「カーボン」タグアーカイブ

’21 CBR600RRにタンクキャップカバー(本物カーボン)を張り付け

以前貼り付けたカーボン調のタンクキャップカバーですが、本物のカーボンではないのがすぐに分かるものでなんだか安っぽかったので剥がしました。
(寸法もズレてて隙間がおかしかったです)
’21 CBR600RRにタンクキャップカバー(カーボン調)を張り付け

何かいいのはないかと思っていたらAk Craftさんが本物のカーボンを使ったタンクキャップカバーを制作・販売しているのを知り直ぐに購入しました。
お値段はNSR250R用で3000円+送料120円でした。

事前に寸法の確認をしてCBR600RRのタンクキャップはNSR250Rと同じサイズだと分かったのでNSR250R用を注文しました。
(ホンダの7穴汎用品はこのサイズになるようです)

流石本物のカーボンなのでどこからどうみてもカーボンです(笑)
カーボンの板だけが送られてきますので両面テープは自分で用意し、裏に貼り付けてデザイン用のカッターで切って形を整えました。
この作業が若干面倒ではありますが安く提供してもらうには仕方なしですね。
サイズもピッタリで文句なくお勧めです!

ちなみに上の写真がアクセサリー製作 Ak Craftさん作成のカーボン製で、下の写真がカーボン調のなんちゃってステッカーです。
全然違いますね。

’21 CBR600RRのリアインナーフェンダーをSPICE製タクティカルリアフェンダー(カーボン)に交換

SPICE製のタクティカルリアフェンダー(カーボン 1SRF63)の中古を入手しました。
PC40用なので基本的には新型(2BL-PC40)にも着くだろうと安直に考えていました。
純正のリアインナーフェンダーは小さいので、できれば大きめのものがいいと思っていたのでSPICE製が良さそうだったので入手しました。

中古ではあるもののかなり程度はよく奇麗な状態です。

細かな傷はあるものの裏側も結構綺麗でした。

まずは純正のリアフェンダーを取り外します。
5mmのヘキサレンチで簡単に取り外せます。

ネジ3本とABSの配線が止めてあるクリップを外します。
クリップは裏から爪部分を押せば簡単に抜けます。

下の写真の左が純正、右側がSPICE製です。
こんなに大きさが違います。

取りあえず無加工でそのままネジ止めしてみました。

ブレーキホースとABSの配線を止めることができません。
同じCBR600RR PC40でもABSなしとABSありで作りが結構違うようです。
PC40用で売られているもので後ろの部分の形状が大きく分けて2種類あるのは、このようにABSあり・ABSなしの差だと思われます。
(ABSが設定された年式から形状が変わっているようで、ABSなしモデルでもABSが付いた年式以降ではこの形状のようです)

インシュロックで止めようかとも思いましたが、今回はちゃんと純正の取り回しで配線を止めれるようにタクティカルリアフェンダーを加工することにしました。

上の写真の右側の赤丸の穴は7mmのドリルで開けました。
この穴にABSの配線を止めているクリップをはめることができます。

左の四角の部分はリューターを使用して切り落としました。
カーボンなのでリューターで簡単に切ることができました。
この部分にはブレーキホースとABSの配線を止める純正の金具を裏から通して表に出すことができます。
(金具自体はリアフェンダーを止めるボルトで一緒にスイングアームに固定されます)

ミニリューターは出力高めのものを1つ持っておくと何かと使えるので便利です。
私はTACKLIFEというメーカーのものを使用しています。
別途タングステンのビットセットを購入しておくと金属も結構削ることが可能になります。

これでブレーキホースとABS用の配線を純正と同じ取り回しで固定することができるようになりました。

右側のタイヤとのクリアランスは問題なかったのですが左側がかなりギリギリでした。
なので左の前側のボルトの方にはカーボンリアフェンダーの下に3mmのゴム製のスペーサーを入れました。
チェーンガードと共締めする左後ろのボルトの方には3mmのゴム製スペーサー2枚(計6mm)を入れて隙間を増やしました。
6mmのスペーサー+カーボンリアフェンダー分厚みが増した状態ではチェーンガードを止めている純正のボルトでは長さが足りず、手元にあったM6x20mmのボルトを使ってスイングアームに止めています。
(その後5mmのアルミスペーサーに変更しましたが、隙間はゴムスペーサー使っていた時とほぼ変わってません)

ABS無し仕様のものを無加工でポン付けとは行きませんでしたが、比較的簡単な加工でABSありの車両に対応させることができました。