱は控えめなデザインです。
中身はSDカード以外は一通り揃っています。
両面テープも予備分2枚が付いて計3枚も入ってます。

電源周りはUSBが2つ接続できるシガーアダプターが付属してました。
そのシガーアダプターと本体を付属のMiniUSBケーブルで繋ぐ形になってます。

AUKEY DR02

本体のサイズはそこまで小型ではありませんが、私が思っていたよりも小さかったです。

AUKEY DR02

AUKEY DR02

マニュアルは各国の言語で書かれていて、日本語もしっかりありました。
が、設定方法は書かれていますが、設定内容は書かれていませんでした。
ただ、本体設定時に設定内容も日本語で出せますので、設定で迷うことはないかと思います。

AUKEY DR02

リアのどこに付けようか、電源はどこから取ろうか。
色々と調べた結果、リアワイパーのコネクターにACC電源(アクセサリー電源)が来ていることが分かりました。

AUKEY DR02

このリアワイパー部分のカバーを外します。
このカバーはクリップでとまっているだけなので、手前に引っ張ればバキっと取れます。

AUKEY DR02

リアゲートを閉めたままだと外せないので、開けてから引っ張ります。

AUKEY DR02

上の写真で分るように5か所クリップがあります。
カバーを外すと下の写真のコネクターが見えると思います。
このコネクターが今回ACC電源を取るターゲットです。

AUKEY DR02

白/黒の線がアースで黄色の線がACC電源になってます。
(写真で見ると一番左と左から二番目です)

AUKEY DR02

今回は付属のシガーアダプターではなく、12V → MiniUSB変換ケーブルを使用しました。
※実はこの別途購入した変換ケーブルが不良品だったようで、数分おきに本体の電源が入ったり落ちたりを繰り返したため、最終的にはこの変換ケーブルは使わず、別で購入したシガーソケットを使用しました。
リアワイパーのコネクター配線から電源を分岐したシガーソケットに、付属のシガーアダプターを接続したろころ、問題なく使えるようになりました。

不良品だった変換ケーブル
AUKEY DR02

ACC電源とアースは、リアワイパーのコネクター配線からエレクトロタップを使用して取りました。

AUKEY DR02

仕上げで自己粘着テープでグルグル巻きに。

AUKEY DR02

この段階で一度動作確認します。

AUKEY DR02

問題なさそうです。
※上にも書いた通り、実際は問題ありで配線をやり直しました…

両面テープはリアガラスの熱線を避けた方が良いので、張り付ける前に場所決めをしました。
ガラスの一番上の部分に取り付ければ熱線を避けれそうですが、それだとUSBケーブルが邪魔になって取り付け出来ませんでした。

AUKEY DR02

なので、USBケーブルを逃がすためにカバーに切れ込みを入れました。
柔らかい素材なので、カッターでも余裕で切り取ることが出来ます。

AUKEY DR02

位置合わせして取り付けてみたら、なんとカメラ部分が熱線に被ってました…

AUKEY DR02

両面テープは予備が2枚入っているので貼り直し。
一旦取り外してギリギリまで上に上げてみたら、一番下の方にほんの少し熱線が被る程度にはなったので、カバーギリギリの部分に張り直しました。

AUKEY DR02

ということで、これで取り付け完了です。

AUKEY DR02

AUKEY DR02は上下の調整は出来ますが、左右の調整はできないので、ど真ん中に付けない限り左右の撮れる範囲は若干変わりますが、元々広い範囲で撮れるので問題なさそうです。

AUKEY DR02

リアはスモークガラスなので、EV設定(露出補正)を最大の+1.0にしました。
昼間は若干明るめな気はしますが、夜は設定を最大にしておいた方が明るく撮れます。

最後に。
AUKEY DR02で1点だけ気になるのは、録画中に緑のLEDが点滅することです。
内側に向けて点滅するので、バックミラー越しにLEDが点滅しているのが見えます。
LED点滅は録画されているという状態表示なので、撮れているか気になる人にはいいですが、神経質な人だとLEDの点滅が気になるかもしれません。

80系VOXYのドライブレコーダーをパパゴ(Papago) GoSafe 30Gに交換

80系VOXYにドライブレコーダー取り付け(ASSURAレーダーと連携)
上記は以前の記事ですが、今乗っている80系VOXYにはスーパーノヴァというドライブレコーダーを取り付けていました。
去年の夏場に調子が悪くなったのですが、熱さが収まったら通常通り使えていたので、交換まではしなくてもいいかと思ってましたが、万一の時に撮れてないようではドライブレコーダーの意味がありません。
ということでドライブレコーダーを買い換えることに。

色々と悩みましたが、全部入りでコスパに優れるパパゴ(Papago) GoSafe 30Gに決め、某フリマサイトで新品で保証が10ケ月残っているものを安く購入。
映り等も気になりますが、スーパーノヴァでは地デジがワンセグに変わることが増えて、毒電波がないものというのも条件の一つでした。

結果から書きますと、スーパーノヴァの時と違ってワンセグに変わることがほぼなくなりました!
毒電波対策は完璧のようですね。

パパゴ(Papago) GoSafe 30G
パパゴ(Papago) GoSafe 30G

大きさはそんなに大型ではありませんが、小さいというほどでもありません。
スーパーノヴァよりも少しだけ小さい感じです。

パパゴ(Papago) GoSafe 30G

パパゴ(Papago) GoSafe 30G

内容物を全部撮ったつもりでしたが、SDカードやマニュアルが写ってませんでした。
ちゃんと32GのMicroSDカードや日本語のマニュアルも入っています。

パパゴ(Papago) GoSafe 30G

シガーソケットから電源を取るのであれば、他に必要なものはありません。
私は以前使っていた配線をそのまま使いましたので、シガー電源は使用しませんでした。
また、60FPSで録画することにしたので32Gではちょっと容量が足りないかと思い、32GのSDカードを購入しました。

Samsung Evo Plus 64GB

いつもSanDiskのSDカードを購入していますが、ドラレコ用にExteremeProまでは必要ないですし、安いものは偽物も多く出回っているので、今回はSamsung Evo Plus 64GBにしました。

パパゴ(Papago) GoSafe 30G

取り付け位置はここにしました。
もう少しミラーの後ろでも取り付け可能ですが、運転席から見えなくなるので、折角の安全運転機能付きですしこの位置としました。
(この位置だと雨の日に1/3くらいワイパーで雨を拭き取れない部分が入ってしまうので、本当はもう少しミラー側に寄せた方がいいかと思います)

パパゴ(Papago) GoSafe 30G

車線逸脱警告、前方衝突警告、出発遅延警告など、最近の車では搭載されている機能もついてたりしますが、カメラが車用のように複数ではないので誤作動もあります。
私が乗っている80系VOXYは発売直後に購入したため安全機能が搭載されていないので、ドラレコの機能を有効にしてます(笑)

最後になりましたが、個人的にはパパゴ(Papago) GoSafe 30Gはお勧めのドライブレコーダーです。

2018/14/14 追記
雨が降った時にワイパーで拭きとれない部分が多かったので運転席側に移動。
これで雨の日でもしっかり記録できるようになりました。

パパゴ(Papago) GoSafe 30G