snmpdのログレベル変更

snmpdにアクセスすると、その度にsyslogにログを吐いてかなりの量に・・・
ログの出力レベルを変更して、通常のレベルのログを出力しないようにします。

# vi /etc/default/snmpd

SNMPDOPTS=’-Lsd -Lf /dev/null -u root -I -smux -p /var/run/snmpd.pid
この行を書き換えます。
※仕様が変わったのか、他と仕様が違うのか、よく書かれている方法ではうまく動きませんでした。

SNMPDOPTS=’-LS3d -Lf /dev/null -u root -I -smux -p /var/run/snmpd.pid

これでsyslogにログが出力されていないのを確認しました。
※ログレベルは3と書いてあるサイトや5と書いてあるサイトがあります。

kernel.hには以下のように書かれているのでerr以上の場合は3、notice以上の場合は5で良いとは思います。

#define KERN_EMERG “<0>” /* system is unusable */
#define KERN_ALERT “<1>” /* action must be taken immediately */
#define KERN_CRIT “<2>” /* critical conditions */
#define KERN_ERR “<3>” /* error conditions */
#define KERN_WARNING “<4>” /* warning conditions */
#define KERN_NOTICE “<5>” /* normal but significant condition */
#define KERN_INFO “<6>” /* informational */
#define KERN_DEBUG “<7>” /* debug-level messages */

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。