「GPU」タグアーカイブ

QNAP TS-673でTS(MPEG2)ファイルをMP4(H.264)に変換する

地デジやBS・CSをRaspberry Pi 4で録画し、TSファイルからH.264に変換するところまでやっていましたが、変換に録画時間と同じくらいの時間が掛かります。
Raspberry Pi 4もハードウェアトランスコードには対応しているようですが、どっちにしても同じくらい遅いのに変わりはありません。

QNAP TS-673にはトランスコードの機能がありますし、GPUも追加しているので変換はTS-673に任せることにしました。
Raspberry Pi 4はTSファイルでの録画までとなりCPUを殆ど使わなくなるため、使い方的にはちょっともったいない気もしますが…

TSファイルの保存先をTS-673のNFSにしているので、あとはTS-673側でトランスコードの設定をするだけです。
マルチメディアコンソールのトランスコードの設定で、リアルタイムスキャンを選んでTSファイルの保存先を指定するだけです。
フォルダの指定時に480Pやオリジナルなど欲しい解像度を選択すれば、その解像度のファイルが生成されます。

設定はたったこれだけです。
GPUを積んでいればGPUを使用したハードウェアトランスコードが行われます。
GTX 1650使用(GPU使用率20%前後)で2時間のFullHDの動画を、オリジナル解像度のままで約10分程度でH.264のMP4に変換してくれます。

変換したMP4ファイルは、指定したフォルダの下の@Transcodeフォルダ内に選択した解像度の分だけ生成されます。
変換元のTSファイルを自動削除したり、変換後のファイルを特定のフォルダに移動したりはできないので、そこは手動で行う必要があります。
これらの処理はRaspberry Pi 4で動かしているアプリだとできるので、TS-673でトランスコードする場合は少し勝手が悪くなってしまいます。
TS-673でのトランスコード後の処理をどこかに記述できればいいのですが、ざっと見た感じでは発見できませんでした。

QNAP TS-673にGPGPUを追加 その2

QNAP TS-673にGPGPUを追加の続きとなります。

一旦はQNAP TS-673にQNAPドライバのサポート対象であるGTX 1050 Tiを挿して使用していましたが、GTX 1650でも動作するのか試したく購入しました。

ELSA GeForce GTX 1650 SP(GD1650-4GERSP)

下の写真は全て上がGTX 1650で下がGTX 1050 Tiとなります。

サイズは全く同じです。
基盤のパターンなどは違いますが、よく見ないとどちらがどちらか分からないほどです。
唯一見た目で違うのは、ブラケットにある端子の種類くらいです。

箱は同じELSAのGTX 1050 Tiよりも一回り大きいです。
基盤のサイズは同じなので、無駄に箱を大きくする必要があったのか…

とまあ、外見上の違いはここまでとして、実際にQNAP TS-673上でトランスコードができるのかです。
現時点で使用可能なQNAPのNVIDIA GPU Driver 3.0.5(NVIDIA driver version 418.56)ではGTX 1650を正式サポートしていません。
(GTX 1650をサポートしているのはNVIDIA driver versionは418.74以降となります)

ダメもとでQNAP TS-673に挿してみたところ、認識自体は問題なくしており、起動時の画面もHDMI経由で表示されました。
OS起動後もハードウェアとして認識されており、トランスコードも可能と表示されました。

実際にQNAPのアプリでオンザフライのトランスコードを試してみたところ、これも問題なく動きました。

ということで、現在の最新バージョンであるQNAPのNVIDIA GPU Driver 3.0.5でも問題なくELSA GeForce GTX 1650 SPにてハードウェアトランスコーディングが可能でした。