DNSサーバー非搭載にする

DNSサーバーの検討をしました。
BINDやpdnsdなどを検討してみましたが私の環境ではネットワークのWAN最終口にはCTUという名のルーターが存在します。
なので直接そこを見れば済むわけでキャッシュの必要性も余り感じなかったので採用をやめました。
確かにローカル内のPCを簡単にDNSで引けるpdnsdは入れようと思いましたが
重要なPC等はどれも固定IPでIPも覚えちゃってるので導入を見送りました。

ただルータ化したLinux機に繋ぐクライアントの設定は
gateway=192.168.0.1(IPはサンプルです、自分の環境に合わせましょう)
DNS=192.168.24.1
とgatewayとDNSの設定が変わるのでこれだけ統一設定出来る方向で設定しました。
この設定はDHCPだとどうでもいいですしgatewayとDNSのIPが違うだけで本来は設定の必要性は全くありません(笑)

作成済みのiptablesのシェルスクリプトip-masqに以下の文を追加するだけです。

# DNS問い合わせをrouter(192.168.24.1)に静的変換する
echo “setting SNAT: udp,tcp port 53 in eth0 > routing 192.168.24.1”
iptables -t nat -A PREROUTING -i eth0 -p tcp --dport 53 -j DNAT --to-destination 192.168.24.1
iptables -t nat -A PREROUTING -i eth0 -p udp --dport 53 -j DNAT --to-destination 192.168.24.1

これで「gatewayのIP=DNSのIP」になって気分的にスッキリしました(笑)

※eth0という設定もサンプルです。環境によって違いますのでWAN側でなくLAN側のアダプター名をセットして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。