PCX(EBJ-JF56)のブレーキホースをステンメッシュホースに交換

PCXのブレーキがあまいので260mmローターと一緒に、ブレーキホースをステンメッシュホースに交換しました。
コンビブレーキは既にキャンセルしてるので、フロントブレーキ用の1本だけを交換します。
(見た目的には両方交換した方が良いんですが、無駄なのでやりません)

今まで乗って来たバイクでも何度かステンメッシュに交換してきましたが、一度バンジョーボルトをねじ切った経験があるので、今回はそんな心配のないステンレス製を使用します。
(今まではずっとアルミ製を使って来ましたが、非常に気を使います・・・)

今回使用したのは以下の製品です。
(MadMaxのキャリパーサポートを使用すると、キャリパー位置が通常より若干下がるので、PCX用として一般的な長さの950mmより長い1010mmを選択)

GOODRIDGE ビルドアライン ユニバーサルブレーキホース 1010mm
GOODRIDGE バンジョーアダプター 20度
GOODRIDGE バンジョーアダプター 45度
GOODRIDGE バンジョーボルト P1.25シングル
GOODRIDGE エアーフリーバンジョーボルト P1.25シングル

GOODRIDGEステンメッシュホース

時間があまりなかったので交換時の写真は撮ってません・・・

マスターシリンダー側のバンジョーボルトは、エア抜きが楽なエアーフリーバンジョーを使用しました。
これがあるとエア抜きが非常に楽です。

素材を全てステンレスにしたことで、各部を規定トルクで締め込み出来るので、交換作業が非常に楽です。
大丈夫かな?と手の感覚を気にすることなく、トルクレンチを既定のトルクに設定して締めて行くだけ!
また、コンビブレーキのホースは交換しないので、外装を一切外さずに交換可能でした。
(コンビ解除時に外装外しで苦労しました)
面倒なのはエア抜きくらいです。

そのエア抜きもキャリパー側からシリンジでオイルを満たすことで、比較的楽に終えることが出来ます。
先にも書きましたが、エアーフリーバンジョーボルトもエア抜きを楽にしてくれます。

バンジョーアダプター はキャリパー側に20度を使用、マスターシリンダー側に45度を使用してます。

GOODRIDGEステンメッシュホース装着

GOODRIDGEステンメッシュホース装着2

MadMax ウェーブブレーキディスク260mm 装着1

はやりステンメッシュホースは純正のゴムホースとは全然違います。
PCXのふにゃふにゃブレーキがカッチリブレーキへと大変身しました。

各部を規定トルクで締め込んでますので、ブレーキラインからのオイル漏れも全くありません。

ステンメッシュホースへ交換する際は、各部品をステンレス製にすることをお勧めします。
(価格が安いことや色が選べることは、ステンレス製にはないアルミ製のメリットではあります)

260mmローターとステンメッシュホースに交換し、ブレーキの効きは非常によくなりましたが、今度はブレーキ性能にタイヤが付いて来れません・・・
納車時の新車装着タイヤですが、噂通りグリップ性能は微妙です。
評判の良いタイヤは結構あるようなので、出来れば早いうちに交換したい。
(とはいえ新品タイヤが勿体ないですね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。