QNAP TS-673にGPGPUを追加 その2

QNAP TS-673にGPGPUを追加の続きとなります。

一旦はQNAP TS-673にQNAPドライバのサポート対象であるGTX 1050 Tiを挿して使用していましたが、GTX 1650でも動作するのか試したく購入しました。

ELSA GeForce GTX 1650 SP(GD1650-4GERSP)

下の写真は全て上がGTX 1650で下がGTX 1050 Tiとなります。

サイズは全く同じです。
基盤のパターンなどは違いますが、よく見ないとどちらがどちらか分からないほどです。
唯一見た目で違うのは、ブラケットにある端子の種類くらいです。

箱は同じELSAのGTX 1050 Tiよりも一回り大きいです。
基盤のサイズは同じなので、無駄に箱を大きくする必要があったのか…

とまあ、外見上の違いはここまでとして、実際にQNAP TS-673上でトランスコードができるのかです。
現時点で使用可能なQNAPのNVIDIA GPU Driver 3.0.5(NVIDIA driver version 418.56)ではGTX 1650を正式サポートしていません。
(GTX 1650をサポートしているのはNVIDIA driver versionは418.74以降となります)

ダメもとでQNAP TS-673に挿してみたところ、認識自体は問題なくしており、起動時の画面もHDMI経由で表示されました。
OS起動後もハードウェアとして認識されており、トランスコードも可能と表示されました。

実際にQNAPのアプリでオンザフライのトランスコードを試してみたところ、これも問題なく動きました。

ということで、現在の最新バージョンであるQNAPのNVIDIA GPU Driver 3.0.5でも問題なくELSA GeForce GTX 1650 SPにてハードウェアトランスコーディングが可能でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。