サブウーファー取り付け

某オクで落札したサブウーファーが届いたので早速取り付けました。
サブウーファー自体はKENWOODのKSC-SW800という古いチューンナップウーファーです。

まずはバッ直(バッテリー直接)の電源取りから。
車内への引き込みはセキュリティのバックアップサイレンの時と同じように
エーモンの配線引き込み工具使って車内へ引き込みます。
※引き込み時点ではバッ直配線のヒューズはショート防止のため抜いておきます。
今回使用したのはエーモン電源取り出しコードエーモン電源取り出しコード
アンペア数は10Aと低いですがウーファー自体が100Wなので今回の使用目的では問題ありません。

バッ直配線引き込み
バッ直
※ZRRは電流計が装着されているので、マイナス側は直接バッテリーに接続してはいけません。
バッテリーのマイナスに繋がっている線が、黒いプラスティックの部品を通っているのが分かると思いますが、そこの黒い部品が電流計です。
マイナスは電流系以降に取り付けないと、ECUが正常に消費電力を測ることが出来なくなります。
マイナス端子はボディーアースしておけば問題ありません。

ウーファーの設置は邪魔にならない場所にと考えていましたが
物が思ったより大きくて置ける場所が限られました(笑)
本当は前席のウォークスルー部分に置きたかったのですが、幅的に微妙に入りきらずに断念。
なので結局は最後尾のラゲッジボックスの蓋上に置くことに。
一応、荷物載せる時には取り外せるように、下はマジックテープで配線類はカプラー取り付けにしました。
これで取り外しは割と簡単に出来ます。

ウーファー設置場所
ウーファー

トヨタ純正ナビはサブウーファー用RCA出力端子がありませんので
スピーカーコードから配線を分岐させて取り出します。
スピーカー配線からの分岐は、準備編で調べていた通りの分岐で、特に問題はありませんでした。
配線の分岐にはこれ使いました。
エーモン配線コネクター(ワンタッチ)エーモン配線コネクター(ワンタッチ)

ちなみにナビ裏の配線は色々な配線でもうぐちゃぐちゃですね(笑)

ナビ裏配線
ナビ裏配線

サブウーファーの出力を切りたい場合に、簡単に切れるように
アクセサリー電源 スイッチ サブウーファーコントロール線
と、間にスイッチを入れました。

電源を通電させてる間はスイッチのLEDが光るタイプのスイッチをチョイス。
最初はトグルタイプで光る物を買ってきましたが
トヨタのスイッチ蓋にはサイズ的に取り付けが困難で断念・・・
見た目は少し悪くなりますが(出っ張るため)ロッカスイッチを買ってきました。

出っ張りがなくなるようにスイッチ蓋に埋め込もうとも思いましたが
削ってる途中で余りの大変さに断念しました(笑)
なので通常通り蓋の上に載せる形になってます。
スイッチ蓋をガンガン削ったので蓋の爪折っちゃってホットボンドで固定することにしました。

ロッカスイッチ(ホットボンド固定前でスイッチ斜め向いてますね・・・)
ウーファーロッカスイッチ

暗い時はこんな感じでアイスブルーに光ります。
(暗くなくても十分認識出来るくらいには光ってます)
暗い時の視界の妨げになるような激しい光り方ではありません。
丁度いい感じの明るさで光ってると思います。

ロッカスイッチ(光り方)
ウーファーロッカスイッチ2

アンプ内蔵(出力ワット小さめ)のサブウーファー使うのは初めてなのですが
気になる音の方はというと・・・
やっぱ控えめな感じですね。
ローパス周波数の調整にもよると思いますが、ドラム系のドスドス音はあまり強調されません。
ベースの音はそこそこ強調されますね。
ドラムの音がもう少し強調されてもいいかなという感じです。
スピーカー入力ではなくRCA変換機使ってRCA入力すれば音が変わるかは、やってないので分かりません!
ローパス周波数の調整も色々と変えてみたのですが、この辺りはあまり改善されませんでした。
暫くはこの状態でもう少し色々と調整をして様子を見て行こうと思います。

追記:音の出方がやはりおかしいので、試しにバランス調整で左右に振ってみました。
左のみ、右のみだと普通に低音がズンズンと出るんです(^^;
そこでスピーカー配線をもう一度追ってみました。
すると・・・
サブウーファーのスピーカー入力端子はL+、L-、R-、R+って書いてありましたが
スピーカー入力はL+、L-、R+、R-と交互に挿してしまってました(^^;
思い込みって怖いです、完全に交互と思い込んで挿してました。
配線を正しく接続し直してみるとバッチリと音が出ました!
低音出過ぎてゲイン下げたくらいです。
ローパスの周波数も100~120Hzくらいで調整して良い感じに低音出るようになりました。
しかしプラスマイナス逆なだけで、ここまでどうしようもない音になるんですね。
両方逆なら位相が逆になる感じだけで、そこまではならなかったのでしょうが。
ということで、スピーカー入力でも十分な低音が得られるようになってサウンドに広がりが出ました。
一件落着!

「サブウーファー取り付け」への1件のフィードバック

  1. エンジンルーム内のバッ直配線にコルゲートチューブ被せるの忘れてました・・・
    コルゲートチューブ自体は家にあるので帰ってから被せようかと。
    まあ被せなくても問題はないと思いますけど、エンジンルーム内なので念のために!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。