「モバイルPC」カテゴリーアーカイブ

WirelessLANの増設

C4110は内蔵無線LANカードはオプションになっていて当然ながら購入機には付いていない。

幸いにも(?)家に使っていない無線LANのアクセスポイントが1台転がっていた。
この無線LANアクセスポイント内にはWLI-MPCI-AG54という11g対応のminiPCIカードが刺さっている。
つまり増設しなさいとの神のお告げであります(笑)
(USBタイプの無線LAN使っているので増設する必要も無いんですが・・・)

増設自体はminiPCIに刺すだけなので超簡単。
電源を入れてみると無事認識していますので玄人志向から802.11G-MPCI(WLI-MPCI-G54相当品)ドライバを貰ってきてインストールで終了。

のはずでしたが・・・
アンテナ線が無いので1m程度の距離じゃないとうまくリンクしません!(笑)
ということでminiPCI無線LAN用の60cm同軸ケーブルを2本買ってアンテナ部を自作しました。
(アンテナ部の自作は検索すると色々出てきます)
アンテナ部は液晶を外して天板と液晶の間に収めて完了。

確かに感度は上がりましたがやはりUSB無線LANの方が感度は良いので付けたものの使用せずな状態です(^^;

今後の予定
CPUの換装(これは東芝独自のBIOS書き換えが必要なので少し危険です)
マルチドライブの換装(物があれば簡単です、強いて言えばマスター、スレーブのピンショートくらい)
※はっきり言ってこれ全部やると一つ上のグレードのノートPC買えちゃいます、が楽しいので良しとします(笑)

追記:DVDマルチドライブの換装は済み。
DVDマルチドライブに換装
CPU換装も済み。
☆CPU換装 その2

メモリ増設

WindowsXPは512Mのメモリでは少しメモリ不足。
アプリを複数起動しちゃうと直ぐにswapを使ってしまいます。
そこでメモリを1Gに増設する事にしました。

既に256×2でメモリスロットは埋まっているので512M×2を買って入れ換えです。
DDR2メモリは異常なほど安いけどDDR-200pinはまだそこそこな値段しますね。
安く購入する為にメモリもヤフオクで購入(1週間ほど張り付きました)

購入したメモリは512Mを2枚で4,980円なり。
Transcend JetRam 200Pin SO-DIMM DDR333

P/N  JM467D643A-60
CAPACITY  512 MB
MODULE STRUCTURE  64Mx64
DRAM STRUCTURE  64Mx8
CHIPS 8

メモリの入れ換えはネジ2本外せば交換出来るので超楽ですね。

メモリを入れ換えて電源ONで無事認識。
memtest86を3周してみるがエラーなしでメモリの増設も終了。
OSをVistaにしたり糞重い開発ツールなどを動かさない限りはメモリも十分ですね。

※Intel 855GMチップセットはDual Channel駆動に対応していないので同じメモリを2枚刺してもDual Channelでは動きません。

又、DDR333にも対応していないので自動的に1つ下のDDR266での駆動になります。

CPUファンの異音

このシリーズのCPUファンは直ぐにうるさくなるらしいです。

私の場合は中古で購入したので仕方ないのですが新品で買っても1~2年で五月蝿くなる人もいるとか・・・
東芝さん、もう少し良質のFAN使ってくださいよ(笑)

ということでCPUファンの軸部分にグリスアップする事を決意し分解。、基盤も剥がしました。
分解手順

実はこの分解手順を見る前に分解しちゃってスピーカーのコネクタ外し忘れてコネクターごと基盤から剥がれました・・・
コネクタの半田ピッチが狭くて半田に苦労したので外し忘れの無いように!(笑)

この分解手順ではFANを交換していますが交換などしません!
FANのカバーの爪を開くとカバーが外れるのでFANの羽を取り出して軸の部分にグリスアップして終了。
元に組み直して電源入れてFANを回してみると無事に静かになりました~。

HDDの換装

とりあえず送られてきてから正常起動することだけ確認して
壊れたノートで使っていた60G、5400rpmのHDDに換装することにした。

C8のHDD換装のページは沢山あると思うのでそちらを参考にされると良いでしょう。

換装してOSをクリーンインストール。
ドライバ類は東芝のHPからダウンロードしてきてインストールして終了。
40GのHDDより随分早くなりましたね。

dynabook C4110 購入

自宅のノートPCが壊れたので安価な中古ノートPCを購入すべくヤフオクに潜入!

Dynabook C4110を2万円台で落札。
 ※Dynabook C4110はC8のビジネス版です。基本仕様はC8と同じです。

落札時のスペック

モデル名 dynabook C4110 DC13L/2モデル
プロセッサ Intel Pentium Mプロセッサ1.30GHz
OS Microsoft Windows XP
チップセット Intel 855GMチップセット
メモリ 256MB×2
内部ディスプレイ 12.1型XGA TFTカラー液晶 1,024×768ドット
ハードディスク 40GB(Ultra ATA100対応)
光学ドライブ CD-ROM 読出最大24倍速、12/8cmディスク対応、ATAPI接続
モデム 最大56kbps(V.90対応、ボイスレス、世界61地域対応)、FAX:最大14.4kbps
LAN 100Base-TX/10Base-T(自動認識)
サウンド機能 AC97準拠PCIバス接続サウンドシステム(16ビットステレオ)、
ステレオスピーカ内蔵、モノラルマイク内蔵
PCカードスロット TYPEⅡ×2スロットまたはTYPEⅢ×1スロット
SDカードスロット 1スロット