MSI MPG X570 GAMING PRO CARBON WIFI

マザーボードをASUS PRIME X470-PROからMSI MPG X570 GAMING PRO CARBON WIFIに変えたのでメモリを再度設定してみました。

使用メモリはF4-3200C14D-16GTZRです。
XMP設定の3200MHz 14-14-14-34で問題なく起動しました。
3600MHzは15-15-15-35まで緩めないと起動せず。
3733MHzは15-15-15-35でも起動せず。
レイテンシをあまり緩めるとクロック上げる意味がなくなりそうなので、ここでやめておくことに。

Infinity Fabricのクロックレシオが1:1なので効率はいい状態。
(1:2になっても実際は殆ど誤差範囲らしいですが…)
まあこの辺は実用性というより自己満足の世界ですね。

ちなみにこのX570 GAMING PRO CARBON WIFIですが、デフォルト設定ではチップセットのファンはほぼ回りません。
通常の使用ではチップセットの温度が殆ど60度行かないので、ファンが回りだす温度にならないようです。
他のX570マザーではファンがうるさいとか窒息とか騒がれているものもありますが、MSIのマザーはその辺りは比較的優秀なようです。
これから他のマザーも改良されたものやBIOSアップデートなどで改良され来るとは思いますが、現時点ではMSIがお勧めです。

2019/07/17 追記
F4-3200C14D-16GTZRを更に2枚追加して計4枚の32Gにしました。

シングルランクとはいえ4枚になると少し条件が厳しくなり、16-16-16-36でないと3600MHzは無理でした。
3733MHzは16-16-16-36でも起動しませんでした。
Infinity Fabricのクロックレシオはもちろん1:1です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。