外部サブフィルター追加

ウーパールーパーの水槽についてです。
今までは、以下の構成でろ過していました。

ろ過装置1
エーハイムクラシックフィルター2213(インペラー抜き)
         ↓
エーハイム水陸両用ポンプ1048
         ↓
ゼンスイ小型クーラー ZC-100

ろ過装置2
60cm水槽用上部フィルター

この構成でも特に不満は感じていなかったのですが
ある日掃除をしていると、上部フィルターにボウフラのような虫が沢山わいてるのを発見!

水槽やってると、虫がわく事はあるのですが、なんとなく今回は気になったので
上部フィルターを廃止して、サブフィルター追加という形をとりました。

サブフィルタ、メインフィルター、クーラーまで接続されると
流石にポンプ1048だけでは水量不足になってしまいます。
なので、2213のインペラー抜きを元に戻し
ダブルポンプで稼動することにしました。

基本的に2つのポンプを稼動するのは良くないのですが
フィルターに正圧が掛からないことと
フィルターのポンプより容量が大きいポンプで
且つフィルターより排水側にあれば問題ないと思い
今回はダブルでポンプを稼動させることにしました。
※長期運用しないと、本当に大丈夫なのかは分かりません!

ちなみに2213と500はモーターの形式が違うらしく
500にサブフィルターを付けるのは推奨されていません。
(エーハイムのHPにも500にサブフィルターは載っていません)

なので今回は、エーハイム500をサブフィルター(ろ材:エーハイムメック)に
クラシック2213をメインフィルター(ろ材:サブストラット)としました。

新ろ過装置
エーハイムフィルター500(インペラー抜き)
         ↓
エーハイムクラシックフィルター2213
         ↓
エーハイム水陸両用ポンプ1048
         ↓
ゼンスイ小型クーラー ZC-100

サブフィルター追加

上部フィルターがなくなって、水槽自体はスッキリしました。
こうなると枠なしのガラス水槽に変えたくなるところですが
横に外部フィルターとクーラー置かれてる時点で
見た目は気にするだけ無駄な気もします(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。