ランタイム時間の較正

ランタイム較正を数度行うもUPSの残時間は変わらず・・・
(バッテリーに負荷が掛かって痛むんですよね)

色々調べてみたんですがとにかくコアな部分の情報が少ないですね。
APC smart protocolを隅々まで読んでいくとBatteryConstantsという項目があります。
このBatteryConstantsを使用して残時間を計算するらしいです。
SU700Jのデフォルト値は96みたいなのですがacptestで見てみると36になってます・・・
これが原因ですね。

しかしBatteryConstantsの変更方法が分かりません。
コマンドから0を打っても36が表示されるだけで変更は出来ません。
原因が特定出来たのに変更方法が分からないとは。
(このUPS中古で買ったんですが色々と値が変になってる。前の持ち主はどんな使い方してたのか(笑))

更に色々と調べてみるとapc-fixというソフトで規定値に戻せるそうです。
apc-fixをダウンロードしてWindowsから動かしてみるとメニューにoption項目があり
その中に書き戻してくれるオプションがあったのでチェックしてみる。
あれ、何も動かない・・・
何か良く分からないが一旦apc-fixを終了して再起動するとパラパラと36から96まで数字が変わっていった。
起動時に有効になる仕様ですか!!

本当に変わってるのか疑わしかったのでLinuxマシンに繋ぎ変えてapctestで再確認してみたらちゃんと変わっているようです。
ランタイム時間もload10%程度で120分と正常になったようです。
これでやっとランタイム時間の計算も正常になりました。
めでたし、めでたし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。