「光学機器」タグアーカイブ

LandArms製 SureFire M961 XM07購入

某オクで安く落とせました。
(LandArmsさんの製品自体はレーザーサイトで購入経験あり)

SureFire M961 XM07は、CR123Aの1次バッテリーを3本も使用するウェポンライトです。
もちろん中華製のレプリカです。

大きいとは想像してましたが、思っていたよりも更に大きいです。

明るさはキセノンバルブで十分な明るさだと思います。
ちょっとバルブを点灯状態で覗き込んだら、眩しくて数秒間は目潰し状態です・・・

SUREFIRE1

SUREFIRE2

SUREFIRE3

グリップにプレッシャースイッチを取り付けましたが、グリップを握った手で通常のスイッチにも届くので、プレッシャースイッチなしでも良い感じに電源のON・OFFが可能です。

レーザーサイト到着

Land Armsに注文しておいたレーザーサイトが届きました。
注文・振込みして3日で中国からEMSにて到着です。

レーザーサイト1

同じ5mwのレッドとグリーンで比べてみました。
写真ではほぼ同じ明るさに見えますが、一般的に言われているように
実際の視認性はグリーンの方が上です。

レーザーサイト2

部屋の中でも明るいところだと、微かにレーザー光線が見える程度です。
薄暗い場所だとレーザー光線がはっきり見えます。
(ちなみにレッドは明るい場所だと全く見えません)

レーザーサイト3

実際にハンドガンに取り付けてみました。
全長が短いので、ハンドガンでも前方がはみ出すことなく収まります。
プレッシャースイッチと配線は、出来るだけ邪魔にならない位置に、自己融着(ブチル)テープと結束バンドで止めました。

レーザーサイト4

追記
グリーンの方は、使用してるとよく暗くなります。
一旦止めて再点灯で明るくなるので、恐らく保護回路が働いているのだと思います。
暗くなるといっても、レッドと同じくらいの明るさで見えますので、あえてレッドに変える必要性はなさそうです。
レッドの方は少しの間点けてても、暗くなることはありませんでした。

更に追記
実際にハンドガンに取り付けての使用感ですが
出力が落ちていない時なら、外の昼間でも20m以上目視で確認可能です。
出力が落ちると10mでも目視は厳しくなります。
また、スコープやドットサイトと同じで、照準を調整した時の距離から離れるほど
ポインターから離れた場所に着弾します。(左右方向はズレませんが)