VOXY 80系にALPINE SWE-1200取り付け(準備編)

納車後3週間が経ちます。
ALPINEナビにDDLシリーズのスピーカーという環境でしたが、やはり低音がもう少し欲しい。
そう思うようになり、ALPINEのSWE-1550というサブウーファー(チューンナップウーファー)を候補にしていました。

が、立ち寄ったオートバックスにて「広告の品」として12,800円(税込)で売られていたSWE-1200を思わず購入。

前車の70系ヴォクシーでは、ラゲッジルームのパネルの上に、JVCの2スピーカーサブウーファーを積んでいました。
しかし、自転車の積み下ろしなんかの際に邪魔だったこともあり、今回の80系では小型のものにしました。

SWE-1200やSWE-1500には、ヴォリューム調整はありますが、ウーファー自体のON/OFFスイッチは付いていないので、電源スイッチを付けることにしました。

今回使うスイッチはエーモン 貼り付けプッシュスイッチ【1621】です。
エーモン 貼り付けプッシュスイッチ【1621】

トヨタのスペアスイッチホール用カバーとサイズがかなり近いです。

貼り付けプッシュスイッチとスペアスイッチホール用カバーの比較1

縦のサイズか少し大きいので、縦は削らないとスイッチホールに入りません。

貼り付けプッシュスイッチとスペアスイッチホール用カバーの比較2

一応ノギスで計って削りましたが、そこまで厳密にする必要もないかと思います。

貼り付けプッシュスイッチ加工

下の写真はスイッチホールに取り付けたところです。
両面テープやホットボンドなどの接着剤は一切使わず、はめ込んだだけですが大丈夫そうです。

貼り付けプッシュスイッチ取り付け

ON/OFFでLEDの輝度が変わるタイプのスイッチなので、夜の写真を撮ってみました。
上がONで下がOFFの時の写真です。

貼り付けプッシュスイッチ ON
エーモン 貼り付けプッシュスイッチ ON

貼り付けプッシュスイッチ OFF
エーモン 貼り付けプッシュスイッチ OFF

長くなるので、SWE-1200の取り付け記事は次回へ続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。