アドレスV100不調からの復帰2

またまた通勤に使っているアドレスV100が不調になりました。
やっぱりスズキはトラブルが多い気がします・・・

全然加速しない&燃費の劇的な悪化など。
前回のマフラー交換時とは不調の内容が違うので原因を探ることに。

燃費の悪化などの症状を考えると、購入直後にあったオートチョーク不良と似てるので、キャブ周りを確認することに。
キャブ部分を覗き込むと、オートチョークの配線が切れてるのが一目で確認できました・・・
間違いなく原因はこれでしょうから、配線をやり直して試走してみると、以前のように普通に走るようになりました。
※断線するとチョークが入りっぱなしになるようです。

アドレスV100のキャブ不調はバイク屋も多いと言ってたので
同じ症状がヒットするか検索してみると、普通にヒットしますね・・・
前回の不調の時もキャブを分解したら、オートチョークの内部が破損していたし
やっぱりこの部分はかなり故障率高いんじゃないかと思います。

以下、参考になりそうなサイトのリンクを張っておきます。

サイド4の激走: 【年式相応?】アドレスV100の燃費の悪化は、オートチョークの断線が原因でした【キャブレター周りの確認】

アドレスV|関商会 西宮 バイク屋ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。