UMAREX G36CV購入

SOPMOD購入に続き、また衝動買いしてしまいました。
(と言っても中華銃なので下調べはしましたが)
今回購入したのはHeckler & Kochが製造するG36Cの電動エアガン版です。
UMAREXというドイツの会社が販売していますが、実際に作っているのは中華で、UMAREXは刻印などの版権を持っています。
ちなみにお値段は、流石中華!な1万6千円です。(バッテリー別売り)

ブローバックしない廉価版は更に安い1万2千円くらいで売られてます。
しかもバッテリー&充電器付きで!(笑)

箱は黒ベースで見た目もかっこいいです。
箱の横には日本の法律に対応している事を証明する発射速度テスト結果が貼られています。

G36CV箱

東京マルイのG36Cはミニバッテリーが入るらしいですが、UMAREXのG36CVだとアウターバレルに干渉するとの事で、セパレートが推奨になっています。
銃の数が増えてくると、バッテリーの数も当然ながら増えます。

(銃によって使えるバッテリーが異なるため)
SOPMODもリポ化してバッテリーは共通で使いたいところです。
(リポは小型なので、割と汎用性がありますし、なんといっても1本あたりの値段は安いです)
セパレートニッケル水素バッテリー

箱を開けると、中はこんな感じになってます。
G36CV箱OPEN

写真では実際の色より明るく見えるので、出来るだけ実物に近い色になるように、露出補正を行って撮ってみました。
(あとほんの少しだけ実物は暗い色かも)
G36CV色

箱の中身は下の写真のもので全てです。
東京マルイの製品に入っているような、細かなメンテナンス部品などは全く入っていません!

G36CV内容

刻印です。
実銃も似た感じらしく、H&Kが最初から付けている金型刻印と販売者が後から足した印刷の両方が
刻印として再現されているようです。

G36CV刻印1

反対側の刻印です。
写真では見辛いですが、6mm×6とBB弾仕様の残念刻印です(笑)

(実弾の刻印版 5.56mm×45があるのが当たりだそうです)
G36CV刻印2

フォアグリップとマガジンをセットするとこんな感じになります。
コンパクト版であるG36Cでも、やはりアサルトライフルなので、それなりの大きさはあります。
それでもSOPMODなどに比べると、やはり断然小さいです。

ストックを折りたためるので、ダブルガンケースの小さい方になんとか入り、ダブルガンケースでSOPMODとG36CVの2つを持ち運ぶことが可能。
※C36CVにドットサイトなどを載せると入らなくなりそうなくらいきついです。
ドットサイトは購入予定なので、載せたら実験してみます。

ちなみに樹脂製なので、ほぼ金属製のSOPMODなどに比べるとかなりチープです。
が、実銃も樹脂製でチープらしいです(笑)

G36CV

購入したショップに事前にデチューン方法を確認しました。
スプリングぶった切りによるデチューンとの事でしたので、既にM90タイプ(0.9J)のスプリングは注文済みです。

(届くのは今週末くらいの予定)
このG36CVでネックとされるホップアップパッキンも一緒に注文して到着待ち。
実際にスプリングを取り出してみると、聞いた通りのぶった切り仕様でした。
この状態で使い続けると、ピストンがぶっ壊れるそうです。

なので初期不良確認のために2~3発だけ試射してスプリングの到着待ち。
(ちなみにメカボ外さなくてもスプリングが抜ける素敵仕様です)
G36CVデチューンスプリング(ぶった切り)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。