HONDA ミドルツアラージャケット

バイクに乗る際は基本的にプロテクター内蔵の上着を着るようにしています。
普段はコスパがいいコミネのジャケットを着ているのですが、HONDAのジャケットがアウトレットで安売りしていたので追加で購入しました。

HONDA ミドルツアラージャケット(カラー:プラチナ、サイズ:LL)

胸のプロテクターは別売りとなっています。
殆どのプロテクター内蔵ジャケットで胸プロテクターは別売りなのでHONDAが特別というわけではありません。

ちなみのホンダのジャケットはRSタイチと共同開発ということで、RSタイチのCPS(チェストプロテクターシステム)に対応している製品であれば取り付け可能とのこと。
(片側3個のスナップボタンで留める作り)

ジャケット側にはボタンが4つあります。
最初はRSタイチの「テクセル セパレートチェストプロテクター TRV067」を購入しようかと思ったのですが非常にお高い…
激安のコミネ「インナーチェストガード SK-689」が付かないかな~と思ったのですが、コミネはボタン式ではないので当然付きません。

色々と調べていたらRSタイチのものより安くて付きそうな製品を見つけました!

デイトナ SAS-TEC (サステック) プロテクター 胸部 セパレート型 スナップボタンバッグ付き

SAS-TECプロテクターにはボタンが3つしかないので、ジャケットのボタンの一番上か一番下のボタンは使わないことになります。

私の場合は上3つのボタンを使うことになりました。

ボタンの反対側は止めるところがないので、ジャケットのチャックを閉めてない時はブラブラします…
この辺はメッシュの中に入れてしまうコミネ方式の方が安定していて好きです。

続いて背中のプロテクターもペラペラなので交換したい…

最低限な感じのバックプロテクター(脊椎パッド)です。

試しに普段コミネのジャケットで使っている「CEレベル2バックインナープロテクター SK-829」を入れようと試みましたが、全く大きさが合わずに入りませんでした。
胸プロテクターはRSタイチの規格なのだから、バックプロテクターのRSタイチのものが付くのでは?と思ってサイズを計ってみました。

見た感じTRV044と同じ形状に見えますが、RSタイチの場合はXLだと高さ43cm。
ホンダのジャケットLL(XL)に入ってたもの40cmでした。
そこでTRV044の(S・M・L)用の高さ40cmのものを購入してみました。

RSタイチ(アールエスタイチ)バイク用プロテクター (40/S・M・L) タイチCEバックプロテクター TRV044

厚みはホンダのジャケットに付属のものの倍まではいきませんが、重さはずっしりしていて効果は高そうに感じます。

パッと見は同じ形状に見えてましたが、実際に重ねてみると若干形状が違ってました。

RSタイチのTRV044の方が高さが少し高くて横幅の最大部分は少し小さい感じです。

取りあえずTRV044をそのまま入れてみました。

入ってマジックテープも止まるものの、やはり高さが高い分無理している感じです。
そこで上の部分をホンダ標準のものと同じ高さになるようにカットしてみました。

横幅と形状も若干違うので完全にフィットはしませんが、実用上は全く問題ない感じで収まりました。

コミネってやっぱりコスパがいいんだな~、と改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。