Microsoft security essentials(アンチウィルスソフト)

今まで数種類のアンチウィルスソフトを使って来ました。

ノートンやトレンドマイクロのウィルスバスター、NOD32など・・・
これらは全て有料です。

個人的にノートンは割と好きでずっと使ってました。
今でも家のデスクトップの1台にはノートンが入っています。

トレンドマイクロのウィルスバスター
個人的にはこれが一番好きになれない気がします。

去年までは、会社でウィルスバスターのコーポレートエディションを利用していました。
しかし、コストと動作の重さから、会社はNOD32へと切り替えを行いました。
使った感じではNOD32の方が軽いと感じます。

自宅のノートで、フレッツ光のセキュリティーツール(中身は1世代遅れのウィルスバスター)
利用していましたが、今回VAIOに買い替えたこともあり、セキュリティソフトの見直しを行いました。

色々と調べた結果、Microsoft security essentialsが無料、且つ検出率もそれなりに高いことがわかりました。
余計な機能も入っていないので、動作も比較的軽くノート向けといえます。

正直、ファイアウォール機能なんて私には必要ありません・・・
今時ネットにモデム直で繋いでいる人なんて殆どいないでしょう。
ファイアウォールは、ネットへの接続の大元であるルータに任せて
PCは軽く快適に使うのが望ましいと思います。

確かに有料のアンチウィルスソフトは、多機能ではあります。
しかし、無駄に多機能なので、どうしても動作が重くなってしまいます。

もちろん、PCに詳しくない初心者の方は、PCの重さを犠牲にしても
多機能な有料ソフトで、PCを安全に守る方がベターかもしれません。

そういう観点から考えると、Microsoft security essentialsは非常に魅力的な製品だと思います。
やはり最大のメリットは「無料」というところでしょう。
他にも無料で検出率も高く、高性能な製品は存在します。

当たり前のようにお金を払ってきたセキュリティソフトですが
今までに払ってきた代金、これから払っていくであろう代金を考えると
フリーの優秀なセキュリティソフトに乗り換える価値は十分にあります。

あなたは、セキュリティソフトに、今まで幾ら払ってきましたか?

ウイルス、スパイウェア、マルウェア対策 | Microsoft Security Essentials
ダウンロードページ

2010/11/17追記
Microsoft security essentialsは、ウィルスパターンファイルの更新を
Windowsアップデート経由で行います。
ですので、更新の頻度もWindowsアップデートに依存してしまいます。
この点だけは気に入らない個所でした。
しかし、この問題を解決してくれるフリーウェアを作ってる方がいらっしゃいました。

以下のページに説明とDLファイルがあります。
http://swordfish.s53.xrea.com/msenotify/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。