USB-シリアル変換ケーブルを認識

前回の妄想から2日。
秋月電子からUSB・シリアル変換ケーブルが届きました。

kernelも前もってコンパイルしていたので早速USBに挿してみると・・・
認識しました!
usbserial_generic 2-1:1.0: usb_probe_interface - got id
drivers/usb/serial/usb-serial.c: USB Serial Driver core
drivers/usb/serial/usb-serial.c: USB Serial support registered for pl2303
pl2303 2-1:1.0: usb_probe_interface
pl2303 2-1:1.0: usb_probe_interface - got id
pl2303 2-1:1.0: pl2303 converter detected
usb 2-1: pl2303 converter now attached to ttyUSB0
usbcore: registered new driver pl2303
drivers/usb/serial/pl2303.c: Prolific PL2303 USB to serial adaptor driver

ただ色々調べてた時にkernel標準ドライバはコマンドの送信が出来なくてパッチが必要と複数のサイトに書いてあった。
なんでも秋月電子で売ってる変換ケーブルのチップはPL-2303ではなくPL-2303XとXが付くらしいです。
そこでkernel標準のPL-2303ドライバでコマンド送信が可能か試してみることに。
しかしクロスのシリアルケーブルが家にありません・・・
UPSのシリアルケーブルもまだ届いてません・・・
どうやって確認するか悩みましたがシリアル接続のモデムがあったのでそれで試すことに!

まずcuコマンドが使えるように apt-get install cu
ttyUSB0のパーミッションを変更しときます。
テストなので適当に・・・ chmod 777 /dev/ttyUSB0
モデムの電源を入れていざ接続開始!

# cu -l /dev/ttyUSB0
Connected.
at[ENTER]
OK
at+fmfr?[ENTER]
ROCKWELL

OK
at+fmdl?[ENTER]
AC/K56

OK
~.[ENTER]

Disconnected.

※参考:オモイノホカ日々徒然
※既にリンク先のサイトはなくなっているようです

ATコマンドの送受信が出来ますね。
kernel2.6.16.16のPL-2303ドライバはPL-2303Xでもパッチなしで動くようです。
USB-シリアル変換ケーブルの動作確認はこれにて終了!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。