「et cetera」カテゴリーアーカイブ

Nゲージ

子供が誕生日プレゼントに欲しいと言い出したので購入しました。
Nゲージを触るのは小学生の時以来です。

購入したのはTOMIXのベーシックセットSDという基本のレールとパワーパック、車両がセットになったお買い得なセットです。
車両は700 3000系 のぞみ基本セットが入っているものです。
ちなみにこの車両セットを単品で買うと9,345円(税込み)しますがベーシックセットSDは8,000円の特価で売られていました・・・

JR700系 3000

子供は初のNゲージに大興奮でとても楽しく遊んでます。
ネットでNゲージ新幹線の16両編成が走行する動画を見つけたので子供に見せてみると
「なぜ自分の新幹線は車内が光っていないのか?」と言い出しました。
車内照明は別売りなんです・・・

適応する車内照明を調べると電球タイプとLEDタイプがありました。
これらの違いはというと当然ながら色合いが違います。
※LEDタイプも電球色が存在します。
それと消費電力も違います。
車両が増えるとこの消費電力が結構影響するらしいです。
またLEDタイプはパワーパックが常点灯対応しているタイプだと車内照明も非走行中に常点灯します。
しかしベーシックセットSDに付属のパワーパックは非対応なので常点灯しません。
※車両自体はヘッドライト、尾灯は常点灯対応です。
まあ子供の遊び用ですのでお金を掛け過ぎるのもあれなので
安い電球タイプの車内照明を買いに博多駅近くにある新王様もけいに行ってきました。
Nゲージでは老舗らしくかなりのパーツなどが揃っていて一見の価値ありです!

この車両に適応する車内照明は(トレーラー用)室内照明ユニットLAタイプ<0755> ×2、(動力車用)室内照明ユニットLBタイプ<0756> ×1です。
しかしLAタイプが売り切れており1個しか手に入りませんでした。
(6個入りなどは沢山ありましたが車両3両で6個も要らないので)
LAタイプとLBタイプの違いは接点までのスプリングの長さ、タイヤから内部の金属板に電気を伝える集電板と集電スプリングが付属するかどうかです。
新幹線車両は集電スプリングは標準で搭載しているので問題となるのはスプリングの長さくらいです。
スプリングを手で引っ張って少し伸ばせばいけるだろ!と勝手な判断でLAタイプを1個、LBタイプを2個購入しました。
実際にスプリングを伸ばして付けてみると何の問題もありませんでした。
これなら安いLBタイプ3個購入でも良かったです。
※LAタイプが535円、LBタイプが420円で売られていました。
LEDタイプのものは1000円近くします。

実際に走らせて見ると大人的にはLEDの方が蛍光灯っぽくて実物に近いんだろうなと思いましたが
子供は大変満足そうに喜んでいました(笑)

車内照明取り付け前の動画

非プラグイン版はここからダウンロード

車内照明取り付け後の動画(少し暗くしてます)

非プラグイン版はここからダウンロード

やっぱり暗くするとかなり雰囲気出ますね~
子供的には今後はよりリアル感を増す為に周りのストラクチャーに力を入れて行きたいと言っておりました。
※子供なので力を入れるとかは言いません!(笑)
「周りの駅とか建物とかが欲しい!」と言ってます。

また子供曰く「増設レールはサンタさんが持って来てくれる」らしいです(笑)

2009/08/18追記
最近は貨物が好きなようです(笑)
貨物は沢山集めないと格好つきませんよね。
子供のお小遣いでは貨物を集めるのも大変です・・・

現在の貨物の動画です(コンテナがもっと増えるといいんですが)

非プラグイン版はここからダウンロード

blognplusのlockファイル

×ファイルはビジーです。少し待ってから実行してください。
とエラーが出て書き込み不可&コメント不可&表示激遅状態になってしまいました。
(サーバーダウンがトリガーか?)
原因は/blognplusのルート/dat/の下にlockファイルが無い為のようです。
lockファイルがlock~と変な英数字が付加したファイルに変わってしまっているようです。
lock~ファイルをrmで削除しlockファイルを新たに作成すれば現象はなくなりました。

この現象の一番の問題は投稿などを行わないと現象に気付き難い事でしょうか・・・
(表示自体は遅くなってるので気付く人は気付くかもですね)

afioでフルバックアップ

Linuxでのフルバックを取るには本来はシングルモードで起動しdumpコマンドでHDD丸ごとバックアップが最善なのでしょうが24時間運用では非常に難しいです。

動いてるLinuxを完全にバックアップするのは難しいかもしれませんが丸々無くなるよりはましなのでとりあえずフルに近い形でバックアップを取ります。
tarやzipで固めてもいいのですがafioを使えば圧縮破損ファイルが存在しても未破損のファイルは取り出せるので非常に便利です。
今回はafioを使ったバックアップを行います。

まずはafioをインストールします。
apt-get install afio

インストールはこれだけです。

詳しい使い方は afio --help で出て来るので見てみてください。

まず / ディレクトリに移動します。
cd /

そしてafioコマンドを使用してバックアップを実行します。(以下は1行です)
find . | egrep -v ‘^\./proc/|^\./バックアップ先/’ | afio -ovZ -L /バックアップ先/fullbackup.log /バックアップ先/fullbackup.afz 2>&1 | tee /バックアップ先/fullbackup.lis

これはprocと/バックアップ先 ディレクトリを除く全てのバックアップを取るコマンドになります。

ちなみにリストアコマンドは以下になります。
まず / ディレクトリに移動します。
cd /

afio -ivZ /mo/fullbackup.afz

参考サイトafio でのバックアップ
※既にリンク先のサイトはなくなっているようです

blognplusのスパム対策

スパム対策までコメント、トラックバック共に許可していませんでしたが業者のスパムは余裕で書き込みをしてきます。
コメント、トラックバックを許可にしていれば対策していなくても仕方ない事だと感じますが
流石にコメント、トラックバックを許可していないのに書き込まれるのは不具合としか言いようがありませんね・・・

コメント、トラックバックの書き込み時に記事の設定を全くチェックしていないか
もしくはセキュリティ的に穴があるかのどちらかです。
(面倒でソースを見てませんが恐らく前者かと思います)
そもそも楽する為にblognplusを利用しているので調査まではしません!(笑)

以前の記事で紹介しているようにアタックの多い国からの接続を基本的には拒否しているので
それほどスパムも多くないのですがやはり専用のモジュールやパッチ等で対応はしておいた方がいいです。

blognplus標準のコメント投稿用画像認証モジュールです。
コメント投稿用画像認証モジュール
※既にリンク先のサイトはなくなっているようです

ゲットネットのTIPSにもスパム対策の方法が掲載されています。
ゲットネット
※既にリンク先のサイトはなくなっているようです